Monthly Archives: 2月 2017

荷物はGitaにまかせて、手ぶらで出かけよう

未来の移動や輸送というと自動運転やドローンが思い浮かぶ。夢があり、私たちの生活を便利にして

ドバイでもうすぐ実用化される、空飛ぶドローンタクシー

砂漠の摩天楼ことドバイは、アブダビとともに元々は素朴な遊牧生活を送っていたアラブ首長国連邦

輸送業界の注目株。廃棄食料で走る環境に優しいトラック

二酸化炭素をあまり排出しない、環境に優しい燃料と言えばバイオディーゼル燃料や電気エネルギー

再エネで稼働するデータセンターの廃熱を暖房に利用するストックホルム

普段私たちが何気なくメールを送信したりインスタグラムで写真をアップロードしたりする際に、そ

偏見と差別を無くす。力強く愛のあるキャンペーン「Love Has No Labels」

米国は、多様多種な民族により形成された国である。しかしトランプ新大統領就任後、人種差別とも

ゲームアプリ課金がマイクロ融資に。開発者も途上国の人々も幸せになる「Play Seeds」

今や「毎週30億時間ほどの時間をゲームに費やしている」と言われるほど、スマホゲームは私たち

全ての人に金融へのアクセスを。ナイジェリア初、太陽光エネルギーで移動する銀行

日本では、誰もが銀行口座を持っていて当然だと思っている。しかし、国が変わると事情は全く異な

生態系を取り戻す。中国で建設が進む「渡り鳥のための空港」

渡り鳥は違う環境を求めて海を渡る。毎年5,000万羽もの渡り鳥が南極、オーストラリア、東ア

音が愛した数式。アルゴリズムを用いて設計されたコンサートホール

ドイツ・ハンブルグに新しくできたElbphilharmonieというコンサートホールが素晴

肥満の子どもが運動するほど、飢餓に苦しむ子どもが救われるウェアラブルバンド

WHOによると、世界中の5歳以下の子どもの死因のうち、飢餓による栄養失調を原因とする死は3

小売店と消費者のおいしい関係。フィンランド発のフードレスキューアプリ「Froodly」

フードレスキューアプリ。これは新たなムーブメントと言えるかもしれない。以前にも、食糧廃棄の

「見えないサービス」でおもてなし。地元の暮らしを提供するホテル「Lokal」

ホテルに滞在中、なんだか窮屈に感じたことはないだろうか。そっとしておいてほしいのに、到着す

寄付を促す最高のUX。Amazonダッシュボタンをハックして人権団体を支援

異端児と呼ばれるトランプ大統領の就任は、世界中で賛否両論を巻き起こしている。日本のソフトバ

ファッションもデータが決める。GoogleとH&Mが提案するオーダーメイド

大量生産・大量消費の服は安く買えるけどオリジナリティには欠ける。道行く人と簡単に服が被りそ

メトロポリタン美術館がウェブで作品を無料公開。その数37.5 万点。

美術館が広すぎて困る、という悩みは海外だとわりと普通にある。丸一日かけて早歩きで進んでもル

自転車に乗った分だけ割引。お財布、健康、環境の全てに優しいアプリ「Radbonus」

環境問題が叫ばれる昨今、自動車の排ガス規制は年々強化され、電気自動車の開発競争は過熱する一

海洋投棄されたゴミからできた、美しいドレス。H&Mが提案する新コレクション

これは本当にゴミから造られた洋服なのか。スウェーデン発のアパレル大手、H&Mが発

インクいらずで80 回。印字を消せる「使い捨てない紙」

紙の廃棄は、リサイクルも含めて環境への負担が意外と大きい。ごみ埋立地のおおよそ40%を紙の

大気汚染がひどいほどマスクが安くなる。ゲーミフィケーションでマスク着用を啓発

「中国 大気汚染」と検索をすると、そびえたつビルや街中を縫うようにもくもくと湧き上がるスモ

天災を恵みに変える!雨水からビールをつくる「Hemelswater」

今、西欧諸国では気候変動による降水量の増加がもたらす都市洪水のリスクが懸念されている。その