Tag Archives: 健康問題

フランス発のVR「Boarding VAR」で、乗り物酔いにさようなら

小学校の遠足で、バスに乗る前に不安げな表情で酔い止めを握りしめているクラスメートはいなかっ

エシカルなアパレル業界を実現する「Fashion for Good」アディダスと提携

人々にお洒落をする楽しみを与えてくれ、毎日の生活に彩りを加えてくれるアパレル産業が、実は水

爪に貼るだけで紫外線の浴びすぎを警告してくれるチップ。仏ロレアルが開発

年齢を重ねることは、経験が増えるという点では非常に魅力的である。しかし、一方で病気のリスク

毎日の歯磨きをもっとエコに。電気入らずの環境に優しい自動回転歯ブラシ「Be.」

誰もが習慣としている、毎日の歯磨き。あなたは電動歯ブラシを使っているだろうか、それとも手で

感染症を予防する。触るだけで手が除菌できるドア「Surfaceskins」

感染症を防ぐ一番の方法は、定期的に手の除菌をすることだ。様々な施設にアルコール消毒のための

カラスが街を綺麗にする。吸い殻を入れると餌が出る「Crowbar」

世界では毎年4.5兆本もの煙草の吸い殻が捨てられている。そして吸い殻の98%はプラスチック

誰でも簡単に組み立て可能。災害直後からすぐに使える「ほぼ紙トイレ」

地震などの災害発生時、その重要性とは裏腹に対策が後回しになりがちなのがトイレの問題だ。通常

スイスで始まった、医薬品を緊急輸送するドローン配送ネットワーク

病院は緊急の処置を必要とする患者に対して常に迅速な対応が求められる。ある施設が特定の血液型

歯磨きをもっと楽しい時間に。子供の憂鬱をゲーミフィケーションで解決

子育て中のルーティンワークとして必ずあるのが、毎日の歯磨きだ。虫歯を作らせたくないという親

ベビーカーの高さが最も危険。乳幼児を大気汚染から守るIoTクッション「Brizi」

乳幼児を子どもに持つ親であれば、外出時のベビーカーは必須アイテムだ。しかし、外出時に子ども

IBM、テクノロジーで世界の課題解決に挑む「Science for Social Good」を発足

テクノロジー大手のIBMが、世界が抱えるあらゆる社会課題に対し、人工知能(AI)やマシンラ

スローライフのお供に、ゆっくり飲める飲料ボトル

スピーディーであることに慣れると、そうであることを当然のように期待するようになる。ちょっと

進化するハーマンミラー。アプリで従業員の健康を支援してくれるスマートオフィス家具

長時間座ったまま作業するオフィスワークが健康によくないことは周知の事実だ。腰痛や肩こりなど

寝る前の電気の消し忘れを防止。15分で明かりが消える砂時計型ライト

寝る前に枕元のライトを消し忘れてうっかり一晩中つけっぱなしにしていた、という経験はないだろ

脂肪を燃やして寄付にするアプリ「Charity Diet」

世界には肥満に悩む人々がいる一方で、飢餓に苦しむ人がいる。インペリアルカレッジ・ロンドンと

ロンドン発、「歩く」を楽しくするコミュニティアプリ「Go Jauntly」

家事や仕事の自動化が進み、交通手段も発達している現代では、人々の運動量は大きく低下している

テクノロジー業界に多様性を。自閉症者のためのプログラミングスクール「Coding Autism」

精神発達障害のひとつである自閉症にかかっている人は、特に雇用の面で困難にぶつかることが多い

社員の健康と収入アップを両立。自動車に乗れば乗るほど手当がもらえるアプリ「ByCycling」

IDEAS FOR GOODでは以前にも自転車に乗ったぶんだけショッピングが割引になるドイ

すべての人に健康的な食事を。所得によって価格が変わるレストランEverytable

どこに住んでいるかによって、何を食べるかが左右される。アメリカではフルーツや野菜などの健康

生徒の代わりに登校するアバター。子どもの世界を広げ、孤独を癒す

病気のため長期間登校することができない生徒は孤独になりがちだ。外の世界と接触する機会が減る