WeWorkがコワーキングスペースで洋服を販売し始めた理由とは?

Browse By

2010年に米国ニューヨークで創業し、今や世界13カ国、30都市以上でコワーキングスペースを運営しているWeWorkが、女性向けオフィスウェアの通販を手がけるArgentと協働し、新たな取り組みを開始した。

それは、Argentのオフィスウェアを、WeWorkが展開するコワーキングスペースで販売するというものだ。コワーキングスペースで働いている女性は、Argentの洋服を手に取って試すことができ、気に入ればその場で購入が可能となった。

Argentの販売チャネルはこれまでオンラインのみだったが、今回の提携により、今や世界最大のコワーキングスペースチェーンへと成長したWeWorkのネットワークを利用して数多くの女性フリーランサーや起業家などにリーチすることができるようになった。

このユニークなコラボレーションの背景にあるのは、両者が共有する価値観だ。今年の6月にサンフランシスコで創業したばかりのArgentは、機能的でスタイリッシュなオフィスウェアの販売を通じて、仕事や職場における女性の地位向上を実現することをブランドのミッションに置いている。

argent

(※Argent Websiteより)

そのため、ArgentにとってみればWeWorkの運営するコワーキングスペースは同社が最もターゲットとしたい人々が訪れる「店舗」だとも言える。また、コワーキング事業を手がけるWeWorkにとっても、自信を持ってイキイキと働く女性を一人でも多く増やすことは自社の事業成長にとって重要な要素となる。

両者とも手がける事業は異なれど、ブランドとして実現したい世界観が共通しているからこそ、今回のコラボレーションは生まれたのだ。Why(なぜやるのか)の重要性を改めて感じる事例だと言える。

【参照サイト】WeWork
【参照サイト】Argent