ツアーガイドはホームレス。バルセロナの隠れた魅力が味わえる「Hidden City Tours」

Browse By

あらゆる異質なモノを引き寄せ、抱え込む力が都市にはある。だが、都市で暮らす人々のほとんどは、普段の生活圏から外れた位置にある光景には気づかない。住人ですらそうなのだから、観光客であればなおのこと、観光スポット以外の景色はなかなか目に入らないだろう。そんな一見さんたちに向けて、一風変わった都市の住人たちが隠れた街の魅力を紹介してくれるツアーがある。

バルセロナの社会的企業、Hidden City Toursに所属するツアーガイドは、なんと全員がバルセロナに住むホームレスたちだ。とはいっても実際に道端で寝泊まりしているガイドはいないが、彼らの一部は社会福祉事業などが提供するシェルターで生活している。

Hidden City Toursは、そうした施設に滞在するホームレスを採用し、数十時間におよぶトレーニングを施したうえで本番のガイドをスタートさせる。そしてガイドたちは働いた時間に応じて規定の給与を受け取る。慈善事業とはまた違ったかたちで、ホームレスたちの社会復帰に寄与している会社なのだ。

ホームレスの案内によるツアーのため、その行程はホームレスの出没スポットを巡ったり山を登ったりと、屋外を歩き回るのが特徴だ。ガイドの身の上話を聞く機会もあり、参加者からの質問も大歓迎とのこと。場所がヨーロッパなので、どんどんチップをはずんでここでしか聞けない話を聞いておくといいだろう。現在は、刑務所に入っていたJuan、翻訳家として働いていたJosé、公園で1年半寝泊まりしていたUdoの3人がガイドとして所属している。

今バルセロナでは、路上で暮らす人やシェルターで暮らす人を合わせて約3,000人のホームレスがいると言う。その人数と比べるとHidden City Toursはとても小さな組織だが、小規模ながらもガイドは皆熱心で、街に関する豊富な知識を持っている。ちょっと珍しくて勉強になる体験を求めている人にはおすすめのツアーだ。

【参照サイト】Hidden City Tours