Category Archives: イシュー

流したトイレットペーパーと再会できるオランダの自転車道

自転車の国オランダには、国全体で35,000キロもの自転車道がある。しかし、その中でもトイ

迷子も怖くない!子どもにつける連絡先のタトゥー「SafetyTat」

小さな子どもと外出するとき、親は子どもが迷子にならないか心配だ。例えばアメリカでは毎日20

イスラエル発、エシカルでサステナブルなファッションECモール「Marrakesh」

流行りの服が安く手に入るファストファッションは年代を問わず人気だ。一方で、服を生産するには

石垣島をエコアイランドに。スマートスクーターのシェアリングサービスが開始

大気汚染や資源不足を背景に、次世代の交通手段として注目されているEV(電気自動車)。業界で

生ゴミを無臭で簡単に堆肥に変えてくれる台所用ゴミ箱「Taihi」

イギリスのデザイナーBen Cullis Watson氏が、日本の「ボカシ肥」のプロセスを

British Airwaysが目指す、サステナブルな空の旅。家庭ゴミから作るジェット燃料

イギリス航空大手のBritish Airwaysは9月18日、同社のジェット燃料を家庭ゴミ

自宅の庭で国際貢献、難民と地元コミュニティをつなぐ「友好的な家」

2017年までに、シリアを始め、南スーダン、アフガニスタン、イランなど世界各国から300万

ベビーカーの高さが最も危険。乳幼児を大気汚染から守るIoTクッション「Brizi」

乳幼児を子どもに持つ親であれば、外出時のベビーカーは必須アイテムだ。しかし、外出時に子ども

再エネで貧困を緩和する。イギリスが公営住宅に無料でソーラーパネル設置へ

英国で戦後最悪となる70人以上の死者を出した今年6月のロンドンのグレンフェル・タワー火災で

ロンドン発、子供とともにサイズが成長していくサステナブルな子供服「Petit Pil」

我が子の洋服選びは親にとって楽しみのひとつだ。しかし、数ヶ月ごとに身体がぐんぐん成長する子

貯蓄も寄付もスマホから簡単に。「Kidfund」に託す子供たちの未来

小さな子供のいる家庭では、いずれ教育資金が必要となることがわかっていても、将来のための蓄え

室外機に取りつけるだけ。霧の力でエアコンの消費電力を削減する「Mistbox」

夏になるとどの家庭にも欠かせないのがエアコンだ。連日30度を超える地域に暮らしていれば、エ

ガーナの若者に未来を運ぶ。竹でできた地球に優しい自転車

現在、最もエコな移動手段として注目されているのが自転車だ。世界各国で自動車から自転車での通

自家発電する三輪バイク。スペイン生まれの小柄でキュートな「モー」

最近では気候変動への対応や環境への配慮から、人々の交通手段は自転車や電気自動車といった排気

地球の資源を使い果たす日。あなたの「オーバーシュートデー」はいつですか? #movetheday

「オーバーシュートデー」という言葉をご存知だろうか?「オーバーシュートデー」とは、人が消費

ベルリンで広まる電気スクーターのシェアリング。「COUP」が提案するエコな移動

ドイツBosch社の100%子会社であるCOUPが、2016年からベルリンで開始した電気ス

コーヒー豆の皮から生まれたカップ。コーヒー愛が支えるサステナビリティ

世界のコーヒー消費量は増え続けている。自宅にコーヒーメーカーを備え、食後にコーヒーを楽しむ

27トンの海洋廃棄物を製品パッケージへと変身させたLUSHの想い

海洋廃棄問題は非常に深刻で、毎年800万トン以上のプラスチックが海洋に投棄されており、およ

誰かのゴミが、誰かの宝に。オランダの道端で新しいかたちのリサイクル

不要になったモノをリサイクルしようと思っても、地味に面倒で諦めてしまったことはないだろうか

ファッションを環境問題のメディアに。洗った水の汚染度で色が変わるTシャツ

今、世界では水質汚染問題が深刻化している。国連によれば、清潔な水を手に入れることができない