Monthly Archives: 1月 2017

カイロの駅に流れるラジオ。学びのきっかけに。

駅で電車がやってくるまでの待ち時間は、退屈な時間のひとつだ。新聞を開いたりスマホを眺めたり

高齢者のライフクオリティを高めてくれるAIアシスタント

そう遠くない未来、確実に私たちにとって身近な存在になるであろう、AI(人工知能)ロボット。

妊婦に座席を譲り合うアプリ。思いやりが生み出す収益はチャリティーへ

妊娠している女性にとって、満員電車の中を立ちながら過ごす時間は想像以上に大変なものだ。また

砂糖の過剰摂取を防ぐために作られた、「音の甘味料」

糖分は、人間の生活になくてはならないエネルギー源だ。しかし、最近では世界中で糖分の過剰摂取

CO2もコストも一緒に減らす。ベルギー発のオンデマンド段ボールカッター

包装業界の革命と称した、新たなプロダクトがベルギーで開発された。Slimboxという名を持

ストックホルムの街に現れた、タバコの煙で咳き込む看板

今年こそは禁煙しよう。皆さんの中には、そんな新年の目標を立てた方もいるかもしれない。人々が

VRで世界をもっとよくする。HTC VIVEが1,000万ドルの「VR For Impact」を開始

仮想現実の力を使って、現実の世界をよりよい場所にする。そんなビジョンをもとに、新たな一大プ

イスラエル発、電気自動車が走りながらワイヤレス充電できる道路

世界中で気候変動や大気汚染に対する懸念が高まるなか、地球に優しい未来の交通手段としてテスラ

NPOが「体験」を売れる場所、Airbnb。

私たちが暮らす地域社会にはどこにでも、数多くの課題がある。貧困や格差、教育や環境汚染にいた

人にも環境にも優しいカーシェアリングで、ニューヨークからタクシーが消える日

渋滞はドライバーにとってだけではなく、経済面や環境面から考えても非常に厄介なものだ。ニュー

ロンドン発、見えないハンディキャップを抱えた人でも席を譲ってもらえる青バッジ

世の中には、一見しただけでは分からないものの実は隠れた病気や障害を抱えており、電車やバスな

模倣を成功に導くプロセスと能力

前回の記事ではイノベーションを実現する模倣のアプローチとして、「複製・差別化」「再結合」「

インドのスタートアップが開発した、環境に優しい「食べられるビニール袋」

今、世界で最も深刻化している環境問題の一つ、それが廃棄プラスチックによる環境汚染だ。循環型

道路が発電する時代。フランスに誕生した世界初のソーラーロード

イギリス海峡を望むフランス北西部のノルマンディー地方で12月下旬、世界初となるソーラーパネ

Googleマップがバリアフリー対応に。「20%ルール」から生まれたアイデア

今や世界で最も広く使用されている地図サービスといえば、Googleが開発している「Goog

PPAPから学ぶ、アイデアとイノベーションの本質

アイデアには「方向的アイデア」と「交差的アイデア」がある。(参照:「方向的アイデアと交差的

模倣のアプローチ 〜複製・差別化、再結合、移植〜

イノベーションとは行為に対する「結果」である。シュンペーターはイノベーションのタイプとして