Daily Archives: 2020年9月30日

ドイツの美術大学が「何もしない学生」に奨学金を提供する理由

私たちはむしろ他者への影響を抑えるために、行動を止めてもいいのではないでしょうか。このような仮説のもと、ドイツのハンブルク美術大学は「何もしない学生」3人に、それぞれ1900ドル(約20万円)の奨学金を与えます。奨学金の申込受付は2020年8月に始まり、9月15日に締め切られました。説得力のある怠惰なアイデアを持つ者なら、誰でも申し込むことができました。

「安全な水」のための建築アイデア。ケニア発、竹とプラスチックの水道センター

赤道直下に位置する国、ケニアの人口は4,500万人。そのうち40%の人が清潔な水の確保が困難な状態であり、しばしば水道管から漏れた水がコレラなどの病気を引き起こす。川への水汲みに毎日2時間ほどかける人もいるが、その川の水は清潔だとは言い難い。
水の確保が不安定な地域の生活水準を改善するべく、ケニアに本拠を置くデザイン事務所BellTowerは、水資源センターユニット「Open Source Communities」を設計した。オープンソースを使って設計されたこの施設は、レクサスが主催する「LEXUS DESIGN AWARD 2020」で、世界各国からの応募2,042点の中からグランプリに選ばれた。
地元で調達できる竹と、丈夫でリサイクル可能なプラスチックからつくられ、防水性と断熱性に優れ、ソーラーパネルが設置された外側の屋根は日射しを最大限に活用し、雨水を効率的に集めるために30度の傾斜で固定されている。内側の屋根は傾きを調整でき、光や風を建物内にうまく取り込める。
ケニアの年間降水量は1,000ミリリットルで、汚水は砂を入れて容器で水をろ過する浄水装置を使用すると、ウイルスを86%死滅させ、バクテリアを99%除去できる。
このユニットの建設が実現すれば、子どもや妊婦の死亡率、病気に苦しむ人が減るといわれる。地域で調達できる材料で安全な水資源の確保を実現する「Open Source Communities」。サステナビリティに主眼をおきながら経済的効果ももたらす。まさにデザインが社会を変える力を持つことが実感できるプロジェクトだ。