Tag Archives: ヨーロッパ

【まとめ】社会課題をクリエイティブに解決する。フランスらしいソーシャルグッドなアイデア5選

「花の都」や美食、洗練されたファッションなどで知られるフランスが、近年では環境先進国として

スウェーデンに建設中の、農業とオフィスが共存した高層ビル「World Food Building」

日本では少子高齢化が問題になって久しいが、世界全体で問題になっているのはむしろ人口爆発だ。

イギリス発、使い捨て紙コップのリサイクルから生まれた美しい紙「Extract」

イギリスのステーショナリーメーカーG . F Smithが、世界初の使い捨ての紙コップのリ

水は自分で入れる。プラスチックごみもCO2排出も減らせるシャンプー「Twenty」

よくよく考えてみると当たり前の話だが、シャンプーに一番多く含まれているのは水だ。試しにある

スイスで始まった、医薬品を緊急輸送するドローン配送ネットワーク

病院は緊急の処置を必要とする患者に対して常に迅速な対応が求められる。ある施設が特定の血液型

すぐそこにある美しさに気づいてほしい。ベルリン発、街を印刷するアートプロジェクト

人は好奇心に満ちている。だからこそ新しいものや珍しいものに惹かれるし、知らない場所や人がい

自宅の庭で国際貢献、難民と地元コミュニティをつなぐ「友好的な家」

2017年までに、シリアを始め、南スーダン、アフガニスタン、イランなど世界各国から300万

努力よりもテクノロジー。ゴミを自動分別してくれるポーランドのIoTゴミ箱「bin-e」

環境負荷を減らして持続可能な社会を実現するために、私たちが日々の暮らしの中で最低限できるこ

業界初、英国のホテルが現代奴隷の撲滅へ向けた取り組みを開始

「現代奴隷(Modern Slavery)」という言葉を聞いたことがあるだろうか。いま、世

世界初、CO2排出ゼロの自動運転貨物船がノルウェーで操業開始へ

自律運転トラックや配達ドローンなどの登場により、輸送業界も激動の時代を迎えている。陸と空の

自転車通勤をもっと快適に。オランダ発、赤信号のタイミングを事前に教えてくれるマシン

環境先進国として知られるオランダは、自転車大国としても有名で、その保有台数は世界一を誇る。

失敗は成功の母。失敗作だけを集めたスウェーデンの美術館「The Museum of Failure」

私たちの生活には過去に生まれた数えきれないほど多くのイノベーションが深く関わっており、様々

生徒の代わりに登校するアバター。子どもの世界を広げ、孤独を癒す

病気のため長期間登校することができない生徒は孤独になりがちだ。外の世界と接触する機会が減る

輸送業界の注目株。廃棄食料で走る環境に優しいトラック

二酸化炭素をあまり排出しない、環境に優しい燃料と言えばバイオディーゼル燃料や電気エネルギー

小売店と消費者のおいしい関係。フィンランド発のフードレスキューアプリ「Froodly」

フードレスキューアプリ。これは新たなムーブメントと言えるかもしれない。以前にも、食糧廃棄の

自転車に乗った分だけ割引。お財布、健康、環境の全てに優しいアプリ「Radbonus」

環境問題が叫ばれる昨今、自動車の排ガス規制は年々強化され、電気自動車の開発競争は過熱する一

海洋投棄されたゴミからできた、美しいドレス。H&Mが提案する新コレクション

これは本当にゴミから造られた洋服なのか。スウェーデン発のアパレル大手、H&Mが発

AR技術の新たな活用法。イギリス・ロイズ銀行が手話アプリで聴覚障がい者の顧客をサポート

イギリスの大手銀行であるロイズ銀行が、AR(Argumented Reality:拡張現実

CO2もコストも一緒に減らす。ベルギー発のオンデマンド段ボールカッター

包装業界の革命と称した、新たなプロダクトがベルギーで開発された。Slimboxという名を持

市民の夜道を照らす。イギリス発、アプリ一つで呼び出せる街灯ドローン

最先端のドローンテクノロジーを活用したユニークなサービスが、今度はイギリスで生まれた。かつ