Monthly Archives: 10月 2017

熱を宇宙に送って空気を冷やす。スタンフォード大が開発する未来のエアコン

真夏の暑い日にはエアコンが欠かせない。しかし、エアコン使用が大量のエネルギーを消費すること

建物が自家発電。太陽光から電力を生み出すブロック

イギリスの Exeter大学の研究者チームが、太陽光から電力を生み出すブロックを開発した。

流したトイレットペーパーと再会できるオランダの自転車道

自転車の国オランダには、国全体で35,000キロもの自転車道がある。しかし、その中でもトイ

スイスで始まった、医薬品を緊急輸送するドローン配送ネットワーク

病院は緊急の処置を必要とする患者に対して常に迅速な対応が求められる。ある施設が特定の血液型

ワンクリックでエシカルなオンラインショッピングが楽しめるブラウザ拡張機能

モノやサービスが溢れかえる現代において、価格や機能だけではなく、もっと大切な自分の価値観に

ブランドロゴを美しく、もっとエコに、もっと低コストに。Ecobranding

私たちがいつも目にするブランドのロゴデザイン。マクドナルド、コカ・コーラ、スターバックス、

100日間着ても大丈夫。洗濯もアイロンもいらないエコなウール製シャツ

仕事で毎日ワイシャツを着る人は、その準備だけでも手間がかかる。ワイシャツは皺が付きやすくア

ドローンで災害リスクをマッピング。マラウイのDrones for Goodプロジェクト

東日本大震災に代表されるような津波などの災害の懸念がある日本。来たる災害に備え官民とも備え

オリーブオイル製造時の廃水から作る、環境に優しいバイオ燃料

太古の昔から世界中で愛されているオリーブオイル。色も香りも味も素敵で、パスタやパエリヤなど

男女の違いを法に反映するイスラム教。チュニジアの事例から考える「平等」とは?

イスラム教では結婚相手の制限がある。男性イスラム教徒は女性一神教徒としか結婚ができず、女性

歩くだけで発電し、デジタル通貨でショッピング。ロンドンに誕生したスマート路地

2017年6月下旬、英国ロンドンのウエスト・エンドにあるバードストリートが、最新のスマート

迷子も怖くない!子どもにつける連絡先のタトゥー「SafetyTat」

小さな子どもと外出するとき、親は子どもが迷子にならないか心配だ。例えばアメリカでは毎日20

和紙の折り紙のみでつくられた、世界中に移動可能な茶室「Shi-An」

「これは何だろう?美しい。見てみたい。」が、Shi-Anを写真で初めて見たときの感想だった

すぐそこにある美しさに気づいてほしい。ベルリン発、街を印刷するアートプロジェクト

人は好奇心に満ちている。だからこそ新しいものや珍しいものに惹かれるし、知らない場所や人がい

イスラエル発、エシカルでサステナブルなファッションECモール「Marrakesh」

流行りの服が安く手に入るファストファッションは年代を問わず人気だ。一方で、服を生産するには

歯磨きをもっと楽しい時間に。子供の憂鬱をゲーミフィケーションで解決

子育て中のルーティンワークとして必ずあるのが、毎日の歯磨きだ。虫歯を作らせたくないという親

石垣島をエコアイランドに。スマートスクーターのシェアリングサービスが開始

大気汚染や資源不足を背景に、次世代の交通手段として注目されているEV(電気自動車)。業界で

傘のシェアリングエコノミーは可能か?日本と中国のサービスを比較する

昨今では、様々なシェアリングサービスが活気づいている。需要があるからには供給も必要であり、

期限切れでも食べられる品を「与える」Real Junk Food Project

食べ物の賞味期限や消費期限が切れていても、大丈夫だと自己判断して食べたことがあるという人は