世界初、オランダの大学が開発した“オーガニックな車”

Browse By

オランダのアイントホーフェン工科大学 ecomotive研究チームは、車体にプラスチックと金属を使わない、世界初の自然素材でできた車“Noah”を開発した。

Noahはシティカーとしてデザインされた2座席の電気自動車で、後部には大きなトランクもある。最高時速は110㎞で、航続距離は240㎞だ。重量は360㎏と、通常の車の半分に抑えられている。

Noah (c)TU/ecomotive

いま世界では、気候変動や大気汚染問題解決に向けて、さまざまな取り組みが行われている。自動車業界では電気自動車がその筆頭で、普及拡大に向けた技術開発が急ピッチで進んでいる。そんななか、研究チームが注目したのは、車のパーツの素材だ。

この車のパーツは、オランダのジョイントベンチャー企業Total Corbion PLA社が開発した自然由来原料のポリ乳酸(以下、PLA)製品“Luminy”と、天然の亜麻繊維からなるサンドイッチパネルでつくられており、超軽量で強度に優れている。同社はLumityを熱して、耐久性と耐熱性を高めることに成功した。

これらのパーツを車のフレームやボディに使ったNoah は、リサイクルできる循環型の車だ。金属やプラスチックを使用した従来の車に比べて、炭素排出を大きく削減する。

Luminy (c)TU/ecomotive

Total Corbion PLA社 のシニア・マーケティングディレクターであるフランソワ・デ・ビ氏は、こう語っている。「このプロジェクトの成功は、自然素材使用の大きな進歩につながるだろう。Noahは、PLAが従来の構造に比べて、車のパーツにより適しているということの証明になる。この車の性能のさらなる改善と、市場への合致に努めていきたい。」

自然由来のPLAを使ってアイントホーフェン工科大学が開発した、プラスチックや金属を使わない持続可能な車Noah。今後のさらなる開発が期待される。

【参照サイト】World’s first biobased, circular car created using Luminy from Total Corbion PLA
(※画像:TU/ecomotiveより引用)