Tag Archives: デザイン建築

「安全な水」のための建築アイデア。ケニア発、竹とプラスチックの水道センター

赤道直下に位置する国、ケニアの人口は4,500万人。そのうち40%の人が清潔な水の確保が困難な状態であり、しばしば水道管から漏れた水がコレラなどの病気を引き起こす。川への水汲みに毎日2時間ほどかける人もいるが、その川の水は清潔だとは言い難い。
水の確保が不安定な地域の生活水準を改善するべく、ケニアに本拠を置くデザイン事務所BellTowerは、水資源センターユニット「Open Source Communities」を設計した。オープンソースを使って設計されたこの施設は、レクサスが主催する「LEXUS DESIGN AWARD 2020」で、世界各国からの応募2,042点の中からグランプリに選ばれた。
地元で調達できる竹と、丈夫でリサイクル可能なプラスチックからつくられ、防水性と断熱性に優れ、ソーラーパネルが設置された外側の屋根は日射しを最大限に活用し、雨水を効率的に集めるために30度の傾斜で固定されている。内側の屋根は傾きを調整でき、光や風を建物内にうまく取り込める。
ケニアの年間降水量は1,000ミリリットルで、汚水は砂を入れて容器で水をろ過する浄水装置を使用すると、ウイルスを86%死滅させ、バクテリアを99%除去できる。
このユニットの建設が実現すれば、子どもや妊婦の死亡率、病気に苦しむ人が減るといわれる。地域で調達できる材料で安全な水資源の確保を実現する「Open Source Communities」。サステナビリティに主眼をおきながら経済的効果ももたらす。まさにデザインが社会を変える力を持つことが実感できるプロジェクトだ。

フォレストスクール

屋上は自転車レーン。インドにできる緑に覆われた学校「Forest School」

ムンバイを拠点に活動する建築事務所の「Nudes」はプネ市に、緑に覆われた学校「Forest School」を建てます。同校は2つの円筒形の建物を連結してできており、屋上には無限大を表す記号である「∞」を模した自転車レーンが敷かれています。建物は6階建てで、高さは32メートル。各階のバルコニーに植物を置くことで、「垂直の森」のような外観になる予定です。

オフグリッドオフィス

気候変動に備える。水に浮かぶオフグリッドのオフィス、ロッテルダムに誕生

オランダは低地の国だ。国土の3分の1が干拓地であり、半分近くが堤防で囲まれた海抜ゼロメート

グリーンウォール

年間8トンのCO2を吸収。ヨーロッパ最大級のグリーンウォールを備えたホテルがロンドンにオープン予定

表面積4万平方フィートの壁に植物が広がる壁は、年間約8トンものCO2を吸収するだけではなく、6トンの酸素を生成し、ビル周辺の気温を3~5度下げると予想されています。そんなグリーンウォールを備えたホテルが、2024年にロンドンにオープンします。

Farming kindergarden

【ベトナム特集#5】世界が注目する持続可能な農業幼稚園。そのデザインに込められた、ある日本人建築家の想いとは?

絶え間なく走るバイク。大気汚染。近年、目覚ましい発展を遂げているベトナムの温室効果ガス排出

橋

古い橋をゼロエネルギーアパートに。オランダ発のサステナブルな建築デザイン

低湿地帯に位置し、国土の4分の1が海面下にあるオランダでは、川や運河が網の目のように張り巡

最高の建築デザインを民泊で味わおう。建築好きのための宿泊カタログ「PlansMatter」

家はただ雨風をしのぎ、暖をとるためだけに存在するのではない。そこには特有の体験とストーリー