Tag Archives: カナダ

canada-banff

カナダ・バンフ市、食品廃棄物専用ゴミ箱の設置で埋め立て処分ゼロへ

豊かな自然に囲まれたカナダ・バンフ市が、食品廃棄物を収集して堆肥化するため、専用のゴミ箱を市内16ヵ所に設置しました。個人にコンポストなどでの堆肥化を委ねるのではなく、市が堆肥化を一括して行おうとするのには、野生動物と共存するバンフならではの事情がありました。

歯磨きもゼロウェイストに。100%自然素材、プラスチックフリーの歯磨きタブレット

歯磨き粉といえば、チューブ式を思い浮かべる人が多いのでは無いでしょうか?そんな常識を覆す、プラスチックチューブを使用しないエシカルな歯磨き粉が誕生しました。タブレット型歯磨き粉は堆肥化される素材の紙袋に入っている。従来のようにしっかりと泡立つ上、持ち運びも便利なため、災害時やキャンプ時にも役立つ。

スポンジ

10分で廃水から90%以上の油を除去するスポンジが登場。英・カナダの大学が共同研究

世界で掘削される油。しかし、水圧破砕(地下の岩体に超高圧の水を注入して、亀裂をいれる手法)

toronto-garbage-truck

集めた生ゴミから生成した天然ガスで走るゴミ収集車、トロントでまもなく実現

カナダのトロントで、収集した生ゴミを使ってゴミ収集車を走らせるという試みがまもなく始まります。集めた生ゴミは再生可能天然ガスに変換され、天然ガスでゴミ収集車が走ります。二酸化炭素排出量と廃棄物削減が期待されます。

apples

ヴィーガンかつサステナブル。リンゴの皮から作られたレザー財布コレクション

カナダのブランドSAMARAが販売する、赤や黒の美しいレザーの財布。ジュース生産の際に捨てられてしまう、リンゴの皮から作られています。ヴィーガンかつサステナブルな選択肢に注目が集まっています。

pelacases

脱プラは手元から。100%自然に還る世界初のスマホケース「Pela Case」

世界初の100%自然に還元するスマートフォンケース「Pela Case」が人気となっています。亜麻のわらを活用して作られており、不要になったら堆肥にすることが可能です。

インスピレーションは自然から。電動ボート「Tahoe-14 Electric Boat」で豊かな水辺の時間を

カナダでグラスファイバー製の電動ボート「Tahoe-14 Electric Boat」が登場しました。自然からインスピレーションを受けた軽量なボートで、音もなく自然を楽しむことができます。

ペットボトルでできた家

寿命は250年以上。61万本のペットボトルで作られたリサイクルハウス

61万2000本のペットボトルから作られた家は、カナダのノバスコシア州に建っている。通りの

持ち歩くのが恥ずかしいレジ袋

カナダのスーパー、「持ち歩くのが恥ずかしいレジ袋」でエコバック持参を促す

自然豊かなカナダでは、2021年までに段階的にビニール袋などの使い捨てプラスチックが禁止と

今日からあなたもプチ農家。自宅でオーガニック農業が簡単にできるドラム式ガーデニング装置

農業就業人口が減少し、同時に高齢化も進んでいる。農林水産省の調査によると、農業就業人口は2

車との事故を防ぐ、動物専用の橋。オランダなど世界各地で広まる

山岳地を車で走っていると、「動物注意」や「とび出し注意」と書かれた標識を見かける。うっかり

水道管の水漏れを検出するAI技術、カナダで開発進む。水のムダ、コストを削減へ

カナダのオンタリオ州にあるウォータールー大学研究チームが、街の水道管からの水漏れを検出する

家庭内暴力から子供と女性を救いだすカナダの「引っ越し集団」

虐待による、子どもの痛ましい被害が絶えない。統計によると、虐待によって死亡する子どもの数は

曇りの日も効率的に発電できる、バクテリア入りの太陽電池

クリーンエネルギーの筆頭である太陽エネルギーは現在、世界中でさまざまな技術開発が行われてい

食品廃棄を減らし、貧困層の生活も支える。カナダの「値札のないスーパー」とは?

長期海外生活を送る筆者がたびたび実感するのが、日本はきわめて美食な国だと言うことだ。和食は

夕日を背景にしたバイオ燃料工場

オーガニック廃棄物が生まれ変わる。北米初、バイオ燃料工場

化石燃料の枯渇が迫り、たとえば石油の可採年数は残り50年とも言われている。そんな中、水力や