Category Archives: ニュース

自分だけの美術館を持ち歩くアプリ、SMARTIFY

美術館を楽しむコツのひとつは、個人的に好きな作品を見つけることだ。教科書に載っているかどう

寝つきが悪いあなたへ。呼吸を整えてくれる枕型ロボット「Somnox」

睡眠というのはなかなか繊細な営みだ。ちょっとした気分のありようや、その日の気温や湿度などに

空き瓶をリサイクルして砂にする。廃棄物削減と砂浜保全を同時に行うブルワリー

今、世界では砂浜の3分の2が海岸浸食を起こしているという事実をご存じだろうか。島国である日

ステレオタイプを塗り替える。現代を生きるありのままのムスリム女性を写したストックフォト

あるキーワードを聞いたとき、パッと頭に思い浮かぶイメージ。それは事実に基づくものなのか、そ

乾燥地域の強い味方。イランのデザイン会社が考えた、雨を集める凹状屋根

屋根といえば、普通は上向きに尖った三角の形をしている。なぜなら、三角は雨風をしのいだり、日

移民の壁を、アートの壁に。多様性の美しさを描くウォールギャラリー「The Most Beautiful Wall」

昨年11月、アメリカの大統領にドナルド・トランプ氏が当選し、世界中が震撼した瞬間はまだ記憶

ジェンダーの偏見を可視化する。AIで会議の発言を分析するアプリ「Gender EQ」

近年では女性の社会進出も進んでおり、職場における男女平等は実現されているように思われる。し

治療のストレスを軽減。ベッドの上から旅先へ患者をいざなうVR

VR(Virtual Reality:仮想現実)の技術を活用し、患者の治療における心的負担

サッカースタジアムを住居に。ビッグイベントがもたらす正のレガシー

国際的なイベントの開催においても「サステナビリティ」が問われる昨今では、オリンピックのよう

「おしゃれを楽しむ」が社会貢献になる。50/50キャンペーン

より多くの人々に寄付や募金といった行動を起こしてもらうには、どうしたらいいだろうか。寄付を

言葉の壁よ、さようなら。15カ国語以上の翻訳が可能なイヤホン&アプリが登場

世界には、複数の言語を公用語としている国や、多民族国家のために幼児期の段階から外国語教育を

アマゾンの熱帯雨林が目の前に。VRで森林保護に取り組むSCジョンソン

近年ではVR(バーチャル・リアリティ)技術の発展が著しく、エンターテイメント業界を筆頭に、

障がい者サービス版のトリップアドバイザー。障がい者の人権を向上させる「clickability」

2008年に国連の障害者の権利に関する条約を批准したオーストラリア。以降、同国では国民障が

エミレーツ航空、廃棄ペットボトルからできたブランケットを機内に導入

航空産業は環境への負荷が高い業界だということは直観的に考えても明らかだ。2050年には航空

3Dプリント技術でつくられた自給自足のスマートホーム「PassivDom」

例えば、木々の葉音と小鳥のさえずりが耳に心地よい山の奥地の一軒家。明かりの灯った室内で、適

ゴミも貧困もなくす。廃棄ペットボトルをファッションに変えるティンバーランド

環境汚染や貧困など、様々な社会課題に対する企業の社会的責任が叫ばれるなか、最近ではこれらの

ホームレスの自立を支援する寄付アプリ「StreetChange」

国連によると、世界でおよそ1億人がホームレスとして生活しているという。これは日本の総人口と

アマゾンの僻地に暮らす先住民に、医薬品をドローンでお届け

広い地球、いわゆる僻地と呼ばれる場所はたくさんある。世界最大面積を誇り、地球上の熱帯雨林の

報復は寄付で。ツイートで簡単に寄付ができるアプリ「Trigger」

米国では2016年の米国選挙がアメリカの政治情勢を大きく変えて以来、反発的なツイートの傾向

世界初、空飛ぶ商用バイク「Scorpion-3」

各国の都市では、急激な人口増加や渋滞による大気汚染などの問題解決に向けて、より持続可能でス