Tag Archives: Architecture for Good

CO2を吸収して建物を強くする。MITが開発した建築材料

マサチューセッツ工科大学(MIT)が、大気中のCO2を吸収して建物を強化するポリマーを開発

香港のフレンチスクール

香港の「最もグリーンな学校」地球環境にも子供の創造力アップにも貢献

香港は中国の特別行政区で、アジアにありながら長らく英国に帰属した歴史がある。人口過密の地域

サウナ大国フィンランドの「地域のリビング」人々が集うコミュニティスペースに

フィンランドでは、人口530万人に対してなんと約200~300万個ものサウナがあるという。

ドバイの新築建物の4分の1が3Dプリントへ。雇用の場での人手不足解消目指す

日本ではいま、少子化などにより雇用の場での人手不足が起きているが、世界でも人手不足や高齢化

建物の景観を守りながらバリアフリー化する「見えないエレベーター」

バリアフリーに対する意識が高まっている現在、建物に車椅子で出入りするための設備を取り付ける

コンクリートから緑の遊歩道に。生まれ変わったソウルの高速道路

都市にはオフィス街やショッピング街などいろいろな機能が詰まっていて、新しい建物ができてにぎ

認知症患者のための「村」フランスで誕生

現代の高齢化社会で生じている問題の一つが、認知症患者の増加である。調査によると、2000年

大自然とアートの力で地方再生。新潟の生まれ変わった「光のトンネル」

あなたは、新潟県の清津峡渓谷(きよつきょうけいこく)という場所を訪れたことはあるだろうか。

データセンターの廃熱で暮らす街。ノルウェーの「スパーク」する都市計画

パソコンやスマートフォンを使っているとき、端末が熱くなって心配した経験はないだろうか。デー

「ゴミは貴重な材料」プラスチックゴミでつくる水上公園、ロッテルダムに誕生

オランダの港町ロッテルダムに、プラスチックゴミをリサイクルしてつくった140平米の水上公園

廃工場が低炭素のカルチャーセンターに変わる、中国の再開発プロジェクト

かつて世界の工場と言われた中国。近年は飛躍的な経済発展を遂げ、世界の一大消費地へと変貌して

人と自然だけがつながる場所。ベルギーの環境配慮型オフグリットキャビン

いつでもどこでもインターネットでつながってしまう現代。休暇中にもつい仕事のメールをチェック

最高の決断は、素早く行われる。ディーゼルが開発した15分限定の会議室

仕事の会議に長く時間を取られすぎている、と感じたことはないだろうか。大人数が参加するため一

コンクリートに火山灰を加えて、より強くより持続可能な未来の街づくり

マサチューセッツ工科大学研究チームは、クウェートの科学者と共同で、細かく砕いた火山灰がコン

ニューヨークの街中に現れた休憩スポット。建築とアートで持続可能性を訴える

現在、私たちの暮らす地球上には、約30兆トン以上にのぼる人工物が存在していると言われている

アルバニアの建築再生。廃美術館のピラミッドを、技術教育センターに

東ヨーロッパのバルカン半島に位置する国、アルバニア。その首都、ティラナの中心部にそびえるピ