インドネシアのバイクタクシー配車アプリ「Go-Jek」、国内移民を救う

経済成長著しい東南アジアのなかでも、2.6億人の人口を抱え、毎年5%の経済成長を続けるなど

歳をとっても気持ちは若い。高齢者のグラフィティアート

グラフィティなどのストリートアートは、アウトサイダーのアートだと言われる。美術館に収蔵され

ベビーカーの高さが最も危険。乳幼児を大気汚染から守るIoTクッション「Brizi」

乳幼児を子どもに持つ親であれば、外出時のベビーカーは必須アイテムだ。しかし、外出時に子ども

インターネットに潜む危険を匂いで察知できる「Smell of Data」

人間を含む哺乳類の鼻は、身に迫る危険を敏感に察知する能力を持っている。動物は1万マイル先の

一気に1000km走行可能な5人乗りのソーラーファミリーカー「Stella Vie」

ワールド・ソーラー・チャレンジをご存じだろうか。 ワールド・ソーラー・チャレンジは、今年で

偽のバス停で「帰れる」と錯覚。認知症患者の行方不明を防止する

ドイツの養護施設Benrath Senior Center in Düsseldorfは、

自分も地球もキレイにする、廃棄物から作られたコスメ

世界では生産された食料の約3分の1が捨てられており、食料廃棄は深刻な問題だ。IDEAS F

購入前にARで家具の配置をシミュレーション。IKEAが新アプリ「IKEA Place」を発表

家具購入の際、いざ自宅に置いてみると「サイズが合わなかった」、「色がマッチしなかった」とい

【コラム】筆記は古い? iPadで受けられるかもしれないケンブリッジ大の試験

今どき手書きと言うと、「あえて」そうする面がうかがえる。熱意を見せたり温もりを伝えたり、と

努力よりもテクノロジー。ゴミを自動分別してくれるポーランドのIoTゴミ箱「bin-e」

環境負荷を減らして持続可能な社会を実現するために、私たちが日々の暮らしの中で最低限できるこ

再エネで貧困を緩和する。イギリスが公営住宅に無料でソーラーパネル設置へ

英国で戦後最悪となる70人以上の死者を出した今年6月のロンドンのグレンフェル・タワー火災で

【コラム】ペンギンの見た戦争。フォークランド諸島の硬貨に託された「羨望の念」とは?

今年4月から10月にかけて、世界的に珍しいカラー着色のコインがとある地方政府から発行されて

家具のサーキュラーエコノミーを実現するイギリスのスタートアップ「Pentatonic」

私たちが普段使用する家具には、木材やプラスチック、金属など様々な資源が使われている。そして

本は中身で選ぶもの。表紙を見せない本屋「Blind Date with a Book」

好きな作家の本であったり、何かしらの賞を受賞した本を読んだりしているだけではどうもマンネリ

ロンドン発、子供とともにサイズが成長していくサステナブルな子供服「Petit Pil」

我が子の洋服選びは親にとって楽しみのひとつだ。しかし、数ヶ月ごとに身体がぐんぐん成長する子

パラリンピックのPR動画。選手はこんなに凄かった。

2020 年と言えば東京オリンピックとパラリンピックだが、パラリンピックへの関心はいかほど

新学期や新しい環境への不安を拭い去ってくれるメッセージアプリ「Shine Text」

「9月1日問題」という言葉を聞いたことがあるだろうか。9月1日問題とは、夏休み明けの9月1

貯蓄も寄付もスマホから簡単に。「Kidfund」に託す子供たちの未来

小さな子供のいる家庭では、いずれ教育資金が必要となることがわかっていても、将来のための蓄え

銃社会アメリカで、銃を回収するスタートアップ「GunBail」

なぜ、アメリカは「銃社会」なのか?それは、アメリカという国が銃を持った民兵の働きにより独立

旅行で世界をもっとよくする。10ドルの寄付で特典がもらえるホテル予約サイト「Kind Traveler」

旅行が好きな人は多い。景色や食べ物、地元の人々との触れ合いなど、普段と異なる体験ができる旅