All posts by Yakuta

リアルタイムの自動通訳で多言語の会話が弾む「Connecting Seats」空港に導入

IDEAS FOR GOODでは、以前空港での待ち時間を活用し、プライベートからビジネスま

NY発、ブロックチェーンでホームレスにデジタルIDを提供するアプリ「Fummi」

今年初めにアメリカ東海岸を襲った記録的な大寒波は、多くの死者を伴った。被災地域の中心ともい

中国で安全な食を。IBMとウォルマートら、ブロックチェーンで食品追跡へ

13億以上の人々が暮らし、進境著しい中国。しかし経済成長を最優先させるマインドと広大が故の

VRから現実世界をよくする。グーグルの社会貢献プロジェクト「Daydream Impact」

2017年は、VR(仮想現実)のテクノロジーが広く世に知れ渡る年となった。場所や時間を問わ

ブロックチェーンで偏りのない言論空間をつくる。平和な世界を願うAnanas

インターネットの到来で私たちのコミュニケーションは大きく変わった。マスメディアの時代には、

コンテナで作られた、再利用可能なスタジアム。2022年カタールW杯

サッカーの2018年ロシアワールドカップ(W杯)の組み合わせ決定に世界が湧き、日本でもくじ

カールスバーグ、スウェーデンで初のカーボンフリーブルワリーを開設

IDEAS FOR GOODではこれまでにも、雨水からビールをつくる「Hemelswate

フライトの待ち時間を有意義に。空港での出会いを紡ぐSNS「WaitList」

近年、空港ではセキュリティが強化されており、荷物検査に時間がかかるため、混雑した国際空港で

リサイクルされた廃プラスチックでつくる、サステナブルな難民シェルター

家は生活の基盤であり、人がそこから逃れるのにはそれなりの理由がある。災害、紛争、貧困など、

社会をもっとよくする空の旅。航空券が当たるジェットブルーのCSRキャンペーン「#CheckInForGood」

積極的にCSRに取り組んでいることで知られる米国の格安航空会社、ジェットブルー航空が、11

ロンドン発、IoTでコーヒーカップのシェアリングを実現する「Cup Club」

寒さが厳しさを増すにつれ、それと同時に消費が増えるのがホットドリンクだ。朝の通勤途中にカフ

人を思いやり、リアルタイムに形を変える横断歩道「Starling Crossing」

テクノロジーを交通に役立てる研究は日進月歩で進んでいる。大手企業がしのぎを削る自動運転など

バブソン大学が創り出す、IoTとソーシャルグッドの交差点。「IoT for Good Lab」を設立

近年、テクノロジーの世界でよく聞かれるキーワードの一つに「IoT (Internet of

スイスで始まった、医薬品を緊急輸送するドローン配送ネットワーク

病院は緊急の処置を必要とする患者に対して常に迅速な対応が求められる。ある施設が特定の血液型

ドローンで災害リスクをマッピング。マラウイのDrones for Goodプロジェクト

東日本大震災に代表されるような津波などの災害の懸念がある日本。来たる災害に備え官民とも備え

環境負荷は大幅に削減、性能は劇的に向上。ナイキのサステナブルな新素材「Flyleather」

従来、スポーツ用品メーカーがシューズやウェアの製品開発をする際の焦点は、どれだけ性能を向上

購入前にARで家具の配置をシミュレーション。IKEAが新アプリ「IKEA Place」を発表

家具購入の際、いざ自宅に置いてみると「サイズが合わなかった」、「色がマッチしなかった」とい

再エネで貧困を緩和する。イギリスが公営住宅に無料でソーラーパネル設置へ

英国で戦後最悪となる70人以上の死者を出した今年6月のロンドンのグレンフェル・タワー火災で

大都市の緑化は年間5億ドル以上の利益を生み出す。ニューヨーク州立大学調査

都市計画において、これまで緑地は必要経費と考えられてきた。殺伐としたコンクリートジャングル

ドローン植林がマングローブを救う。ミャンマーで始まる森林保護のイノベーション

アジア最後のフロンティアと呼ばれ進境著しいミャンマー。長年にわたる乱伐や災害で森や生態系は