宿泊代はスキルで払う。スタートアップとフリーランサーをつなぐ夢の懸け橋「gigrove」

Browse By

世界で設立されるスタートアップ企業の数は年間およそ7000万社。小規模な予算で優秀な人材に参画してもらう必要があるスタートアップにとって欠かせないのが、優秀なフリーランサーの存在だ。

そんな時代のニーズをくみ取り、両者をつなぐユニークなシェアリングエコノミープラットフォームを提供している会社がある。それが英国ロンドン発のスタートアップ「gigrove」だ。

gigroveは、ゲストをフリーランサー、ホストをスタートアップ企業に限定したAirbnbのようなサービスだ。ホストとなる企業はサイト上にプロジェクトを掲載し、世界中からフリーランサーを募る。応募してきた人材に対しては報酬のかわりに宿を提供し、場合によっては食事をつけることもある。

企業側は低予算でグローバルな人材を確保することができ、フリーランサー側は宿泊代を抑えつつ、旅をしながら海外のスタートアップに参画することができるという、双方にメリットのある仕組みだ。

地方出身者が手軽に他の地域で実務経験を積み、順調にキャリアアップする手助けにもなる。これは経済活動が東京に一極集中している日本のケースにもあてはまると言え、潜在的なニーズを感じさせる。

gigroveは2015年夏にサービス開始以降、現在既に2万人以上のアクティブユーザーがいる。約5,000のスタートアップと約17,000人のフリーランサーが登録しており、プラットフォームは130カ国に広がっている。事業分野もファッション、ヘルスケア、運送、フィンテック、飲食などあらゆる業界を網羅している。

利用するフリーランサーの大部分は「海外でスタートアップ体験をしたい」または「履歴書の見栄えが良くなるような研修をしたい」という学生または卒業生で、彼らが提供するスキルで多いのはプログラミング、マーケティング、デザイン等だ。

現在のところ、宿とサービスとの交換条件に定価はなく、ユーザーは各自で契約を結ぶ必要がある。多くのシェアリングプラットフォームと同様、リスクと互いの信頼性に対する評価はユーザーの自己責任に委ねられているが、今後は何らかの評価基準を導入することも検討されているという。

プラットフォームの基本使用料は無料だが、プレミアムアカウントへのアップグレードオプションを提供し早期に収益を上げている。フリーランサーはアップグレードにより掲載できるスキル数とスタートアッププロジェクトへの応募数が無制限になり、成約率がアップする。

駆け出しの企業とワーカーの夢をつなぐこのgigroveの仕組みは、Airbnbの登場以来、日本でも注目されている「民泊」に通じるものだ。都市だけでなく、人手不足の地方の農家が空き室を利用して、学生に貴重な農業体験を提供するなど、経済の起爆剤ともなる多様なマッチが考えられる。日本でもサービスが広がることを期待したい。

【参照サイト】gigrove
【参照記事】GigRove wants to match skilled freelancers and startups with spare rooms
【参照記事】GigRove needs to match expert freelancers and startups with spare rooms
【参照記事】Freelancers can travel the world as they work