石垣島をエコアイランドに。スマートスクーターのシェアリングサービスが開始

Browse By

大気汚染や資源不足を背景に、次世代の交通手段として注目されているEV(電気自動車)。業界では、充電環境やデザイン性、コスト面などでユーザーに満足感を与えられる製品の開発に向けて激しい競争が行われている。そんな中、IDEAS FOR GOODでも過去に何度か取り上げてきた台湾発の電動スクーター「Gogoro」がついに日本にもやってきた。その舞台となるのは、沖縄県の石垣島だ。

9月28日の会見で、住友商事株式会社は石垣市と提携し、台湾のスタートアップGogoro社が提供するバッテリー交換式の電動スクーター「スマートスクーター」を石垣市内に導入することを発表した。市内に交換式バッテリー用充電ステーション「GoStation」を設置し、実証事業としてシェアリングサービスの今年度中の開始を目指す。この事業は、観光産業を推進しながら自然環境との共生を図る石垣市の「エコアイランド化構想」の一環でもある。

「スマートスクーター」は2本のバッテリーを搭載しており、残量が減ればGoStationで充電済みのバッテリーと交換するという仕組みとなっている。バッテリー交換に要する時間はわずか6秒と短く、一般的なバッテリーチャージ式製品の使用に付随する充電時の煩わしさはそこにはない。

その先進性と洗練されたフォルムが支持を集め、スマートスクーターは2015年の販売開始以来、3万4千台以上の累計販売台数を記録している。Gogoroは日本への進出に先駆けてベルリン、パリでシェアリング事業を展開しており、既に大きな成功を収めている。今回住友商事はGogoroと戦略的パートナーシップを締結し、同社が実施した約300億円の第三者割当増資の一部を引き受けた。

希少な動植物の生息や美しい自然環境で知られ、年間約124万人の観光客が訪れる石垣島は、観光産業が年々成長を続ける一方でレンタカーの増加による排気ガス増や観光客増加にともなう駐車場不足などの課題への対処が急務となっていた。今回の提携により、石垣市は太陽光発電設備の導入や「GoStation」の設置場所確保などを担い、環境に配慮した移動手段の提供を試みる。GoStationの一部には太陽光パネルが設置され、災害時には防災拠点への緊急電力供給が可能な設備となる見込みだ。

台湾全土で400ヵ所以上に設置されているというGoStation。石垣島では4ヶ所に設置される予定だ。航続距離100km以上のスマートスクーターだが、島のどこにいても20kmの範囲でバッテリー交換ができることになる。サービスの利用料金などの詳細は未決定だ。

日本では石垣島からのデビューとなるGogoroだが、将来的な都市部へのサービス拡大も視野に入れている。また、いずれGoStationと交換式バッテリーを広く他社製品の電源としても開放し、オープンプラットフォーム化していく展望もあるという。実現すれば、2輪車のみならず、3輪、4輪を含む各種EVの普及を促すことも可能になる。

充電ステーションのネットワークが広がり、都心で多くのシェアリングEVの疾走を目にする日は近いのか。新たな交通インフラが国民のライフスタイルにもたらす変化に注視していきたい。

【参照サイト】gogoro
【参照サイト】台湾・Gogoro社との戦略的パートナーシップ構築について
【参照サイト】経済産業省 EV(電気自動車)とは

(※写真:Gogoro Image Galleryより)