Tag Archives: System for Good

倫理的なテクノロジーの活用を。グーグルが「AI利用原則」を発表

革新的な技術は、使い方次第で脅威にも人々を助けるものにもなりえる。原子爆弾の原理となる画期

マリナーズも賛同!プラスチックストロー削減運動に全力で取り組むシアトル

喫茶店で冷たい飲み物を注文すると、こちらが何も言わなくてもストローがもらえる。しかしこの光

1日1ドルで授業が受けられる。キャリア形成を支援する、ウォルマートの大学奨学金制度

米国では、成人の4人に1人が学生ローンを抱えている。名門の多い私立大学では、4人中3人が平

「ベーシックインカムの延長はなし」フィンランド政府が決定

2017年1月、フィンランドはベーシックインカムの試験運用を国家レベルとしてはヨーロッパで

米カリフォルニア州、新築住宅に太陽光パネル設置を義務付けへ

米国カリフォルニア州は、2020年から新築する住宅への太陽光パネル設置を義務付けることを決

ハワイでサンゴ礁に有害な日焼け止めを禁止。史上初の法案を成立へ

日差しが強さを増し、本格的な夏が近づいてきたことを感じさせる今日この頃。夏の行楽地といえば

ベルリン発、いつでもどこでも電気自動車に電気を配達する新サービス「Chargery」

「電気自動車に電気を配達する」という、新しいサービスがドイツ・ベルリンに誕生し、話題を呼ん

走るだけで電気自動車を充電する道路、スウェーデンに誕生

先日、スウェーデンの首都ストックホルム近郊で、電気自動車を運転しながら充電できる電化道路の

夕日を背景にしたバイオ燃料工場

オーガニック廃棄物が生まれ変わる。北米初、バイオ燃料工場

化石燃料の枯渇が迫り、たとえば石油の可採年数は残り50年とも言われている。そんな中、水力や

ドイツが公共交通機関を無償化か。大気汚染を食い止める本気の取り組み

ヨーロッパの中核ドイツで、切符を買うという概念がなくなる日が来るかもしれない。ドイツ連邦政

マクドナルド、2025年までにすべての包装紙をエコな資源から調達へ

世界最大のファーストフードチェーンであるマクドナルドが、2025年までにすべての食品包装紙

環境を汚さないと誓った人だけ入国可能に。パラオの世界初となる観光政策

国連世界観光機関(UNWTO)によると、世界の海外旅行者数は2016年に12億人に到達し、

ヨルダン観光の闇、動物労働に終止符を。観光客を「呼ばない」キャンペーン

中東ヨルダンのペトラ遺跡をご存知だろうか。ヨルダン観光の目玉といっても過言ではない、旧ナバ

イギリス、使い捨てコーヒーカップの有料化を検討

新年を迎え、冬もこれからが本番だ。寒い日には一杯の熱いコーヒーを飲むと体も心もポカポカして

ニューヨーク発、船長もレンタルできるボートのシェアリングサービス「Sailo」

最近では自動車や自転車のシェアリングサービスが盛んだが、車でできるのならヘリコプターや船で

無人操縦ヘリコプタータクシー、ドバイでもうすぐ試験飛行開始

ドイツの会社Volocopterが、2017年中にドバイで無人操縦ヘリコプタータクシーの試

大学キャンパスを走る無人電気バス。2018年からベルリンでテスト走行開始

ベルリン医科大学シャリテ(Charite)、ベルリン交通とベルリン州が、先日、2018年か

一歩先を行く自転車先進国のデンマーク、自転車渋滞を防ぐための電子標識を導入

デンマークの首都コペンハーゲンというと、何を思い浮かべるだろうか。カラフルな街並みのニュー

自転車通勤をもっと快適に。オランダ発、赤信号のタイミングを事前に教えてくれるマシン

環境先進国として知られるオランダは、自転車大国としても有名で、その保有台数は世界一を誇る。

ホテルが宿泊客を逆レビュー。評価経済時代の新しいおもてなしの形「Art Series Hotel」

オーストラリアのギャラクシーリサーチが実施したホテル宿泊客の行動に関する調査結果は、とても