Category Archives: イシュー

自家発電する三輪バイク。スペイン生まれの小柄でキュートな「モー」

最近では気候変動への対応や環境への配慮から、人々の交通手段は自転車や電気自動車といった排気

地球の資源を使い果たす日。あなたの「オーバーシュートデー」はいつですか? #movetheday

「オーバーシュートデー」という言葉をご存知だろうか?「オーバーシュートデー」とは、人が消費

ベルリンで広まる電気スクーターのシェアリング。「COUP」が提案するエコな移動

ドイツBosch社の100%子会社であるCOUPが、2016年からベルリンで開始した電気ス

コーヒー豆の皮から生まれたカップ。コーヒー愛が支えるサステナビリティ

世界のコーヒー消費量は増え続けている。自宅にコーヒーメーカーを備え、食後にコーヒーを楽しむ

27トンの海洋廃棄物を製品パッケージへと変身させたLUSHの想い

海洋廃棄問題は非常に深刻で、毎年800万トン以上のプラスチックが海洋に投棄されており、およ

誰かのゴミが、誰かの宝に。オランダの道端で新しいかたちのリサイクル

不要になったモノをリサイクルしようと思っても、地味に面倒で諦めてしまったことはないだろうか

ファッションを環境問題のメディアに。洗った水の汚染度で色が変わるTシャツ

今、世界では水質汚染問題が深刻化している。国連によれば、清潔な水を手に入れることができない

世界初、CO2排出ゼロの自動運転貨物船がノルウェーで操業開始へ

自律運転トラックや配達ドローンなどの登場により、輸送業界も激動の時代を迎えている。陸と空の

台湾の水質汚染を警告する。下水で作ったアイスキャンディー

人口増加や工業化による水質汚染の問題は世界中で起こっているが、台湾はその中でも特に水質汚染

台湾発スマートスクーター「Gogoro」のシェアリングサービス、パリへ進出

次世代の移動手段として開発競争が過熱している電気自動車や電動スクーター。環境に優しいことは

北欧流のリサイクル。使用済み電池を入れるとクーポンがもらえる自動回収機

スマホやタブレットなど電子機器のおかげで現代の生活はとても便利になった一方で、それに比例す

ハンガリー発、子供たちに海を守る大切さを教えてくれるぬいぐるみ「Pollutoys」

今、世界では年間100万トン以上ものプラスチックが海洋に投棄されており、それが原因で1年に

ソーラーパネルを設置すべきか教えてくれるグーグルの「Project Sunroof」、ドイツへ拡大

5月も半ばにさしかかり、日照時間が長くなる季節がやってきた。夏の到来に合わせる形で、グーグ

自転車通勤をもっと快適に。オランダ発、赤信号のタイミングを事前に教えてくれるマシン

環境先進国として知られるオランダは、自転車大国としても有名で、その保有台数は世界一を誇る。

テクノロジー業界に多様性を。自閉症者のためのプログラミングスクール「Coding Autism」

精神発達障害のひとつである自閉症にかかっている人は、特に雇用の面で困難にぶつかることが多い

中古車を売って電動自転車を買う。環境にもお財布にも優しいトレードプログラム

大気汚染や環境破壊に対する懸念が高まっている昨今では、世界中の都市で環境への配慮を理由に自

ストックホルムに誕生した、世界初となるリサイクル品だけのショッピングモール

週末のうちの一日は、ショッピングモールへ出かけるという人も多いのではないだろうか。一箇所で

飛行機も電気で飛ぶ時代。「空のテスラ」を目指すスタートアップ、Zunum Aero

LCCの登場や就航本数の増加により、海外旅行に行くのが手軽になった昨今。旅行が手頃になった

ライバル同士が手をつなぐ。ロンドンで始まったコーヒーカップのサーキュラーエコノミー

欧州経済の中心地、ロンドンの朝は温かい飲み物で始まる。まだ薄暗い道を強風に震えながらオフィ

生徒の代わりに登校するアバター。子どもの世界を広げ、孤独を癒す

病気のため長期間登校することができない生徒は孤独になりがちだ。外の世界と接触する機会が減る