真ん中に木が植えてあるハウス

「逆デザイン」で作る、オランダの21世紀型サステナブルハウス

環境先進国と呼ばれるオランダに、Frank Alsemaというテレビプロデューサーがいる。

窓に貼り付けて発電する、透明な太陽電池。“見えない”未来のエネルギー

現在、再生可能エネルギーの開発が世界中で行われている。その中でも、太陽光発電技術の進歩は目

「もっと多くの教師を支援したい。」リップルが行う、仮想通貨史上最大の寄付とは

#BestSchoolDay. ツイッターをはじめとするソーシャルメディアで、突如として現

ロンドン市長がテクノロジーの祭典「SXSW」でヘイト投稿を読み上げた理由

アメリカ・テキサス州で毎年3月に開催されるサウス・バイ・サウス・ウエスト(SXSW)。映画

本当にエシカルな鶏肉を選べる、フランス大手スーパーのブロックチェーン活用法

フェアトレードやエシカルファッションなど、生産者の持続可能性を意識した取り組みは多い。商品

傘のシェアリングサービス「アイカサ」が目指す、幸せな循環型社会

急な雨が降ってきた。家に何本も傘があるのにこういう時に限って持ってきておらず、どこかで買う

ATM操作は自分の力で。視覚障がい者のための銀行アプリ「BBVA para todos」

銀行のATMでお金を下ろす。何気ない生活の一部として、私たちはかんたんにこの動作を行える。

アスリート待望。世界初の伸縮可能な金属製ドリンクボトルが誕生

サイクリング、ジョギング 、水泳。スポーツの最中や、スポーツ後の水分補給は欠かせない。あな

食用昆虫で作る、未来のファストフード。イケアが挑む食糧危機問題

世界の諸問題の中でも、最もわかりやすく人々を苦しめているものの一つが食糧問題である。お腹が

多くの人が安全な水を飲めるように。汚染水から飲み水を作り出すポリマーマット

アメリカ・テキサス州にある、ライス大学およびナノテクノロジー飲料処理センター(NEWT)研

夕日を背景にしたバイオ燃料工場

オーガニック廃棄物が生まれ変わる。北米初、バイオ燃料工場

化石燃料の枯渇が迫り、たとえば石油の可採年数は残り50年とも言われている。そんな中、水力や

もっと健康で、スマートな働き方を。従業員一人ひとりがカスタマイズできるデスクが登場

出社したらまず、パソコンのスイッチをオン。仕事中はひたすらパソコンに向かい、メールや資料作

湖の上に住もう。周りの水まできれいにしてくれるエコハウス

湖に浮かぶ、美しい家。まるで、水の上で息をしているようだ。 この家は、米シアトルに住む建築

石油問題に一石を投じる。捨てられたTシャツから作る「BRING Tシャツ」

Tシャツほど、身近にありながら地球資源を破壊するものはないかもしれない。ポリエステルを生産

ヒップホップ×建築。自分の街のあり方と向き合う「Hip Hop Architecture Camp」

ヒップホップ(Hip Hop)は人気の音楽として、そして社会に対する意思表示の手段として親

シューズのリサイクルアイデア募集中。循環経済に向かって歩む、ナイキのコンペティション

日本でも大人気のスポーツブランドナイキ(Nike)。持続可能な社会に向かってあらゆる産業が