Tag Archives: イギリス

業界初、英国のホテルが現代奴隷の撲滅へ向けた取り組みを開始

「現代奴隷(Modern Slavery)」という言葉を聞いたことがあるだろうか。いま、世

世界中で拡大する「ギグエコノミー」。過去1年で26%成長

世界のオンライン労働市場に関する調査をしている英国オックスフォード大学インターネット研究所

多様性のある都市にふさわしい挨拶を。ロンドン地下鉄が「淑女・紳士」の表現を廃止

伝統的な淑女と紳士の国、英国。その首都ロンドンには世界最古の地下鉄が今日も行き交う。東西南

ファッションを環境問題のメディアに。洗った水の汚染度で色が変わるTシャツ

今、世界では水質汚染問題が深刻化している。国連によれば、清潔な水を手に入れることができない

ロンドンに誕生したソーシャルグッドな水上ホテル「Good Hotel」

ホテルの仕事は最高のホスピタリティでゲストをもてなすことだが、そのおもてなしの範囲をゲスト

ロンドン発、ソーシャルグッドに特化したオンラインシティガイド「GoTiLo」

観光や街歩きをする際に、おすすめスポットやレストランなどが紹介されているガイドブックは数多

ロンドン発、「歩く」を楽しくするコミュニティアプリ「Go Jauntly」

家事や仕事の自動化が進み、交通手段も発達している現代では、人々の運動量は大きく低下している

ライバル同士が手をつなぐ。ロンドンで始まったコーヒーカップのサーキュラーエコノミー

欧州経済の中心地、ロンドンの朝は温かい飲み物で始まる。まだ薄暗い道を強風に震えながらオフィ

支払いはビットコイン。ブロックチェーン専門家を雇えるクラウドソーシング「Moneo」

近年では多様化する事業ニーズや働き方への対応と手軽さを背景に、法人や個人が場所を問わずオン

オフィスのBuy One, Give One。企業とNPOが出会う場所「BuyGiveWork」

今、世界では商品を一つ購入するごとに同じ商品を一つ寄付する「Buy One, Give O

輸送業界の注目株。廃棄食料で走る環境に優しいトラック

二酸化炭素をあまり排出しない、環境に優しい燃料と言えばバイオディーゼル燃料や電気エネルギー

AR技術の新たな活用法。イギリス・ロイズ銀行が手話アプリで聴覚障がい者の顧客をサポート

イギリスの大手銀行であるロイズ銀行が、AR(Argumented Reality:拡張現実

宿泊代はスキルで払う。スタートアップとフリーランサーをつなぐ夢の懸け橋「gigrove」

世界で設立されるスタートアップ企業の数は年間およそ7000万社。小規模な予算で優秀な人材に

妊婦に座席を譲り合うアプリ。思いやりが生み出す収益はチャリティーへ

妊娠している女性にとって、満員電車の中を立ちながら過ごす時間は想像以上に大変なものだ。また

ロンドン発、見えないハンディキャップを抱えた人でも席を譲ってもらえる青バッジ

世の中には、一見しただけでは分からないものの実は隠れた病気や障害を抱えており、電車やバスな

市民の夜道を照らす。イギリス発、アプリ一つで呼び出せる街灯ドローン

最先端のドローンテクノロジーを活用したユニークなサービスが、今度はイギリスで生まれた。かつ

ピッチだけではなく電力も。アーセナルが目指すグリーンなスタジアム

欧州サッカーのファンなら誰しもが知っている英国プレミアリーグの名門クラブ、アーセナル。ロン

360°動画で伝える「Digital for Good」。ヴァージン・メディアのCSR報告

IDEAS FOR GOODでは先週にもゲーミフィケーションを用いたハイネケンのCSR報告