スキーが楽しめる、環境と市民にやさしいデンマークのオシャレな火力発電所

Browse By

スキーを楽しむ季節が近付いてきた。しかし、スキー場の下で、熱い火が燃え、火力発電がされていることを想像できるだろうか。実は、雪と火という反対のものを組み合わせる発想から生まれた、ハイセンスでクールな火力発電所が、もうすぐデンマークでお披露目される。

国際的な建築デザイン会社のBjarke Ingels Group(BIG)が首都コペンハーゲンに建設中の火力発電所は、ごみ焼却炉と緑の壁、そしてスキー場が一体化したおしゃれな複合施設だ。ごみ焼却炉として年間40万トンのごみを燃やし、16万世帯に熱湯を、6万世帯以上に電気を届ける。現在の老朽化した施設と比べて24%多くのエネルギーを生み出す一方で、年間10万トンのCO2を削減する性能がある。さらに、環境先進国の北欧デンマークらしく、廃棄物を処理した際に発生する熱を回収し利用するサーマルリサイクルを採用している。この技術によって、ごみ焼却から排出されるものは、二酸化炭素と水蒸気のみで、ろ過技術も加わって、コペンハーゲン中心部よりも空気がきれいに保たれる。

上から見た全体像では周辺が緑で囲まれている

Bjarke Ingels Group

建物の表面はアルミ製の大きなブロックが千鳥配列で積み重なった構造をしており、ブロックの中に植えられた植物が緑の壁としても機能する。また、環境問題を見える化し、人々に思い出してもらうための工夫として、化石燃料の燃焼によりCO2が1トン排出されるごとに煙突からリング状の煙が出る仕組みになっている。

そしてこの施設の最もユニークな点は、85メートルと世界一高く大きい人工のクライミングウォールや年中使える600メートル級の屋外スキー場が併設されており、市民の憩いの場となることだ。リサイクルされた合成粒状素材を使用した雪で覆われたスキー場には異なる勾配のスロープが用意され、初心者から経験者まで楽しめる。他にもマウンテンバイクやハイキングコース、カフェも併設される。

ごみ焼却炉の上でスキーを楽しむ市民

Bjarke Ingels Group

「サステナビリティは負担ではなく、私たちの生活の質を高めてくれる」というBIGのモットーが表現するように、相反するものを組み合わせる逆転の発想からなるユニークな建物だ。工業地帯を孤立させるのではなく、レクリエーションや住宅エリアと統合することで、観光の目玉や、市民が楽しめる場になり、新たな価値を提供してくれる。環境面、経済面、そして社会面すべての要素を考慮した、これからの都市づくりに欠かせないアイデアが詰まった建物なのだ。コペンハーゲンの中心部で、環境にやさしいエネルギーを作り出す一方、スキーを楽しめる週末がくるのが待ち遠しい。

【参照サイト】Denmark fires up its Copenhill power plant, with ski slopes set to open next year
【参照サイト】BIG Unveils a Ski Slope Waste Incinerator for Copenhagen
【参照サイト】Bjarke Ingels Group Projects

(*Photo by BIG)