Tag Archives: 大気汚染×テクノロジー

車のドライバーも助かるエコ施策

車を「停めない」ことで報酬がもらえるドイツの駐車場

ドイツ南部の都市ミュンヘンで、気候変動と大気汚染の問題に取り組むユニークな実験が行われています。市内のConnexビジネスセンターを中心に、市内の駐車場を普段から使用しているドライバーに向けたダイナミックプライシング(需要にあわせて価格を変動させること)が始まったのです。今回の取り組みは、スマホアプリで市内の駐車スペースの空き状況を確認するドライバーが、目的地から遠く離れた駐車スペースを使う場合はデジタル通貨が付与され、普段駐車場を使う人が駐車スペース自体をまったく使わなかった場合は、1分ごとにデジタル通貨、または無料・低コストで公共交通機関が使えるクーポンをスマホに送信してくれる仕組みとなっています。

東アフリカのバイク事情

ルワンダでは「電気バイク」に注目。環境汚染だけでなくバイタク運転手の低賃金問題を解決へ

東アフリカでよく利用される交通手段、MOTO(バイクタクシー)。しかしバイクの排出する温室

自転車通勤をもっと快適に。オランダ発、赤信号のタイミングを事前に教えてくれるマシン

環境先進国として知られるオランダは、自転車大国としても有名で、その保有台数は世界一を誇る。

空気をキレイにする看板。米トヨタ「ミライ」のエコなプロモーション

公共の交通機関とは違って、時間帯や距離に関わらず自分の思い通りに移動ができる自動車は、今や

イスラエル発、電気自動車が走りながらワイヤレス充電できる道路

世界中で気候変動や大気汚染に対する懸念が高まるなか、地球に優しい未来の交通手段としてテスラ

パリ発、大気汚染の状況をリアルタイムに教えてくれるお洒落スカーフ

ある日、のちに「Wair」の設立者となるキャロラインがパリの街をいつものように自転車に乗っ