All posts by 若菜梨紗

NYをゴーストから解き放つのは君だ!都市問題を学べるモバイルゲーム「NYC Haunts」

街中を歩いていて、考えることはなんだろか。新発売のハイテク家電の広告を眺めたり、ショーウィ

その数なんと年間10億本。スタバが2020年までに全店舗でプラスチックストロー禁止へ

最近、とくに欧州をはじめとして世界各国でプラスチック禁止の波が広がっている。たとえば、イギ

これからのスタンダードは日本発。石灰石を使った、紙とプラの新素材LIMEX

私たちの生活に欠かせないものの一つである、紙。ゆっくりと本を読んだり、会議での資料に使った

世界初、点字で読み取る「時間と私のこと」視覚障害者を助けるスマートウォッチ

最近、街中でスマートウォッチを使用する人が増えてきた。歩数計機能はもちろん、ランニングをし

海藻の遺伝子を利用した青く光る街路樹が、道を照らす未来がくるか?

春の風物詩である桜の木や、秋の侘しさを漂わせるえんじ色の紅葉、毎日異なる表情を見せてくれる

BBQも楽しくエコに!ドイツで開発された、100%葉っぱのお皿

夏が近づいてきた。夏休みの定番のひとつといえば、自然の中に囲まれて、みんなでわいわい楽しむ

日本の伝統を次世代につなぐ秘訣は、先人の智慧と現代の感覚を「和える」こと

先人の智慧(ちえ)と聞いて、思い浮かぶことはなんだろうか。 普通だったら捨ててしまうような

おしゃれで美味しいのは当たり前。フィンランド発のゼロ・ウェイストなレストラン

近年、環境破壊やサステナビリティがよく話題に上がるようになってきた。そんななか、サステナブ

古代の知恵がヒント。紙と太陽光だけで、衛生的な水を

西洋最大の哲学者の一人とみなされ、多岐にわたる自然研究の業績から「万学の祖」と称される古代

自転車レーンで自転車が走っている

雨でも炎天下でもサイクリングが楽しめる、自転車専用ロードがロシアに誕生

最近では、環境への配慮から自転車通勤を推奨する取り組みが、世界中で進んでいる。たとえば、以

海の生物が描かれたエコバッグが3つ

マレーシアのスーパーで買える、海の生物が描かれた「忘れられないエコバッグ」

4月22日はアースデイ(World Earth Day)。もともとアメリカのG・ネルソン上

シェルのガソリンスタンドと車

石油大手シェル、自社製品の石油からのシフトでどこに向かうのか?

たとえば肉屋さんが、家畜を育てることは環境に悪いからといって、肉を売らなくなったら何屋さん

女の子がベッドの上で微笑んでいる

ベッドリネンを子供たちのパジャマに。ウェスティンホテルが紡ぐ優しい思い

健康的な生活を送るために必要な3要素である食事、睡眠、運動。心身の成長途中にある子供にとっ

真ん中に木が植えてあるハウス

「逆デザイン」で作る、オランダの21世紀型サステナブルハウス

環境先進国と呼ばれるオランダに、Frank Alsemaというテレビプロデューサーがいる。

夕日を背景にしたバイオ燃料工場

オーガニック廃棄物が生まれ変わる。北米初、バイオ燃料工場

化石燃料の枯渇が迫り、たとえば石油の可採年数は残り50年とも言われている。そんな中、水力や

ソーラーパネルで覆われたコペンハーゲンインターナショナルスクールの外観

自らエネルギーを生み出す、美しく輝くデンマークのインターナショナルスクール

シドニーのオペラハウスをはじめ、世界でも名高い建築大国であるデンマーク。首都コペンハーゲン

様々な色のレゴブロック

デンマーク発祥のLEGO、植物由来のサステナブルなブロックを開発

環境大国であるデンマーク。自転車や風力発電が有名だ。政府だけでなく、デンマーク生まれの大手

ファッションとサステナビリティのMOOC

世界初、「サステナブルファッション」がテーマの無料公開オンラインコース

多くの人を魅了するもの、それはファッション。シーズンごとに店頭に並ぶ新しいコレクションは私

草原の中に立つ白い冷蔵庫

インド発の電力を一切必要としない冷蔵庫「MittiCool」で、エコな暮らしを。

近年のテクノロジーの発達により、省エネ家電が次々に登場している中、インドでは電力を一切必要

オーストラリア北部特別地区出身のアーティストEmily氏がデザインしたカンタス航空の新しい機体

豪カンタス航空が機体デザインに込めた、先住民への思い

あなたは旅行で飛行機に乗るとき、何を基準に航空会社を選ぶだろうか。値段、品質、それとも口コ