たった5分で準備完了!イタリア発、電気いらずの未来型エコヒーター

今、世界では必要最小限のものしか持たない究極のライフスタイル、「ミニマルライフ」が注目され

バーバリーが売れ残り商品焼却を廃止へ。“真の高級ブランド”目指す

小売業界全体で広く行われている、余剰在庫の廃棄及び焼却処分。「新品なのになぜ捨ててしまうの

若者よ、電気自動車で走ろう。フォルクスワーゲンの新たなシェアサービス「We Share」

自動車の世界シェアNo.1を誇るフォルクスワーゲンが、ドイツの首都ベルリンで2,000台の

フランスが18歳の文化活動のため、アプリで6万円支給。あなたならどう使う?

ニューヨーク市が行う、図書館カードを持つ人を対象に文化施設の入場料を無料にするプログラムを

自閉症児の不安を軽減する、表情豊かなソーシャルロボット

自閉症を持つ人は、世界に約2,170万人いるといわれる。これは、1000人あたり1~2人と

このままじゃハワイ語が世界から消える?少数言語を救う学習アプリ「Drops」

「Alloha(アロハ)」というハワイでの挨拶は、あまりにも有名だ。このシンプルなひとつの

シェアリング・エコノミーの影。「つながるほど孤独になる」時代とは

1994年にジェフ・ベゾスが創業したAmazonは、私たちの買い物スタイルを大きく変革させ

世界初「Fashion for Good」を集めた体験型美術館、アムステルダムにオープン

海やBBQといったアクティブな活動がぴったりくる季節が過ぎ、だんだんと近づく秋の空気を肌で

エチオピアで発足。アフリカ初の廃棄物発電所プロジェクト

国連開発計画(UNDP)によると、エチオピアの首都アディスアベバにある36ヘクタールの広大

#2 イベントレポ『サステナブル観光立国ドイツの最新事例に学ぶ、新しい旅のカタチとは?』

「きっと旅に出たくなる、ドイツのサステナブルなお話」聞き逃した方はいらっしゃいますか? 8

オランダの港町に誕生した、海に浮かぶ酪農場

食料問題を身近な問題として考えたことがあるだろうか。今、世界の人口はますます増えている。人

世界的アーティストが共同制作。漁業の闇を訴える1分間の「美しい動画」

この動画を見てほしい。暗い夜の海辺で、華麗な衣装を身につけ舞う2人のダンサー。1分間の短い

街歩きをより安全に。視覚障害者用の「聞こえる」スマートグラス

さまざまなセンサーやカメラ、マイクなどを搭載したメガネ型ウエアラブル端末であるスマートグラ

CSVのアイデアは現場にある。MS&ADグループに学ぶサステナブルな事業のつくりかた

2015年9月、国連で2030年までの世界全体における持続可能な開発目標、通称「SDGs(

年間32億枚のゴミを無くそう。 南米初、チリで法的にビニール袋の利用を禁止

タイで死亡した鯨の胃の中に80枚もののビニール袋が発見されたニュースは私たちに衝撃を与えた

「孤育て」をコンテンツで防ぐ。母親につながりを届ける「きずなメール」

「この子は無事に生まれてくるだろうか。」「自分にしっかりと育てられるのだろうか。」はじめて