Tag Archives: カナダ

持ち歩くのが恥ずかしいレジ袋

カナダのスーパー、「持ち歩くのが恥ずかしいレジ袋」でエコバック持参を促す

自然豊かなカナダでは、2021年までに段階的にビニール袋などの使い捨てプラスチックが禁止と

今日からあなたもプチ農家。自宅でオーガニック農業が簡単にできるドラム式ガーデニング装置

農業就業人口が減少し、同時に高齢化も進んでいる。農林水産省の調査によると、農業就業人口は2

車との事故を防ぐ、動物専用の橋。オランダなど世界各地で広まる

山岳地を車で走っていると、「動物注意」や「とび出し注意」と書かれた標識を見かける。うっかり

水道管の水漏れを検出するAI技術、カナダで開発進む。水のムダ、コストを削減へ

カナダのオンタリオ州にあるウォータールー大学研究チームが、街の水道管からの水漏れを検出する

家庭内暴力から子供と女性を救いだすカナダの「引っ越し集団」

虐待による、子どもの痛ましい被害が絶えない。統計によると、虐待によって死亡する子どもの数は

曇りの日も効率的に発電できる、バクテリア入りの太陽電池

クリーンエネルギーの筆頭である太陽エネルギーは現在、世界中でさまざまな技術開発が行われてい

食品廃棄を減らし、貧困層の生活も支える。カナダの「値札のないスーパー」とは?

長期海外生活を送る筆者がたびたび実感するのが、日本はきわめて美食な国だと言うことだ。和食は

夕日を背景にしたバイオ燃料工場

オーガニック廃棄物が生まれ変わる。北米初、バイオ燃料工場

化石燃料の枯渇が迫り、たとえば石油の可採年数は残り50年とも言われている。そんな中、水力や

【まとめ】社会をもっとよくするシェアリングエコノミーサービス10選

モノやサービスを「所有」するのではなく「共有」することでより持続可能な経済を実現する「シェ

【まとめ】自分だけでなく世界にも彩りを。ファッションから社会を良くするアイデア12選

私たちが流行りのファッションを安く楽しめる一方で、服を生産するには大量のエネルギーや水、化

気候変動にブロックチェーンで立ち向かう。エコな消費をすると報酬がもらえる「CarbonX」

気候変動と言えば誰もが認識している世界共通の社会課題だが、実際にこの問題を「ジブンゴト」と

データでつくる、サステナブルな未来都市。アルファベットがトロントで始めた再開発

ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴに次いで北米4番目の人口規模を誇り、カナダ最大の都市でも

洋服ではなく瞬間を所有する。トロント発、洋服のシェアリングエコノミー「BORO」

多くの女性にとって、結婚式やパーティーなどの予定が入ったときの一番の悩みは、何を着ていくか

カナダのトロント発、「モノの図書館」が実現するシェアリングエコノミー

いま、世界では大量生産・大量消費型の経済システムに代わる持続可能なシステムとして「シェアリ