Category Archives: CSR

業界初、英国のホテルが現代奴隷の撲滅へ向けた取り組みを開始

「現代奴隷(Modern Slavery)」という言葉を聞いたことがあるだろうか。いま、世

コーヒー豆の皮から生まれたカップ。コーヒー愛が支えるサステナビリティ

世界のコーヒー消費量は増え続けている。自宅にコーヒーメーカーを備え、食後にコーヒーを楽しむ

ソーシャルグッドな商品とユーザーをつなぐブラウザ拡張アプリ「Miigle+」

オンラインショッピングが常識となった今、ほとんどの商品はインターネット上で手に入るようにな

ロンドンに誕生したソーシャルグッドな水上ホテル「Good Hotel」

ホテルの仕事は最高のホスピタリティでゲストをもてなすことだが、そのおもてなしの範囲をゲスト

毎日の買い物から、より良い世界に貢献。商品のエシカル度を教えてくれるアプリ「Nudge for Change」

あなたは、日々の何気ない消費行動がどのように社会問題と関連し、影響を及ぼしているのかについ

脂肪を燃やして寄付にするアプリ「Charity Diet」

世界には肥満に悩む人々がいる一方で、飢餓に苦しむ人がいる。インペリアルカレッジ・ロンドンと

GoogleとUNHCRがシリア難民危機の疑問に答える「Searching for Syria」

2011年3月の勃発以来、人口の約半分が故郷を追われることになったシリア危機。500万人が

寄付も毎月定額でする時代。毎日25セントを好きなテーマに自動で寄付できる「Give One」

地震や洪水などの自然災害や、最近ではトランプ氏による移民政策など、社会を揺るがす大きな問題

ライバル同士が手をつなぐ。ロンドンで始まったコーヒーカップのサーキュラーエコノミー

欧州経済の中心地、ロンドンの朝は温かい飲み物で始まる。まだ薄暗い道を強風に震えながらオフィ

オフィスのBuy One, Give One。企業とNPOが出会う場所「BuyGiveWork」

今、世界では商品を一つ購入するごとに同じ商品を一つ寄付する「Buy One, Give O

空き瓶をリサイクルして砂にする。廃棄物削減と砂浜保全を同時に行うブルワリー

今、世界では砂浜の3分の2が海岸浸食を起こしているという事実をご存じだろうか。島国である日

アマゾンの熱帯雨林が目の前に。VRで森林保護に取り組むSCジョンソン

近年ではVR(バーチャル・リアリティ)技術の発展が著しく、エンターテイメント業界を筆頭に、

ゴミも貧困もなくす。廃棄ペットボトルをファッションに変えるティンバーランド

環境汚染や貧困など、様々な社会課題に対する企業の社会的責任が叫ばれるなか、最近ではこれらの

報復は寄付で。ツイートで簡単に寄付ができるアプリ「Trigger」

米国では2016年の米国選挙がアメリカの政治情勢を大きく変えて以来、反発的なツイートの傾向

全ての人に金融へのアクセスを。ナイジェリア初、太陽光エネルギーで移動する銀行

日本では、誰もが銀行口座を持っていて当然だと思っている。しかし、国が変わると事情は全く異な

海洋投棄されたゴミからできた、美しいドレス。H&Mが提案する新コレクション

これは本当にゴミから造られた洋服なのか。スウェーデン発のアパレル大手、H&Mが発

NPOが「体験」を売れる場所、Airbnb。

私たちが暮らす地域社会にはどこにでも、数多くの課題がある。貧困や格差、教育や環境汚染にいた

インド地方部の女性を支援。Airbnbが推進するインクルーシブなシェアリングエコノミー

世界中で広がり続けるシェアリングエコノミー。個人間の信用をベースにインターネットを介してモ

無料でできる社会貢献。ショッピング履歴を寄付する「Data Does Good」

少しでも社会の役に立つことをしたいけど、そのための時間やお金がない。そんな人にぴったりのサ

ソーシャルグッドなショッピングを支援するブラウザ拡張機能「DoneGood」

米国ではサンクスギビングデー(11月第4木曜日)の翌週の月曜日を「サイバーマンデー」と呼ん