Category Archives: 政府・公共

貧困をなくせるか。ケニアで始まった、史上最大規模のベーシックインカム実験

ベーシックインカムは世界の貧困問題を解決する手段になるのではないかと見られている。発展途上

【コラム】インターネットにアクセスする権利を法で定めた国、フィンランド

ライフライン、と聞いたときに私たちは何を思い浮かべるだろう。電気、ガス、水道、交通、そして

市民のゴミを3Dプリンターで公共のベンチに。オランダの循環型まちづくり

オランダの首都アムステルダムに、家庭から出るプラスチックゴミをリサイクルし、3Dプリンター

HSBC、2025年までに11兆円をサステナブル投融資へ

世界が直面するあらゆる社会問題を解決するためには、何が必要だろうか。テクノロジー、デザイン

【インタビュー】「誰もが”聴こえる”音楽フェス」がみせる、SDGs達成後の未来とは。

野外フェスやコンサートホールの後方部にいると、音がよく聞こえずストレスを感じた経験はないだ

データでつくる、サステナブルな未来都市。アルファベットがトロントで始めた再開発

ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴに次いで北米4番目の人口規模を誇り、カナダ最大の都市でも

自宅の庭で国際貢献、難民と地元コミュニティをつなぐ「友好的な家」

2017年までに、シリアを始め、南スーダン、アフガニスタン、イランなど世界各国から300万

再エネで貧困を緩和する。イギリスが公営住宅に無料でソーラーパネル設置へ

英国で戦後最悪となる70人以上の死者を出した今年6月のロンドンのグレンフェル・タワー火災で

一歩先を行く自転車先進国のデンマーク、自転車渋滞を防ぐための電子標識を導入

デンマークの首都コペンハーゲンというと、何を思い浮かべるだろうか。カラフルな街並みのニュー

フランスの保険会社が開発した、最も安全なルートを教えてくれるカーナビ「The Safest Route」

どこかにドライブに行く時、たとえそこが初めて行く場所だとしても、カーナビのおかげで私たちは

Facebookで犯人逮捕。「知り合いかも」機能を活用したソーシャル捜査

街中に貼られている指名手配犯の写真や情報を私たちはどれほど意識しているだろうか。注意を払わ

ライバル同士が手をつなぐ。ロンドンで始まったコーヒーカップのサーキュラーエコノミー

欧州経済の中心地、ロンドンの朝は温かい飲み物で始まる。まだ薄暗い道を強風に震えながらオフィ

都市計画版Tinder!?行政と市民が相思相愛になる世論調査アプリ「CitySwipe」

行政が市民の意向をしっかりと吸い上げて政策に反映させるのは容易なことではない。パブリックコ

道路が発電する時代。フランスに誕生した世界初のソーラーロード

イギリス海峡を望むフランス北西部のノルマンディー地方で12月下旬、世界初となるソーラーパネ

非行よりもサッカーを。アトランタに世界初となる駅ナカサッカー場が誕生

全米でも有数の犯罪多発都市として知られるジョージア州アトランタ市。同地域の犯罪率の高さは、

大気汚染をクラウドソーシングで解決するアプリ。インド政府が考案

12億人を超える人々が住むインド。多民族・多言語・多宗教のこの国では、急速な工業化に伴い大

ドローンが命を救う。ルワンダで始まった世界初の公共ドローンデリバリーサービス

「ラストワンマイル」という言葉をご存じだろうか?直訳すると「最後の1マイル」という意味だが

通学路にはスパイがいっぱい。安全な道路をみんなで作るアプリ

最近では、自動車がもたらす環境への悪影響や、健康への配慮から、市民に対して自転車やウォーキ