Tag Archives: CO2削減

ニュージーランドから、世界で初めて個人のCO2排出量を見える化するアプリが誕生

石油や天然ガスなどの化石燃料と呼ばれるエネルギーから排出される二酸化炭素の量は年々増加して

海藻の遺伝子を利用した青く光る街路樹が、道を照らす未来がくるか?

春の風物詩である桜の木や、秋の侘しさを漂わせるえんじ色の紅葉、毎日異なる表情を見せてくれる

ペダルをこいで自家発電。地球にも健康にも良いフィットネスジムがロンドンに誕生

私たちみんなの願いである健康。健康を保つには、適度な運動をして丈夫な体をつくること、そして

より軽く、より少ない燃料で飛ぶ。エミレーツ航空が窓のない機体を発表

最新のテクノロジーを駆使した豪華な空の旅が生まれている。4月19日、アラブ首長国連邦の航空

アイスクリームを食べて地球を冷やす。ブロックチェーンを使ったカーボンオフセット

日差しが強く、コンクリートの路上で立ち尽くしていると身体の表面がとろけだしそうなほど蒸し暑

今あるCO2をいかに減らすか?ハーバード発、空気中のCO2を燃料に変える大規模プラント

いま、CO2の削減が気候変動への対策の一つとして求められている。新たなCO2排出を削減して

廃工場が低炭素のカルチャーセンターに変わる、中国の再開発プロジェクト

かつて世界の工場と言われた中国。近年は飛躍的な経済発展を遂げ、世界の一大消費地へと変貌して

人と自然だけがつながる場所。ベルギーの環境配慮型オフグリットキャビン

いつでもどこでもインターネットでつながってしまう現代。休暇中にもつい仕事のメールをチェック

地球に優しい宿泊を。ヒルトンホテルが2030年までにエコロジカル・フットプリント50%削減へ

旅と聞いて、あなたは何を想像するだろう。癒し、未知の世界の発見、人との触れ合い。そして旅に

ロシアW杯の決勝戦チケットが当たる!FIFAの炭素排出削減キャンペーン

開催が間近に迫ったサッカーの2018年ワールドカップ(以下W杯)・ロシア大会。日本代表チー

ビールの入ったジョッキが畑の真ん中に置いてある

ビールの旨さはそのまま。世界最大ブルワリーがエコな泡を製造へ

ビール。その気泡が弾けると同時に私たちの日頃の悩みやストレスも弾けさせてくれる飲み物。そん

シェルのガソリンスタンドと車

石油大手シェル、自社製品の石油からのシフトでどこに向かうのか?

たとえば肉屋さんが、家畜を育てることは環境に悪いからといって、肉を売らなくなったら何屋さん

未来の循環型社会へ。走れば走るほど空気を綺麗にする苔のタイヤ「Oxygene」

持続可能な社会に向かって、いまさまざまな産業が積極的な取り組みを行っている。ファストフード

パリのゴミ埋立地が生まれ変わる。 NYセントラルパークの5倍の広大な森林計画

フランスの首都パリが、環境保全への取り組みの一つとしてアメリカ・ニューヨークのセントラルパ

ソーラーパネルで覆われたコペンハーゲンインターナショナルスクールの外観

自らエネルギーを生み出す、美しく輝くデンマークのインターナショナルスクール

シドニーのオペラハウスをはじめ、世界でも名高い建築大国であるデンマーク。首都コペンハーゲン

様々な色のレゴブロック

デンマーク発祥のLEGO、植物由来のサステナブルなブロックを開発

環境大国であるデンマーク。自転車や風力発電が有名だ。政府だけでなく、デンマーク生まれの大手

世界初。太陽光を貯めて夜でも稼働する太陽炉「CONTISOL」

ギリシアの空気太陽分子技術研究所とドイツ宇宙センター (DLR)の研究者らが、夜も稼働でき

省エネだけでない。自らエネルギーを生み出す、北極圏にある世界初のホテル「Svart」

現在の私たちの便利な生活があるのは、化石燃料からエネルギーを生み出し産業を発展させてきたか

草原の中に立つ白い冷蔵庫

インド発の電力を一切必要としない冷蔵庫「MittiCool」で、エコな暮らしを。

近年のテクノロジーの発達により、省エネ家電が次々に登場している中、インドでは電力を一切必要

木製のミニチュアハウスの前に硬貨が積まれている

住宅ローンを組むだけでカーボンオフセットできる、世界初のグリーンモーゲージ

ソーラーパネルの設置や屋上の緑化など、エコ住宅に関心がある人も多いだろう。最近ではそういう