高齢者が信号をハックする。歩くスピードに応じて青信号の時間を調整できるアプリ「Crosswalk」

Browse By

横断歩道の信号が青から赤に変わりそうなとき、信号に間に合うように小走りで横断歩道を渡りきった経験がある人はきっと少なくないだろう。しかし、もしあなたが高齢になったとき、今までのように走ることができなくなったらどうするだろうか?現在の信号機は、様々な事情を抱えた歩行者がどれくらいの速度で横断歩道を歩くことができるのかについては考慮していない。しかし、それは本当に全ての人々にとって優しい交通システムだと言えるだろうか?そこに疑問を持ち、ユニークなアプリを開発した会社がオランダにある。

オランダの輸送テクノロジー会社、Dynniqが開発した「Crosswalk」というアプリは、ゆっくりしか歩くことができない高齢の歩行者が、自身の歩くスピードに応じて横断歩道の青信号の時間をコントロールできるというものだ。このアプリを使えば、高齢者は横断歩道を渡り切るのに十分な時間を確保することができる。

アプリはGPSと信号を操作するソフトウェアを用いて歩行に何らかの問題を抱えている人が待っていることを信号機に知らせることができる。信号は「このアプリの利用者がその場に立っているかどうか」を検出し、それに応じて信号が変わるタイミングが調整される仕組みとなっている。

アプリでは、個人のニーズに応じてどのくらいの時間が余分に必要なのかを4段階で調整することができる。そうすることで、わずか数秒しか必要としない人がすでに横断歩道を渡り終えているのに、延々と車両を待たせてしまうという事態も避けることができる。

高齢者向けにモバイルアプリを作成するというアイデアには障壁もあった。高齢者にはスマートフォンに慣れていない人が多いためだ。実際に、テストに向けて地元の新聞に広告を出したものの、アプリを試してくれる人はたった10名しか集まらなかったとのことだ。

しかし、この信号のタイミングを調整するアプリは、高齢者以外にも応用できる可能性を秘めている。障害のある人が使用したり、通学する子供たちの集団が通るようなシチュエーションにおいて安全性を高めたりすることができるのだ。また、自転車を利用する人々にとって適切なタイミングで点灯するライトを作成したり、救急車や消防車などの緊急車両のために信号を青に変えたりと、交通そのものに応用することも可能だろう。

現在、このアプリは約21万人の人々が暮らすオランダの都市ティルブルフの一部地域でテストされている。ティルブルグは交通量のバランスを是正し、歩行や自転車の利用を促進することを2040年までの長期交通戦略の目標に掲げており、今回のテストもその一環だ。もしテストが成功すれば、将来的にはCrosswarlkと連動した信号機が街の中により多く設置される予定だという。

Crosswalkは、信号という古くからあるテクノロジーを、GPSやスマホアプリといった現代のテクノロジーと上手に組み合わせることで、高齢者だけではなくあらゆる人々にとって優しい交通システムの構築を可能するポテンシャルを秘めている。車両ではなく「人」を中心とする交通システムを作るうえで、信号のスピードをハックするというアイデアは斬新だがとても理にかなったグッドアイデアだ。

【参照サイト】Voetgangersapp helpt inwoners veilig oversteken
【参照サイト】MENTAL FROSS” App Gives Older People More Time to Cross the Street”
【参照サイト】The Guardian” The slow lane: Dutch app allows elderly to ‘hack’ traffic lights”