【まとめ】AIで社会をよくするアイデア5選

ディープラーニングの進化を背景に急速な発展を遂げたAI(artificial intell

コンテナで作られた、再利用可能なスタジアム。2022年カタールW杯

サッカーの2018年ロシアワールドカップ(W杯)の組み合わせ決定に世界が湧き、日本でもくじ

インターネットにアクセスする権利を法で定めた国、フィンランド

ライフライン、と聞いたときに私たちは何を思い浮かべるだろう。電気、ガス、水道、交通、そして

サステナブルという新しい贅沢。排ガスゼロ、ゴミゼロ、貧困ゼロのエコリゾート

フランスの建築事務所Vincent Callebaut Architecturesが、フィ

スウェーデンに建設中の、農業とオフィスが共存した高層ビル「World Food Building」

日本では少子高齢化が問題になって久しいが、世界全体で問題になっているのはむしろ人口爆発だ。

デンマーク首都コペンハーゲンの観光地ニューハン

【まとめ】「世界一幸せの国」デンマークに学ぶ、クリエイティブなアイデア5選

「世界一幸せな国」ランキングで常時上位にいる北欧の国デンマーク。最近、日本で北欧のおしゃれ

市民のゴミを3Dプリンターで公共のベンチに。オランダの循環型まちづくり

オランダの首都アムステルダムに、家庭から出るプラスチックゴミをリサイクルし、3Dプリンター

インドネシア発。地球と人に優しい、海藻でできた食べられる包装紙

インドネシアの会社Evowareが、海藻でできた食べられる包装紙を開発した。 現在、地球で

アメリカの気候変動否定に抗議するクラフトビール「Make Earth Great Again」が誕生

気候変動の影響を、普段の生活の中で感じることはどれほどあるだろうか。おそらくほとんどの人は

生ごみから調理用バイオガスをつくる。途上国の森林と貧困を救うエコサイクル装置

残飯などの生ゴミを発酵させ、そこからメタンガスを生成する技術は、今やそれほど目新しいもので

イギリス発、使い捨て紙コップのリサイクルから生まれた美しい紙「Extract」

イギリスのステーショナリーメーカーG . F Smithが、世界初の使い捨ての紙コップのリ

カールスバーグ、スウェーデンで初のカーボンフリーブルワリーを開設

IDEAS FOR GOODではこれまでにも、雨水からビールをつくる「Hemelswate

フライトの待ち時間を有意義に。空港での出会いを紡ぐSNS「WaitList」

近年、空港ではセキュリティが強化されており、荷物検査に時間がかかるため、混雑した国際空港で

石炭よりもサステナブル。H&Mの洋服が火力発電所の燃料に

スウェーデンに本拠を置くアパレル大手、H&Mで廃棄される洋服が、石炭に代わってス

LGBTQIAの人が自ら定義した、ジェンダー用語集「Gender Nation Glossary」

性別適合手術を受けて戸籍も男性から女性になった能町みね子が、テレビで「オネエタレント」と紹

世界初、ARで学べる知育テディベア「Parker」

年の瀬ももうすぐやってくる。この時期は贈り物をする機会も増えるが、子供たちへの贈り物として