ベルリンで広まる電気スクーターのシェアリング。「COUP」が提案するエコな移動

Browse By

ドイツBosch社の100%子会社であるCOUPが、2016年からベルリンで開始した電気スクーターシェアリング事業を拡大し、利用者のニーズに合った便利なサービスを提供している。

現在、世界の多くの国が気候変動を抑制するための国際的合意である「パリ協定」を締結し、気候変動や大気汚染問題に取り組んでいる。先日はフランスに続きイギリスが2040年から化石燃料自動車の販売を禁じると発表しており、これからの各国の自動車燃料の方針もさらに注目されるところだ。

こうした世界の流れを受けて電気自動車への関心は日に日に高まっているが、電気自動車の普及における現在の課題の1つは、充電スタンドの数が少ないことだ。これをシェアリングエコノミーのモデルで解決しているのが、ドイツのベルリンで電気スクーターのシェアリングサービスを展開している「COUP」だ。

COUPの電気スクーターシェアリングでは、バッテリー補充をCOUPが行い、利用者はすぐにスクーターに乗車できる。利用後にバッテリーを補充する必要もない。また、COUPの利用区域内であれば、どこでも乗捨て可能であるため、これまで面倒だった指定駐輪場を探す手間が省ける。

電気スクーターの利用手順も簡単だ。Appを使って利用者は一番近くのスクーターを探し、予約する。鍵は不要。料金は、最初の30分間の利用が3ユーロ、その後は10分毎に1ユーロ追加料金がかかる。電気スクーターは24時間利用できる。

充電の必要もなく乗り捨てできるという利便性の高さが利用者の支持を集め、COUPは2016年8月に開始した電気スクーターシェアリング事業を2017年にはさらに拡大し、ベルリンにおける電気スクーターの数を1000台に増やして利用区域を広げた。また、迅速な予約を可能にするためにアプリの改良に力を入れるなど、利用者からのフィードバックを元にして実際のサービスに反映させたことも特筆すべき点だ。

世界的に関心が高まる電気自動車や電気スクーター。多くの会社が新たな技術を導入し、行政と提携しながら、クリーンな環境の創造を目指している。

そして、電気自動車や電気スクーターが、ベルリンのような大都市で、排気ガスによる大気汚染の他に渋滞や騒音問題を解決するための有効な手段にもなっていることも忘れてはならない。今回のCOUPの事業拡大は、特に都市部の交通問題を解決する一つのカギになりそうだ。これからの展開に期待したい。

【参照リリース】Unabhängig unterwegs: eScooter-Sharingdienst COUP erweitert Flotte in Berlin

(※写真:COUP Presseより引用)