Tag Archives: リユース

SodaStreamが挑む、国境と組織を越えたプラスチックとの戦い

2万本。このペットボトルの数がどのくらいの期間で世界で捨てられているかご存じだろうか。 答

本と子供

「本をあげるからペットボトルとアルミ缶を持ってきて」イタリアの書店が提案、子供と地球がよろこぶ読書支援

イタリアのとある書店のオーナーが、環境を守りながら地域の子供たちを支援する、画期的な取り組

ラッシュジャパンとバリューブックスの事例から考える、サステナブルな企業文化を育てる秘訣とは?

ゴミ処理や労働環境など、企業で働いていると、社会的な問題に直面する機会があるだろう。しかし

ガラスカップに入ったラテ

アイルランド初の完全プラスチックフリー。サステナブルランク上位大学の学生が始めた「Bio Green Café」

プラスチックは、酸素や水分を通しにくい、食品衛生を保つのに適した素材だ。その上、加工しやす

ダウンジャケット

要らない羽毛製品は「持ち込もう」誰でもリサイクルに参加できる“Green Down Project”

季節の変わり目には、不用品を整理する方も多いのではないだろうか。もし、その中に羽毛の布団や

買わずに借りるジーンズ?1年後に返すと素材が再利用されるMUD Jeans

カジュアルな普段着として活躍するジーンズだが、それを作るのに環境へ相当な負荷がかかることを

米国のスタートアップ Vessel Works、カフェでステンレスマグの無料貸し出しを開始

通勤途中にカフェでコーヒーを買い、紙カップを片手に出勤…… 。そんな日常のありふれた光景が

いらない歯ブラシを再利用。英コルゲート社の市民参加型リサイクルプログラム

歯ブラシの世界的大手コルゲート社が、TerraCycle社と共同で、使用済み歯ブラシや歯磨

ペットボトルよさようなら。英国テスコ、水の販売もアルミ缶にシフト

海洋に流れ着くプラスチックごみは、年間約800万トンと言われる。プラスチックは海洋生物への

廃棄予定の機内食を必要な人に届ける、オーストラリアの非営利団体

長距離フライトに搭乗する際は、飲食に事欠く心配はない。それは、機内の行動範囲や物資の調達が

ウェールズの学生が開発する、エシカルで再利用できる竹のおむつ

誰もが赤ちゃんの時に使うおむつ。そのおむつが環境に与える影響について考えたことはあるだろう

ペダルをこいで自家発電。地球にも健康にも良いフィットネスジムがロンドンに誕生

私たちみんなの願いである健康。健康を保つには、適度な運動をして丈夫な体をつくること、そして

廃工場が低炭素のカルチャーセンターに変わる、中国の再開発プロジェクト

かつて世界の工場と言われた中国。近年は飛躍的な経済発展を遂げ、世界の一大消費地へと変貌して

傘のシェアリングサービス「アイカサ」が目指す、幸せな循環型社会

急な雨が降ってきた。家に何本も傘があるのにこういう時に限って持ってきておらず、どこかで買う

湖の上に住もう。周りの水まできれいにしてくれるエコハウス

湖に浮かぶ、美しい家。まるで、水の上で息をしているようだ。 この家は、米シアトルに住む建築

はじまりはもったいない精神から。トルコの廃棄予定の本を集めた図書館

「もったいない(Mottainai)」という日本語が世界に注目されて久しい。ノーベル平和賞