Browse By

ライター紹介

IDEAS FOR GOOD編集部のライターをご紹介しています。


ykato
加藤 佑(かとう ゆう)。IDEAS FOR GOOD 創刊者。Harch Inc.の創業者。社会を「もっと」よくするクリエイティブなアイデアが大好き。キーワードはデザイン・アート・サステナビリティ・CSR・シェアリングエコノミー・サーキュラーエコノミー・ブロックチェーン。英国CMI認定 サステナビリティ(CSR)プラクティショナー/エストニア e-Resident(この人が書いた記事の一覧

Kimika。IDEAS FOR GOOD 編集長。南デンマークに高校留学したのち、フォルケホイスコーレ留学やコペンハーゲンのNGO勤務を経験する。4か国語をあやつり、まだ知らない場所への冒険を愛するクリエイター。関心テーマは民主主義や教育、森林と農業。(この人が書いた記事の一覧

MINOLTA DIGITAL CAMERA
富山 恵梨香(とみやま えりか)。IDEAS FOR GOOD 副編集長。パリと福島の二拠点で生活。大学卒業後はベトナムのハノイで約2年働く。その他フィリピン在住経験の他、世界20か国以上への渡航経験あり。気になるキーワードはウェルビーイング、働き方、食、新興国、経済。(この人が書いた記事の一覧

クリューガー 量子(りょうこ)。ドイツ在住。ハイデルベルク市公認ガイド。「石油を掘りたい!」と工学を学び、日本で土木技術者として働く。その後、メキシコでスペイン語を学び、日西通訳として働く。2003年に渡独。現在ラグビーに夢中な2人の男子の母。個人ブログ:ドイツ生活あいうえおこの人が書いた記事の一覧

MINOLTA DIGITAL CAMERA
Yakuta。少年時代を日本で過ごす。怖いもの見たさに単身、世界に飛び出し、各地で面白そうなことには、なんでも首を突っ込みながら今日に至る。メディア、リサーチ、マーケティング、広告、スポーツ、エンタメ、IT、クリエーティヴ系など、様々なプロジェクトに参画する傍ら、社会貢献活動にも携わる。(この人が書いた記事の一覧

kimura
木村 つぐみ(きむら つぐみ)。大学卒業後しばらく経ってから日⇔英の翻訳を始める。そして翻訳にとどまらず自分で文章を作り上げてみたいと思いライターも始める。学生時代に海外生活の経験あり。好きな文筆家はよしもとばなな、ナンシー関など。好きな言葉は「花鳥風月」。(この人が書いた記事の一覧


nagisamizuno
水野 渚(みずの なぎさ)。元国家公務員として、安全保障分野で語学力を駆使し、翻訳・通訳を始め、国家間交渉に携わる。国内では、名古屋、東京、沖縄に住み、海外ではイギリス、デンマーク留学経験の他、世界40か国以上を旅している。サステナブル、環境、海、クリエイティブ、デザイン、アート、ヘルシー、フード、シェアが気になるキーワード。現在、参加型コミュニティアートを大学院で研究中。(この人が書いた記事の一覧


Shumpei
Marico。小学生の頃に環境グループをつくって以来、環境活動がライフワーク。オーガニック食品会社や京都の環境NGOで広報・エシカル消費活動などを担当。「もっとサステナブルな世界。コミュニケーションで」をテーマにコミュニケーションデザインを行う。料理、温泉、新聞、日本酒好き。ウェブサイト:SWAVEこの人が書いた記事の一覧

ShihoMiyagi
宮木 志穂(みやぎ しほ)。大学在学中に東北ボランティア、イギリス留学を経験。被災地域の地方創生に興味を持ち、留学時は多国籍な学生を相手に復興支援イベントを企画。サステナビリティ、地方創生、難民に興味あり。(この人が書いた記事の一覧

kana-yamashita
Kana Yamashita。1年間アメリカへの交換留学経験あり。2018年4月から半年間北米に滞在し、日々の中にあるソーシャルグッドなアイデアに触れたいと考える。2019年4月からはマーケティングデザインの会社に就職予定。興味のあるキーワードは、懐かしい未来・サスティナブル・エシカルコンシューム・アフリカなど。(この人が書いた記事の一覧


kz
木原 優佳(きはら ゆうか)。大学ではメディア文化を専攻。政治、広告からおもちゃ、ファッションまで幅広い題材を通して意味の形成過程やモノの見方について学ぶ。考え方を変えられることは人間の最強の武器だと思っており、新しいアイディアや発想の仕方に触れるのが好き。(この人が書いた記事の一覧

takuminakasuji
takumiko。オーストラリアを拠点にトラベルライターとして世界を駆ける。現地に足を運び自分の体験を通して発信するスタイルが好き。牧場で動物に囲まれて暮らしたことから人間本位の世界に疑問を抱き、地球や他の生き物との共存を模索し始める。アニマルウェルフェア、エシカル消費、環境保護、サスティナビリティー、ゴミの削減などに関心あり。個人ブログ:思考の海で泳ぐ Twitter:@takumiko_comこの人が書いた記事の一覧

yukokamakura
Yuko。イギリスで開発学を学んだ後、人々の生活インフラを支える仕事がしたいとメーカーに就職。2年ほど過ごしたスペインで、社会起業家やボランティア活動家たちと出会い、取材をした経験からソーシャルライター活動の魅力に気づく。世界42か国に渡航、さらに多くの地域を旅するのが夢。ウェブサイト:Gracia Organicこの人が書いた記事の一覧

カリあすか
カリ あすか。ニューヨーク在住。パーソナルスタイリングを通して地球にも人にも優しいファッションとライフスタイルを紹介する、パーソナルスタイル コンサルタント。幼い頃から伝統的なデザインに興味をもち、ニューヨークでサステイナブルファッションに出会う。関心のあるワード: サステナビリティ、エシカル ファッション、クリーンビューティー、ゼロウェイスト、オーガニック、伝統技術、日本製。個人ブログ: Asuka.M.Style Twitter: @asuka_m_style
この人が書いた記事の一覧

曽我美穂
曽我 美穂(そが みほ)。2008年にエコライター・エディター・翻訳者として独立。雑誌やウェブサイトで編集、撮影、執筆、翻訳などをおこなっている。主なテーマはエコな暮らしやSDGs、環境問題。私生活では2009年生まれの娘と2012年生まれの息子の二児の母でもある。現在、富山県在住。ウェブサイト:曽我 美穂 Official Website
この人が書いた記事の一覧

やなぎさわまどか
やなぎさわ まどか。ライター・編集・翻訳ディレクター。神奈川県出身。ナチュラリストの母の影響により幼少時代から自家製の自然食や発酵食品を中心に育つ。高校在学中から単身海外や留学など度々の海外生活を経て、帰国後は英会話学校の運営、のちに都内のコンサルティング企業に転職するも東日本大震災を機にかねてより望んでいた農的な暮らしへと段階的にシフトする。現在は横浜から県内山間部に移り、食や環境に関する取材執筆、編集、翻訳通訳のマネジメントなど。(この人が書いた記事の一覧

Mari Kozawa
Mari Kozawa。一般社団法人TSUNAGU 理事。ウェブメディアなどでエシカルファッションや伝統的なものづくりについて発信している。現在、東京工業大学大学院にて人類学の視点で養蚕文化を研究し、持続可能なものづくりの形を探究中。Twitter:@mari_kozawa Instagram:@mari_kozawaこの人が書いた記事の一覧

ryo
Ryo Hibiya。フィンランド在住。航空レーザ計測を活用した森林管理を専門に研究を行う傍ら、GISを活用した空間分析、森林・環境分野における日英翻訳、ライターなどの仕事を行う。自分にも地球にも負荷の少ない暮らしを追求している。個人ブログ:Slowlandこの人が書いた記事の一覧

KaoriShimizu
清水 香央理(しみず かおり)。現代美術作家。学生時代に台湾に一年ほど交換留学し、アジアのアート/音楽シーンの面白さに目覚める。卒業後は東京を拠点に制作活動を行なう。作品のテーマはその土地の記憶を拾い上げ、保存していくこと。最近は哲学と社会学、都市論を勉強中。アートラボhalflaw主催。HP:shihk artworksこの人が書いた記事の一覧

Kozue Nishizaki
西崎 こずえ(にしざき こずえ)。オランダ在住サステナビリティ・スペシャリスト兼ライター。旅行、ワイン、海、太陽をこよなく愛す。得意なテーマはサーキュラーエコノミー、女性エンパワメント、インクルージョン&ダイバーシティ。地球に優しくみんなに優しい社会のヒントを模索。note:kozk0zこの人が書いた記事の一覧

KBC
KBC翻訳プロジェクト | キズキビジネスカレッジ(KBC)。うつや発達障害等で離職した方達の「もう一度働きたい」に応える、専門性の高いスキルに特化した就労移行支援事業所。「社会をもっとよくするアイデア」を発信するI4Gと「英語翻訳者やライターとしてのキャリアアップ」を目指すKBC利用者との共同作業で、翻訳記事の作成に取り組む。(この人が書いた記事の一覧

Momoko Takita
瀧田 桃子(たきた ももこ)。幼少期にアメリカやインドで約8年間過ごし、大学休学期間中には、ロサンゼルスにて貧困地域の小学生に算数や和食育を教えるNPOの活動に携わる。ヨーロッパ旅行で現地の人との交流をきっかけに人と環境に優しい社会に関心を持つ。 興味のあるキーワードはサーキュラーエコノミー、ウェルビーイング、食、教育、デザイン(この人が書いた記事の一覧

Megumi Ito
Megumi。京都生まれ、東京育ち。ロンドン在住。大学院までは都市社会学を専攻、シンガポールを対象にフィールドワークを実施する。大都市での人々の生活と緑の関わりを引き続き探求中。好物は、コーヒー、広東料理、香りもの。(この人が書いた記事の一覧

Tomoko Ito
伊藤 智子(いとう ともこ)。自然に囲まれた暮らしをするため、大阪から海辺に移住。好奇心旺盛で、知らない人と話したり未知の場所へ旅したりすることが好き。人、動物、自然……すべての生態系を大切にしながら、一人ひとりが輝ける世界をつくることが夢。目標は、自給自足生活。関心テーマは、伝統文化、食、コミュニティづくり、発酵、対話、難民など。(この人が書いた記事の一覧

Motomi Souma
相馬 素美(そうま もとみ)。横浜で生まれ、大学ではクラシック音楽を専門に学ぶ。ヨーロッパのサステナブルな取り組みや、サーキュラーエコノミーへの関心が特に高い。また、ソーシャルグッドな音楽ビジネスの可能性を研究中。好きなものは、音楽全般、アート、ファッション、北海道、アボカド、チョコレート、日本酒。(この人が書いた記事の一覧

佐々木 あみ(ささき あみ)。高校生の頃から女性の働きづらさに疑問を抱き、ワークライフバランスを学びにスウェーデンに8ヶ月留学。現地で独自に調査を行う。欧州の環境問題への意識の高さからサステナビリティにも関心を抱き、大学では国際環境政治を専攻。海の見える高台が好き。(この人が書いた記事の一覧

一般社団法人サステナブル・ビジネス・ハブのロゴ
一般社団法人サステナブル・ビジネス・ハブ。日本がこれまで培ってきた100年、1,000年と長期にわたって持続・循環する仕組みからの学びを抽出し、現代社会に応用していくことで、持続・循環可能なビジネスの仕組みを現代に構築していくための人的・知的・国際的なハブとして機能させることを目指す。


室井梨那(むろい りな)。幼い頃から自然食やエコな暮らしに興味を持ち、学生時代には日本の伝統食を学ぶ。その後アメリカで1年間を過ごし、帰国後は地元横浜から日本のサステナビリティを国内外に向けて発信している。Twitter:@rinajp7この人が書いた記事の一覧

秀島 真奈(ひでしま まな)。サステナビリティ×金融の融合を目指し、ハンブルク大学修士課程留学中の日系銀行員。DAAD奨学生。ドイツのサステナビリティ情報を現地目線で届ける。キーワードは、サステナブルファイナンス、企業倫理、ヴィーガン、ローカリゼーション、シェアリングエコノミー。(この人が書いた記事の一覧

玉木 春那(たまき はるな)。「食とサステナビリティ」を軸に活動中。大量生産・消費・廃棄の社会への違和感から、フードロスに関心を持つ。ヨーロッパ渡航を経て、サステナブルな食が増えるよう、イベント企画運営や発信を行う。(この人が書いた記事の一覧

飯塚 彩子(いいづか あやこ)「How do you live?」をコンセプトに、これからの住み方・暮らし方・旅の仕方・生き方を問うHarchのメディアLivhubの企画・運営・編集を担当。サステナブルツーリズム、マルチハビテーション、都市のあり方などが関心テーマ。趣味は茶道と本屋滞在。余白のある表現が好き。(この人が書いた記事の一覧

Ayaka Toba。記者、雑誌編集者を経て、フリーの編集者・ライターとして活動。旅先のネパールでごみ問題に興味を持って以降、SDGs関連のトピックスを扱う。気になるテーマは、パーマカルチャー、水資源、環境法。(この人が書いた記事の一覧

小松航大
小松 航大(こまつ こうだい)。1998年香川生まれ地球育ちのHuman being 。20歳の時に1年間かけて世界中のスラム街を巡り、現地の学校で日本語教師の活動を行う(主に中東、アフリカ、南米)。現在はアフリカでのソーシャルビジネス立ち上げに奮闘中。東京でアフリカンなシェアハウス立ち上げ。好きなものは現代アートと小説。好きなうどんはぶっかけうどん。78億人と友達になりたい。
Twitter : @Jam_Obasan__この人が書いた記事の一覧

佐藤 伶(さとう れい)。1995年生まれのライター・編集者。RIDE MEDIA&DESIGNにてWEBマガジンの編集を経験した後フリーランスへ。現在は社会課題に特化したPR会社morning after cutting my hairに所属しながら、物書き・編集・PRを担当。人の生きづらさに関心が高く、現在心の勉強中。(この人が書いた記事の一覧

高野 優海(たかの ゆうみ)。大学在学中に1年間、ベトナムの現地企業でライターの仕事を経験。卒業後、人材系ベンチャーにて企業の採用支援に従事したのち、栃木県の非電化工房に弟子入り。有機農業やセルフビルドを中心に、様々な自給自足の術を学ぶ。現在はライター業や行商古本屋など、複数のナリワイを掛け持ちして暮らす。(この人が書いた記事の一覧

市川 美加(いちかわ みか)。佐賀県唐津市出身。大学卒業後、イギリスの大学院に進学し、サステナビリティで修士号を取得。財団法人でのファンドレイズ、IT企業でのブランドマネジメントに従事した後、2016年から5年間サンフランシスコで生活し、現地のサステナブルな情報を配信。関心のあるワード:サステナビリティ/エシカル/サステナブルファッション/クリーンビューティー/フェアトレード/オーガニック好き:食べること/飲むこと(国際利き酒師の資格保有)/ネコ。note:sustips Twitter:@sustips1この人が書いた記事の一覧

能勢 奈那(のせ なな)。イラストレーター兼ライター。大学時代に戦時下を生きた人々の死生観を研究。命の循環や歴史の捉え方に関心が高く、現在はドイツの歴史教育に注目をしている。また、柔らかいイラストと文章でさまざまな社会課題にポジティブにコミットできるコンテンツprayerを発信中。趣味は映画鑑賞と手紙を書くこと。Twitter:@_musenaこの人が書いた記事の一覧

シラクマ。webメディアを中心に活動するライター兼コーヒーロースター。大学では言語学を専攻し、在学中にノルウェーとニュージーランドに留学。その土地の文化に根付いた言語を学ぶうちに、自然と共存する多様なライフスタイルについても興味を持つようになる。Twitter:@mshrnkdmこの人が書いた記事の一覧

古賀 瞳(こが ひとみ)。愛知県出身、千葉県在住のフリーライター兼駄菓子屋店長。留学や世界一周の経験から環境問題に興味を持つようになる。人にも環境にもなるべく負担をかけない暮らしを実践中。得意分野は、ゼロウェイスト、アニマルウェルフェア、伝統文化、地方創生など。旅と読書、高い場所が好き。Twitter:@kinoko_tabi115この人が書いた記事の一覧

田島 奈津美(たじま なつみ)。大学で国際関係論と環境学を学ぶ。在学中にオーストラリアに留学したことがきっかけで、自然と共存したライフスタイルに興味を持つ。旅が好き。関心のあるキーワードはエシカル消費、ウェルビーイング、食、自然、アート、デザイン。(この人が書いた記事の一覧

Akiko Okazaki。福岡・糸島在住のライター。社会人を経て大学院で教育学を専攻。戦後教育の研究者でもある。教育、政治、環境、歴史、思想、ジェンダー、労働、健康…と幅広いテーマを鋭い視点から切り込みたい。文章の力で社会をちょっとずつ変えていけると信じている。Twitter: @okazaki_akikoxこの人が書いた記事の一覧

丸山 勝己(まるやま かつき)。資産運用会社のサステナビリティ担当。世界のESG投資の潮流にもまれながら、いったい何が本当にサステナブルな社会の実現に役立つのか頭を悩ませる日々。仕事でもプライベートでも大切なのは「自分は何を知らないかを知ること」。そのために、2022年4月に一念発起してIDEAS FOR GOODのライターとして活動開始。(この人が書いた記事の一覧

清水 淳史(しみず あつし)。高専の建築学科を卒業後、大学から院にかけて情報編集デザインを学ぶ。修士論文では、江戸から明治にかけてメディアが拡散した病と俗信について研究し、瓦版と妖怪におぼれる日々を過ごす。好きなミュージシャンはエレファントカシマシ。クラウトロックとコーヒーゼリーが好物。(この人が書いた記事の一覧

中野 晶(なかの あき)。ロンドン在住。男女賃金差を埋めるための給与交渉カードゲームを作っている。キーワードは、サステナビリティ、男女平等、ソーシャルデザイン。モットーは、「返事をするためにではなく、理解するために聞く」。イギリスの大学院で勉強しながら、これから何をしようか検討中。(この人が書いた記事の一覧

FacebookTwitter