パリ発、大気汚染の状況をリアルタイムに教えてくれるお洒落スカーフ

ある日、のちに「Wair」の設立者となるキャロラインがパリの街をいつものように自転車に乗っ

文字が読めないメニュー!?バーガーキングが実施した驚きのキャンペーン

世界では、実に5人に1人が日常的な読み書きが全くできない「非識字者」であることをご存じだろ

そのブレスト、効果がない!?アイデアを生み出す方法論

ブレインストーミング、略して「ブレスト」。新しい企画や商品を生み出す際に使われる手法で、会

360°動画で伝える「Digital for Good」。ヴァージン・メディアのCSR報告

IDEAS FOR GOODでは先週にもゲーミフィケーションを用いたハイネケンのCSR報告

GoogleとMITが考えた、天井から降りてくる会議室

オフィスにとって、そこで働く人々が来客や打ち合わせに使用できる会議室は必須のスペースだ。使

「音楽」を着る。耳が不自由な人のための体感型スマートシャツ

”Music Should be for everyone” そう言い切るこの動画を見て鳥

キッズファッションがパンダを救う。H&Mの新コレクション

今、全世界では22,000以上の野生生物種が絶滅の危機に晒されていることをご存じだろうか?

CSR報告をもっと楽しく。ハイネケンが考えたゲーミフィケーション

「せっかく時間とコストをかけてCSR報告書を発行しても、なかなか読んでもらえない。」企業の

ジム通いにさようなら。スタンディングデスクの進化系「バイクデスク」とは?

テクノロジーの発展とコンピュータの普及により、一日中座って仕事をする人が増えてきているこの

サンフランシスコ流、通勤ラッシュの解消法とは?

小さな島国である日本の通勤ラッシュは、海外の動画サイトなどでも時折話題になる。電車内に押し

VRから始まる素晴らしい現実「VR for Good」

今、テクノロジーの世界で最も注目を集めている分野の一つ、それがVR(Virtual Rea

通学路にはスパイがいっぱい。安全な道路をみんなで作るアプリ

最近では、自動車がもたらす環境への悪影響や、健康への配慮から、市民に対して自転車やウォーキ

思い込みの壁を超える

私たちは誰しもが、何かを考えるとき、イメージするとき、無意識にいくつかのルールや事柄を連想

釣りタイトルから社会をよくする「Clickbait for Good」

興味深いタイトルにつられて思わずクリックしてみたら、全然中身がない記事でがっかりした。ネッ

たった5分で準備完了!イタリア発、電気いらずの未来型エコヒーター

今、世界では必要最小限のものしか持たない究極のライフスタイル、「ミニマルライフ」が注目され

シェアリングエコノミーを加速する、ブロックチェーンを活用したスマートコントラクト

シェアリングエコノミーのプラットフォームを拡大するうえで鍵を握るのが、いかにP2P(Pee

歩行者に微笑みかける自動運転車

今、世界の名だたるテクノロジー企業や自動車メーカーらがこぞって実用化に向けた開発に取り組ん

世界初、ドローン専用の高速道路?深圳が描く未来都市

約1,500万人の人口を抱え、今や中国はおろか世界を代表する経済都市として「中国のシリコン

ポッキーを食べながら学ぶ、「おいしい」プログラミング

いま、未来を生きる子供たちに最も求められているスキルの一つ、それが「プログラミング」だ。世

大気汚染がアートに?バンガロール発、排気ガスから生まれたインク

550万人。この数字が何を意味しているか分かるだろうか?これは、2013年に大気汚染を原因