「肌荒れを解決したい!」旅を愛する女性が、自分と自然に良いコスメをつくったワケ

人々の永遠のテーマである「美」。太古の昔から、多くの女性、そして男性までもが美を求めてさ

曇りの日も効率的に発電できる、バクテリア入りの太陽電池

クリーンエネルギーの筆頭である太陽エネルギーは現在、世界中でさまざまな技術開発が行われてい

インドのイエスバンク、SDGs活動に融資できる「グリーン・フューチャー預金」を開発

世界には、実に数多くの課題がある。人々が幸せに暮らすために、国連(UN)は、貧困の撲滅、質

むくみを防いで「慢性静脈不全」を治療する、イスラエルのスマートソックス

夕方になると、足がむくんで靴が履けない。靴下のあとが取れないほどむくんでしまった。長時間同

世界初、エネルギーもヴィーガンに。イギリス生まれの電力供給

イギリスの電力会社Ecotricityが、世界初となる「ヴィーガン」での電力供給を開始した

すべてはピザ配達のため?ドミノピザのユニークな道路舗装キャンペーン

ファストフードを買って帰宅する途中、凸凹道で車が揺れ、食べ物が大惨事に…… 。このような経

アウディのブリュッセル工場、自動車業界初の「CO2排出ゼロ」認定へ

世界的大手自動車メーカー、アウディのブリュッセル工場が、ベルギーの認証機関Vinçotte

感動だけで終わらせない。アクションを起こし臓器ドナーを増やす映画『Corazón』

米国では臓器提供不足のため、毎日22人が亡くなっているという。日本も人ごとではない。100

スウェーデン初。LGBTを歓迎するインクルーシブなスポーツスタジアムが誕生

スウェーデンの首都ストックホルムから、北に数十キロ進んだ場所にある都市ウプサラ。学生の街で

ケニア国民一人ひとりを観光大使に!テクノロジーを用いたケニア観光局の新しい挑戦

アフリカの東に位置するケニア。新しい文化と伝統的な文化が織り交ざった近代的な国だ。最新のI

コウモリに優しい街づくりを。オランダに誕生した街路灯と、ドイツのクリスマスマーケット

あなたはコウモリと聞いて、何を想像するだろうか。暗闇や、吸血鬼は少し古いかもしれないが、感

目印は木のマーク。毎日の暮らしを通じて森をまもろう。スタバ、イケアら7社が共同で宣言

学校でノートを開いて勉強し、カフェでコーヒーを飲み、コンビニで日用品を買い足す。こうしたあ

ファッションからプライドを取り戻す。移民の子供のアイデンティティが織りだすブランド

この質問にあなたはなんと答えるだろう。「あなたは日本人だろうか?もしそうならば、あなたはな

大人数での会話にも対応。聴覚障害者も含め人をつなぐマイクロフォン

耳が聴こえない人になにかを伝えたいとき、あなたならどうするだろう。 筆談や手話、最近なら音

勉強に集中すれば、ごほうび。ノルウェー発、スマホ依存症の学生のためのアプリが登場

いまや、私たちの生活になくてはならない存在となったスマートフォン。日々進化するその性能と、

これからのスタンダードは日本発。石灰石を使った、紙とプラの新素材LIMEX

私たちの生活に欠かせないものの一つである、紙。ゆっくりと本を読んだり、会議での資料に使った

サッカーとの出会いが人を変える。ストリートチルドレンが活躍する「もう1つのW杯」

全世界を熱狂の渦に巻き込んでいる、ロシアワールドカップ。国も人種も、宗教や話す言語だって違

ケニアの中小企業の心強い味方。IBMが支援する、ブロックチェーン活用の少額融資サービス

「非公式な経済」というと、どんなことを連想するだろうか。日本では、戦後の闇市などが連想され

日本発「洗って読める絵本」子供たちの健康な未来をつくる手洗いを啓発

発展途上国では、現在でも毎日6000人の子ども達が感染症によってその未来を奪われている。感

食糧廃棄を減らし、貧困層の生活も支える。カナダの「値札のないスーパー」とは?

長期海外生活を送る筆者がたびたび実感するのが、日本はきわめて美食な国だと言うことだ。和食は