NYのアーティストが考えた、温暖化を可視化するARアプリ「After Ice」

今、世界が直面している最も深刻かつメジャーな社会課題の一つが「地球温暖化」だ。誰しもが一度

カード決済するたびに、その消費のエシカル度が分かるモバイルアプリ

ソーシャルメディアの普及により個人の発信力が高まる中、私たち消費者は企業に対してかつてない

ロンドン発、「歩く」を楽しくするコミュニティアプリ「Go Jauntly」

家事や仕事の自動化が進み、交通手段も発達している現代では、人々の運動量は大きく低下している

自転車通勤をもっと快適に。オランダ発、赤信号のタイミングを事前に教えてくれるマシン

環境先進国として知られるオランダは、自転車大国としても有名で、その保有台数は世界一を誇る。

ホテルが宿泊客を逆レビュー。評価経済時代の新しいおもてなしの形「Art Series Hotel」

オーストラリアのギャラクシーリサーチが実施したホテル宿泊客の行動に関する調査結果は、とても

美しい女性とは?画像の検索結果をハックして女性美を問い直すDoveのキャンペーン

あなたは「美しい女性」と言われたら、どのようなイメージを頭に思い浮かべるだろうか。人によっ

カナダのトロント発、「モノの図書館」が実現するシェアリングエコノミー

いま、世界では大量生産・大量消費型の経済システムに代わる持続可能なシステムとして「シェアリ

アプリの力で食料廃棄と飢餓を撲滅。Googleも出資する「MealConnect」

世界中の人々が地球環境について考える4月22日の「アースデイ(地球の日)」に合わせて、アメ

ぼくもわたしも配達係。ドイツ生まれの環境に優しいソーシャルデリバリー「TiMMi」

今日の私たちの生活に必要不可欠となっているのが、いつも迅速に荷物を届けてくれる便利な配送サ

ネズミが地雷を駆逐する。においで危険を察知するHeroRAT

現在、世界では60以上もの国が未だに地雷やその他爆発性物質の危険にさらされている。地雷の存

失敗は成功の母。失敗作だけを集めたスウェーデンの美術館「The Museum of Failure」

私たちの生活には過去に生まれた数えきれないほど多くのイノベーションが深く関わっており、様々

テクノロジー業界に多様性を。自閉症者のためのプログラミングスクール「Coding Autism」

精神発達障害のひとつである自閉症にかかっている人は、特に雇用の面で困難にぶつかることが多い

社員の健康と収入アップを両立。自動車に乗れば乗るほど手当がもらえるアプリ「ByCycling」

IDEAS FOR GOODでは以前にも自転車に乗ったぶんだけショッピングが割引になるドイ

中古車を売って電動自転車を買う。環境にもお財布にも優しいトレードプログラム

大気汚染や環境破壊に対する懸念が高まっている昨今では、世界中の都市で環境への配慮を理由に自

空気をキレイにする看板。米トヨタ「ミライ」のエコなプロモーション

公共の交通機関とは違って、時間帯や距離に関わらず自分の思い通りに移動ができる自動車は、今や

スポーツを応援するようにNPOを支援する。寄付を促すゲーミフィケーション

スポーツは感動と興奮で人々を虜にする。勝つか負けるかの真剣勝負に人々は注目し、とりわけトー