Tag Archives: Marketing for Good

シェルのガソリンスタンドと車

石油大手シェル、自社製品の石油からのシフトでどこに向かうのか?

たとえば肉屋さんが、家畜を育てることは環境に悪いからといって、肉を売らなくなったら何屋さん

プラスチックゴミで道路舗装。ゴミを便利なインフラに変えるガーナの取り組み

ガーナの首都アクラに本拠を置く産業加工会社NELPLASTが、プラスチックゴミを使った道路

鶏の健康をウォッチし、改善できるように。マクドナルドが取り組む動物福祉

マクドナルドといえば、世界を席巻するファストフードチェーンの帝王だ。世界中で量産し莫大な富

未来の循環型社会へ。走れば走るほど空気を綺麗にする苔のタイヤ「Oxygene」

持続可能な社会に向かって、いまさまざまな産業が積極的な取り組みを行っている。ファストフード

「世界で最もクールな大陸」を守ろう。ニュージーランド航空の機内ビデオで考える環境問題

機内安全ビデオ、と聞いて、あなたは何を思い浮かべるだろうか。「それでは皆様、快適な空の旅を

「シミなし・廃棄なし」衣料廃棄の原因を解決するSaversとユニリーバ

新しい服を着て、街へ繰り出すとき。しゃんと背筋が伸びて、自然と口元がほころぶような、あのう

ダンキンドーナツ、2020年までに発泡スチロールカップを完全廃止

現在さまざまなファストフードチェーンが、「ファストフード」の持つ不健康さや大量廃棄といった

植林がお金をつくる。毎年150億本の木が伐採される現代のビジネスチャンス

WWF(世界自然保護資金)によると、世界の森林は1分ごとに約25ヘクタール失われているとい

バレンタインに、エシカルな花束を。労働者にも地球にも優しいフラワーデリバリー

2月14日のバレンタインデーに女性から男性にチョコレートを贈る文化は日本独自のものだ。欧米

1ユーロで家を販売。イタリアにある小さな町の過疎化対策

もしも将来、外国の田舎町でのんびりと悠々自適に暮らすことを夢みているのなら、それは案外すぐ

塩で蓄電する世界最大の太陽光発電所、オーストラリアに建設予定

世界最大規模となる太陽光発電所の建設が、今年オーストラリアで始まる。建設予定地はオーストラ

民泊代はボランティアで。お金がなくても世界を旅できる「Workaway」

Ideas For Goodでは以前、フリーランサーが世界中のスタートアップ企業で働き、自

「愛のある選択」を。 難民の人々に必要なものをプレゼントできるストア

「愛のある選択(Choose Love)」は、難民の人々の生活に欠かせない物資を直接購入し

【コラム】世界で唯一、父親が母親より長く子供と過ごす国フィンランド

「生涯にわたる絆は、日常の何気ない瞬間に生まれているのです。」そう語るのは、フィンランドの

インドネシア発。地球と人に優しい、海藻でできた食べられる包装紙

インドネシアの会社Evowareが、海藻でできた食べられる包装紙を開発した。 現在、地球で

アメリカの気候変動否定に抗議するクラフトビール「Make Earth Great Again」が誕生

気候変動の影響を、普段の生活の中で感じることはどれほどあるだろうか。おそらくほとんどの人は

水は自分で入れる。プラスチックごみもCO2排出も減らせるシャンプー「Twenty」

よくよく考えてみると当たり前の話だが、シャンプーに一番多く含まれているのは水だ。試しにある

社会をもっとよくする空の旅。航空券が当たるジェットブルーのCSRキャンペーン「#CheckInForGood」

積極的にCSRに取り組んでいることで知られる米国の格安航空会社、ジェットブルー航空が、11

【インタビュー】写真を途上国の貧困解消につなげる、新しい国際支援の形とは。

今、世界中で普及率が100%を超える工業製品が何かわかるだろうか。そう、携帯電話およびスマ

環境問題を子どもに伝えるための、カーボンニュートラルでできた絵本

環境問題という難しいテーマについて小さな子供と話し合うにはどうしたら良いだろうか。次世代を