Tag Archives: 健康問題

国境を越えたら自動加入?インシュアテック活用の便利な旅行保険サービス

海外旅行に出かける前は、航空券やホテルの予約、お金の両替と、することがたくさんある。なかで

「都市の緑化でメンタルヘルス向上」米ペンシルバニア大学が発表

木陰の有り難さがいつも以上に感じられる酷暑の夏。緑はわたしたちにさまざまな恩恵をもたらして

「ディスレクシア」って、知ってる?疑似体験で障害への理解を深める広告

「ディスレクシア(dyslexia)」という言葉を聞いたことがあるだろうか。ギリシャ語でデ

“Data for Good” 社会にもビジネスにもよい、企業のデータ活用のあり方とは?

インターネットや人工知能の隆盛により、ビッグデータの時代が到来した。私たちは膨大なデータに

大丈夫じゃなくても大丈夫。自殺の予防に取り組むカフェ、米シカゴにオープン

自殺は、現代社会が抱える問題の一つだ。WHO(世界保健機関)によると、自殺により命を落とす

お年寄りから若い世代へ。ユニリーバ広告が伝える「祖父の言葉」

私たちは、自分のおじいちゃん・おばあちゃんが辿ってきた人生について、どのくらい知っているだ

ウェールズの学生が開発する、エシカルで再利用できる竹のおむつ

誰もが赤ちゃんの時に使うおむつ。そのおむつが環境に与える影響について考えたことはあるだろう

むくみを防いで「慢性静脈不全」を治療する、イスラエルのスマートソックス

夕方になると、足がむくんで靴が履けない。靴下のあとが取れないほどむくんでしまった。長時間同

感動だけで終わらせない。アクションを起こし臓器ドナーを増やす映画『Corazón』

米国では臓器提供不足のため、毎日22人が亡くなっているという。日本も人ごとではない。100

勉強に集中すれば、ごほうび。ノルウェー発、スマホ依存症の学生のためのアプリが登場

いまや、私たちの生活になくてはならない存在となったスマートフォン。日々進化するその性能と、

日本発「洗って読める絵本」子供たちの健康な未来をつくる手洗いを啓発

発展途上国では、現在でも毎日6000人の子ども達が感染症によってその未来を奪われている。感

世界初、点字で読み取る「時間と私のこと」視覚障害者を助けるスマートウォッチ

最近、街中でスマートウォッチを使用する人が増えてきた。歩数計機能はもちろん、ランニングをし

将来ママになりたい人へ。安く簡単な不妊検査キットがアメリカで誕生

妊娠を望み、避妊をしていないのにも関わらず一定期間妊娠しない「不妊」。WHO(世界保健機関

ペダルをこいで自家発電。地球にも健康にも良いフィットネスジムがロンドンに誕生

私たちみんなの願いである健康。健康を保つには、適度な運動をして丈夫な体をつくること、そして

口唇口蓋裂の子供への理解を深めよう。欠けたカトラリーで食べる“スペシャルディナー”

あなたがある日、「ザ・リッツ・カールトンでのスペシャルディナー」に招待されたときのことを想

ゲームももっとインクルーシブに。手足が不自由でも簡単に使えるコントローラー

アメリカは、常に世界のさまざまな国に兵を送り出している国だ。故に、傷病兵のリハビリがいつも

スウェーデンで進む「マイクロチップ・インプラント」から考える、人とテクノロジーとの付き合い方

人類の歴史にインターネットが誕生してからおよそ50年。コンピュータ同士の接続から始まったイ

人と自然だけがつながる場所。ベルギーの環境配慮型オフグリットキャビン

いつでもどこでもインターネットでつながってしまう現代。休暇中にもつい仕事のメールをチェック

より健康な選択肢を。ロンドンが公共交通機関でのジャンクフード広告を禁止

仕事終わりの帰り道。駅のホームで、ハンバーガーの広告が目に入る。滴る肉汁、添えられたチーズ

頭髪があってもなくても着飾れるヘッドウェア、国内クラウドファンディングで展開

数年前に「頭髪のないバービー人形」というものが話題になったことがある。これは、がん患者の子