火をつけるたびにタバコの害を実感するマッチ箱

Browse By

今、世界では毎年およそ600万人もの人々が喫煙を理由に命を落としている。喫煙が健康に及ぼす悪影響を周知するべく、世界ではこれまでにも様々な取り組みやキャンペーンが行われてきた。たばこの箱に表示が義務付けられた警告文もその一つだ。

しかし、文字や映像よりももっと心に響くやり方はないだろうか?ウクライナのアドエージェンシーPublics Visageは、若者に対して喫煙の危険性を伝えるべく、ユニークなマッチ箱をデザインした。

Publics Visageがデザインしたマッチ箱は、マッチ棒を擦って火をつける茶色のやすり部分が箱の表面に置かれており、肺の形をしている。このマッチ箱を使って火をつけるたびに、肺の部分が汚れ、傷ついていくようにデザインされているのだ。

映像を見ていると、まるで本当に自分の肺を傷つけているような錯覚にとらわれる。たばこが肺にもたらす害をリアルに感じざるを得ないマッチ箱だ。

マッチ箱のデザインを少し変えるだけで、メッセージの発信力は大きく変わる。このマッチ箱を手に取った若者が、タバコをやめる可能性もある。シンプルながらもデザインが持ちうる大きな力を示す好事例だと言える。

【参照サイト】Publics Visage