自転車に乗った分だけ割引。お財布、健康、環境の全てに優しいアプリ「Radbonus」

環境問題が叫ばれる昨今、自動車の排ガス規制は年々強化され、電気自動車の開発競争は過熱する一

海洋投棄されたゴミからできた、美しいドレス。H&Mが提案する新コレクション

これは本当にゴミから造られた洋服なのか。スウェーデン発のアパレル大手、H&Mが発

インクいらずで80 回。印字を消せる「使い捨てない紙」

紙の廃棄は、リサイクルも含めて環境への負担が意外と大きい。ごみ埋立地のおおよそ40%を紙の

大気汚染がひどいほどマスクが安くなる。ゲーミフィケーションでマスク着用を啓発

「中国 大気汚染」と検索をすると、そびえたつビルや街中を縫うようにもくもくと湧き上がるスモ

天災を恵みに変える!雨水からビールをつくる「Hemelswater」

今、西欧諸国では気候変動による降水量の増加がもたらす都市洪水のリスクが懸念されている。その

今宵のカクテルを石鹸に。バカルディが提案するサーキュラーエコノミー

バーでカクテルを作ったあとに残る果物はどのように処理されているのだろうか。「飾り付け用にす

テクノロジーは難民を救う。通訳者と繋がるアプリ「Tarjimly」

難民を取り巻く状況は混乱している。ドナルド・トランプ米大統領が難民の入国を制限する方針を定

都市計画版Tinder!?行政と市民が相思相愛になる世論調査アプリ「CitySwipe」

行政が市民の意向をしっかりと吸い上げて政策に反映させるのは容易なことではない。パブリックコ

人が動かすボート型ジム、セーヌ川をゆく。

運動をして健康的になりたいが、どうも長続きしない。ジム通いはどうも気が向かない。そんな悩み

AR技術の新たな活用法。イギリス・ロイズ銀行が手話アプリで聴覚障がい者の顧客をサポート

イギリスの大手銀行であるロイズ銀行が、AR(Argumented Reality:拡張現実

宿泊代はスキルで払う。スタートアップとフリーランサーをつなぐ夢の懸け橋「gigrove」

世界で設立されるスタートアップ企業の数は年間およそ7000万社。小規模な予算で優秀な人材に

その創造力を世界にシェアしよう。レゴが作った、子供のためのSNS「LEGO Life」

もしもあなたの小さな子供が、ソーシャルネットワークサービス(SNS)を使いたいと言ってきた

ユーザーも従業員も地球もみんなハッピーになる洗車アプリ「WashMyWhip」

何かしらの商品を買ったりサービスを受けたりする際、ある特定の場所にまでわざわざ出向くのは面

カイロの駅に流れるラジオ。学びのきっかけに。

駅で電車がやってくるまでの待ち時間は、退屈な時間のひとつだ。新聞を開いたりスマホを眺めたり

高齢者のライフクオリティを高めてくれるAIアシスタント

そう遠くない未来、確実に私たちにとって身近な存在になるであろう、AI(人工知能)ロボット。

妊婦に座席を譲り合うアプリ。思いやりが生み出す収益はチャリティーへ

妊娠している女性にとって、満員電車の中を立ちながら過ごす時間は想像以上に大変なものだ。また

砂糖の過剰摂取を防ぐために作られた、「音の甘味料」

糖分は、人間の生活になくてはならないエネルギー源だ。しかし、最近では世界中で糖分の過剰摂取

CO2もコストも一緒に減らす。ベルギー発のオンデマンド段ボールカッター

包装業界の革命と称した、新たなプロダクトがベルギーで開発された。Slimboxという名を持

ストックホルムの街に現れた、タバコの煙で咳き込む看板

今年こそは禁煙しよう。皆さんの中には、そんな新年の目標を立てた方もいるかもしれない。人々が

VRで世界をもっとよくする。HTC VIVEが1,000万ドルの「VR For Impact」を開始

仮想現実の力を使って、現実の世界をよりよい場所にする。そんなビジョンをもとに、新たな一大プ