アマゾンの熱帯雨林が目の前に。VRで森林保護に取り組むSCジョンソン

近年ではVR(バーチャル・リアリティ)技術の発展が著しく、エンターテイメント業界を筆頭に、

障がい者サービス版のトリップアドバイザー。障がい者の人権を向上させる「clickability」

2008年に国連の障害者の権利に関する条約を批准したオーストラリア。以降、同国では国民障が

エミレーツ航空、廃棄ペットボトルからできたブランケットを機内に導入

航空産業は環境への負荷が高い業界だということは直観的に考えても明らかだ。2050年には航空

3Dプリント技術でつくられた自給自足のスマートホーム「PassivDom」

例えば、木々の葉音と小鳥のさえずりが耳に心地よい山の奥地の一軒家。明かりの灯った室内で、適

ゴミも貧困もなくす。廃棄ペットボトルをファッションに変えるティンバーランド

環境汚染や貧困など、様々な社会課題に対する企業の社会的責任が叫ばれるなか、最近ではこれらの

ホームレスの自立を支援する寄付アプリ「StreetChange」

国連によると、世界でおよそ1億人がホームレスとして生活しているという。これは日本の総人口と

アマゾンの僻地に暮らす先住民に、医薬品をドローンでお届け

広い地球、いわゆる僻地と呼ばれる場所はたくさんある。世界最大面積を誇り、地球上の熱帯雨林の

報復は寄付で。ツイートで簡単に寄付ができるアプリ「Trigger」

米国では2016年の米国選挙がアメリカの政治情勢を大きく変えて以来、反発的なツイートの傾向

世界初、空飛ぶ商用バイク「Scorpion-3」

各国の都市では、急激な人口増加や渋滞による大気汚染などの問題解決に向けて、より持続可能でス

人間の代わりにモノが決済。IBMとVisaが描くIoTの未来

最近、金融の世界で最も注目されている領域、それがFintech(フィンテック)だ。「フィン

世界初となるロボット弁護士、チャットボットで法律相談

世の中のあらゆることは法律、制度、契約といったものを根底に回っていることに気が付いたのは社

都市を丸ごと森にする。大気汚染に悩む中国が考えたForest City

世界で都市化が進んでいる。国連のレポートによると、2014年の世界の都市人口は39億人で、

霧をとらえて飲み水に。水不足の危機を解決する巨大ネット「CloudFisher」

モロッコの山間に暮らすAmazighというコミュニティでは、水不足が深刻だった。村人はわず

ドイツ発、スマホをかざすだけで成分や有害物質が見抜けるアプリ

「安全な商品を購入したい。」それは国を問わず全ての消費者にとっての願いだ。 サプライチェー

荷物はGitaにまかせて、手ぶらで出かけよう

未来の移動や輸送というと自動運転やドローンが思い浮かぶ。夢があり、私たちの生活を便利にして

ドバイでもうすぐ実用化される、空飛ぶドローンタクシー

砂漠の摩天楼ことドバイは、アブダビとともに元々は素朴な遊牧生活を送っていたアラブ首長国連邦

輸送業界の注目株。廃棄食料で走る環境に優しいトラック

二酸化炭素をあまり排出しない、環境に優しい燃料と言えばバイオディーゼル燃料や電気エネルギー

再エネで稼働するデータセンターの廃熱を暖房に利用するストックホルム

普段私たちが何気なくメールを送信したりインスタグラムで写真をアップロードしたりする際に、そ

偏見と差別を無くす。力強く愛のあるキャンペーン「Love Has No Labels」

米国は、多様多種な民族により形成された国である。しかしトランプ新大統領就任後、人種差別とも

ゲームアプリ課金がマイクロ融資に。開発者も途上国の人々も幸せになる「Play Seeds」

今や「毎週30億時間ほどの時間をゲームに費やしている」と言われるほど、スマホゲームは私たち