ジム通いにさようなら。スタンディングデスクの進化系「バイクデスク」とは?

Browse By

テクノロジーの発展とコンピュータの普及により、一日中座って仕事をする人が増えてきているこの時代。そんな環境の中で気になるのは、日々の運動不足と長時間座ることにより起きるさまざまな生活習慣病だ。実際、「長時間座っている」ということはどれだけ身体に悪いのだろうか?

現代社会では、全体の90%以上の活動が座って行われているという。その内容は、仕事、車の運転、テレビ鑑賞、ゲームやコンピュータ使用時など様々だが、長時間座ることで身体の代謝は悪くなり、肥満や腰痛につながることが分かっている。また、とある医療研究の結果によると、一日に6時間座って過ごす人はその半分の3時間のみ座っている人と比べて15年後の死亡リスクが40%も増加するという。

この問題を解消するべく、このたびエアロバイクとデスクを融合した健康器具が発売された。それが、Nextdesk社の開発した「バイクデスク」、その名も「Velo」だ。

「Velo」は健康と長期的な利用の促進に向けたユニークな機能を備えており、普段座りながら行う作業をサイクリングしながらすることで、カロリーも消費できるというすぐれもの。ありそうでなかったこの組み合わせ。動画を見ると、デスクワークをしながらエアロバイクを漕ぐというそのシュールな光景に一瞬たじろんでしまいそうになるが、これで生活習慣病の心配がなくなるとなれば、そんなことは言っていられない。やるしかない!

同社が行った試験調査では、机の下にペダル付きの椅子を用意したところ、試験者は一日に平均50分ペダルを漕いでおり、およそ2時間は立ち姿勢でいたことが明らかになっている。そして16週間の試験終了後、試験者たちの体重は減少し、心拍数の低下や集中力の増加も見られたという。この立ち姿勢・サイクリング・座り姿勢などは、ボタン一つで高さ調整が可能であり、車輪の取り外しも簡単にできる。

また、運動すれば当然気になるのが「どのくらいカロリーを消費したか?」という点だが、付属のUSBデータポートがペダル回転数や距離、消費カロリーなど運動中のデータをすべて保存してくれる。なお、専用の無料アプリを使用すれば、これまでの運動記録もクラウド上に保存できる。Bluetooth接続が可能なため、データのアップロードや同期も手軽に行える。価格は799米ドル。

オフィスでの健康法としては、名だたる起業家が取り入れている「ウォーキング会議」などが有名だが、身体を動かしながら思考を巡らすという行為が、仕事に対する集中力や意欲の増加、また創造的なアイデアにつながることは、さまざまな研究で明らかになっている。この「バイクデスク」にも同じ効果が期待できそうだ。

【参考サイト】Nextdesk “Velo”