Tag Archives: サステナビリティ

コンテナで作られた、再利用可能なスタジアム。2022年カタールW杯

サッカーの2018年ロシアワールドカップ(W杯)の組み合わせ決定に世界が湧き、日本でもくじ

スキーが楽しめる、環境と市民にやさしいデンマークのオシャレな火力発電所

スキーを楽しむ季節が近付いてきた。しかし、スキー場の下で、熱い火が燃え、火力発電がされてい

スウェーデンに誕生した、自転車で暮らす人のためのアパートホテル「Ohboy Hotel」

「私たちは街を、車で移動する人のためにつくっている。」 これは、Ohboy Hotelのア

包装ゼロ。レジ袋なし。必要な分だけ買える、サステナブルな食品流通システム「MIWA」

大量生産・大量消費の時代になってから常に問題視されてきたもの。それはゴミの大量廃棄だ。例え

データでつくる、サステナブルな未来都市。アルファベットがトロントで始めた再開発

ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴに次いで北米4番目の人口規模を誇り、カナダ最大の都市でも

ミシュランが描く、持続可能なモビリティの未来。3Dプリンターで作るタイヤ「VISION」

ボタンのようにも、タイルのようにも見え、建築家ガウディの作品にも見える、この綺麗で不思議な

イスラエル発、エシカルでサステナブルなファッションECモール「Marrakesh」

流行りの服が安く手に入るファストファッションは年代を問わず人気だ。一方で、服を生産するには

環境負荷は大幅に削減、性能は劇的に向上。ナイキのサステナブルな新素材「Flyleather」

従来、スポーツ用品メーカーがシューズやウェアの製品開発をする際の焦点は、どれだけ性能を向上

コーヒー豆の皮から生まれたカップ。コーヒー愛が支えるサステナビリティ

世界のコーヒー消費量は増え続けている。自宅にコーヒーメーカーを備え、食後にコーヒーを楽しむ

アプリの力で食料廃棄と飢餓を撲滅。Googleも出資する「MealConnect」

世界中の人々が地球環境について考える4月22日の「アースデイ(地球の日)」に合わせて、アメ

ぼくもわたしも配達係。ドイツ生まれの環境に優しいソーシャルデリバリー「TiMMi」

今日の私たちの生活に必要不可欠となっているのが、いつも迅速に荷物を届けてくれる便利な配送サ

中古車を売って電動自転車を買う。環境にもお財布にも優しいトレードプログラム

大気汚染や環境破壊に対する懸念が高まっている昨今では、世界中の都市で環境への配慮を理由に自

空気をキレイにする看板。米トヨタ「ミライ」のエコなプロモーション

公共の交通機関とは違って、時間帯や距離に関わらず自分の思い通りに移動ができる自動車は、今や

ストックホルムに誕生した、世界初となるリサイクル品だけのショッピングモール

週末のうちの一日は、ショッピングモールへ出かけるという人も多いのではないだろうか。一箇所で

IDEOがデザインする車の未来。シェアリングエコノミーのその先へ

個人が所有する車をシェアすると何が起こるのか。一つの車を複数の人々が共有するカーシェアリン

廃棄サンダルをアート作品に。海を救い、雇用を生み出すケニアの会社

プロジェクトの物語は、1997年インド洋の海岸で始まった。ケニアで生まれ育った海洋保全派の

ライバル同士が手をつなぐ。ロンドンで始まったコーヒーカップのサーキュラーエコノミー

欧州経済の中心地、ロンドンの朝は温かい飲み物で始まる。まだ薄暗い道を強風に震えながらオフィ

空き瓶をリサイクルして砂にする。廃棄物削減と砂浜保全を同時に行うブルワリー

今、世界では砂浜の3分の2が海岸浸食を起こしているという事実をご存じだろうか。島国である日

サッカースタジアムを住居に。ビッグイベントがもたらす正のレガシー

国際的なイベントの開催においても「サステナビリティ」が問われる昨今では、オリンピックのよう

エミレーツ航空、廃棄ペットボトルからできたブランケットを機内に導入

航空産業は環境への負荷が高い業界だということは直観的に考えても明らかだ。2050年には航空