Browse By

オンラインで買える、国内のエシカルファッションブランド15選

エシカルファッション
近年注目される「エシカルファッション」や「サステナブルファッション」。わかりやすく言うと、衣服づくりの過程で地球環境や動物の権利をまもり、労働者の生活もしっかりと保障するなど、環境・社会に配慮したファッションだ。私たちが長く、大切に着られるものばかりを揃えている。

「身近にそんなファッションを見つけられないだろうか。」「日本国内では毎年約100万トンの衣服が捨てられるなかで、少しでも社会がよくなるエシカルな買い物ができないだろうか。」そんなことを思う人のために、オンラインで買える、日本発のエシカル・サステナブルファッションブランドを15つ紹介する。

本記事で紹介するブランドは、以下の基準で選んでいる。

  • 見せかけだけの「エシカル」ファッションを謳わない
  • 水やエネルギーなどの環境資源を最小限に抑えた製品開発をしている
  • 生産者・労働者の賃金や労働環境を守っている
  • オーガニックコットンを使用している
  • 過剰包装をしない
  • フェアトレード認証を受けている
  • 動物の権利を守っている(毛皮の代わりに植物性の素材を使うなど)
  • サプライチェーンを透明化しており、消費者にも報告している
  • 耐久性があり、長く使えるスローファッションである

日本国内で買えるエシカルなファッションブランド15選

01. People Tree(ピープルツリー)

オーガニックコットンを使用した着心地の良いエシカルファッションで知られる。手作りのコットンでつくった服を通して開発途上国の自立を支援。服のほかにも、チョコレートやコーヒーなどのフェアトレード食品などを販売している。

【公式サイト】ピープルツリー

02. tennen(てんねん)

「ゴミを出さない、生まない、服づくり」をコンセプトとしている。生地からボタン、縫い糸すべてに天然素材をつかい、土に還る衣服を販売。草木染めや藍染めなどをし、服を染める過程でも環境を汚さない。

【公式サイト】tennen

03. Enter the E(エンター・ジ・イー)

ブランドではなく、人や環境に配慮した「エシカル・サステナブル・フェアトレード」を基準にさまざまなブランドから厳選した衣服を販売しているセレクトショップ。幅広いデザインや価格のものを集め、一か所に集めることで人々の「知る機会」を増やしている。

【関連記事】サステナブルな服が当たり前になる社会を目指す。エシカルファッションブランド「Enter the E」
【公式サイト】Enter the E

04. CASA FLINE(カーサフライン)

一つひとつの商品にはART性(メッセージ)があるとして、商品の説明だけでなくその背後にあるストーリーも伝えているストア。オリジナル製品は、オーガニック素材、ローカルメイド、リユースまたはアップサイクル、そしてクラフトマンシップ(伝統技術)のいずれかを取り入れたものを厳選している。

【公式サイト】CASA FLINE

05. ashuhari(アシュハリ)

「オトナの女性に響く自然体で飾らない日常に溶け込む服。+ モノ・コトの循環を生み出す習慣」をテーマとしたレディースファッションブランド。素材にはこだわっており、土に還る(生分解する)素材や、職人の技術により長く使える素材を利用している。

【公式サイト】ashuhari

06. シサム工房

「お買い物とは、どんな社会に一票を投じるかということ」シサム工房(sisam FAIR TRADE+design)は、フェアトレードのファッションストア。東南アジアの生産現場に商品開発力と販売力をつけるという意思を持ち、ナチュラルテイストの服を販売している。

【公式サイト】シサム工房

07. 宝島染公(たからじませんこう)

宝島染公は、今では貴重になった藍染めや、草木染、墨染など、天然染料100%を使用した伝統の染色技術・加工でつくる藍染の靴下やストールを販売している。レディースだけでなくメンズの服も展開している。

【公式サイト】宝島染工

08. TSU.NA.GU(つなぐ)

伝統技術やオーガニック素材を使用。受注してから生産するため、在庫のロスや無駄が発生しない仕組みとなっている。また、洋服の材料費や縫製費、デザイン料、輸送量など、具体的な価格を公表しているので製品づくりの背景を知ることができる。

【関連記事】大量消費に替わるクラフティビズム。草木染めから見直すファッションとの付き合い方
【公式サイト】TSU.NA.GU

09. AYANOHAKURA(あやのはくら)

AYANOHAKURAは、洗濯時に海に流れ込むマイクロプラスチックを問題視し、「洗濯いらず」のファッションを実現するブランド。欧州のReacH(健康と環境保護のために化学・有害物質を規制する審査)やOECO-TEX(体に有害な物質を規制する審査)などの厳格な審査を通ったコットンのみを使用している。

【公式サイト】AYANOHAKURA

10. Liv:ra(リブラ)

オーガニックコットンを使用したエシカルランジェリーブランドで、主に女性用下着を販売。化学染料ではなく、京都の職人による「新万葉染め」という伝統の草木染め技術を使用している。

【関連記事】「見える距離感」で本質的な「エシカル」を目指す。草木染めランジェリーブランドLiv:ra
【公式サイト】Liv:ra

11. UNDERSON UNDERSON(アンダーソン・アンダーソン)

肌と環境にやさしいブランド。販売するルームウェアやアンダーウェアのうち、肌に触れる部分の99.9%が和紙でできており、合成化学染料やシリコンなど、添加剤は使っていない。1500年もの昔から続く伝統素材である和紙と、最新技術の新しい組み合わせ。

【公式サイト】UNDERSON UNDERSON

12. PRESTINE(プリスティン)

PRESTINEは、オーガニックコットンの原綿を輸入し、糸・生地・製品までを一貫して企画・製造・販売するインナーウェアブランド。一部の商品にQRコード付のタグがついており、そのQRコードから素材の生産から製造、輸送などのものづくりのストーリーを見ることができる。

【公式サイト】PRESTIN

13. 兆-KIZASI-(きざし)

ヴィジュアル系エシカルアーティストの兆-kizasi-氏が立ち上げたネオエシカルファッションブランド「兆-KIZASI- MADE WITH JAPAN」は、音楽やアートなどのエンターテインメント、そしてファッションを通してエシカルなアクションを起こしている。原糸の段階でオーガニック認証を取得したインド産オーガニックコットン「bioRe Cotton」を100%使用し、ミシン糸にもアメリカ産スーピマオーガニックコットン(アメリカ南西部で採れる超長綿を使った高級コットン)を使用している。

【関連記事】音楽とファッションを社会貢献のきっかけに。ヴィジュアル系エシカルブランド「​兆-KIZASI-」
【公式サイト】兆-KIZASI- MADE WITH JAPAN

14. EQUALAND(イコーランド)


EQUALAND TRUST FASHIONは、名前の通り「ファッションの信用」をテーマとしたブランド展開を行う。伝統技術を活かしたエシカル素材を使用。販売される衣服には「信用タグ」が付いており、綿花生産者から製造業者、デザイナーなど、衣服づくりにかかわるすべての人の自署署名が印刷されている。

【公式サイト】EQUALAND TRUST FASHION

15. LOVST-TOKYO(ラヴィストトーキョー)

カバンやシューズなど、すべてのコレクションにおいて、非動物性レザーを用いたヴィーガンファッションを提唱するLOVST-TOKYO。名前には、「愛をもって、ヴィーガンファーストを提案していく(“LO”VE + “V”EGAN + FIR “ST”)」という意味が込められている。

【公式サイト】LOVST-TOKYO

まとめ

ファッションは、人が生活を送る上で、さまざまな役割を果たしている。しかし今では、必要以上の商品が消費され、まだ着られるのに捨てられる服が多くあるのが実情だ。アパレル業界は流行を作り出し、次々と新商品を投入し、安い値段で消費者の購買意欲を焚きつける。

服を買うときには、できるだけサステナブルなものを選んでいきたい。そのために、デザインや肌ざわりだけでなく「オーガニックコットンを使っているか」「環境配慮がされているか」などの新たな視点を加えて選んでいくといいだろう。

【関連記事】今日からできる、ファッションをもっとサステナブルにする50のヒント

FacebookTwitter