Tag Archives: Tech for Good

食品廃棄量を50%削減。飲食店向けフードロスのモニタリングシステム

今、フードロスは世界的な問題として取り上げられているが、問題解決までの道のりはほど遠い。農

日本、アイスランド、ポルトガルに飛んでゆけ。「旅するCEO」を募集する旅行会社

CEOとは、一般的に「Chief Executive Officer」の略で、日本語では「

最新の電化製品は「買わずに借りる」!ドイツで始まった、新時代のレンタルサービス

現代に生きる私たちにとって、パソコンやスマートフォン、タブレットのような電子機器は今や必需

リビングシャワーイメージ

これ一つで「シャワー時のストレス」も「水のムダ」も解決。Livin Showerで快適バスタイムを

はやく汗を流してしまいたい。それなのに、バスルームにかけ込みシャワーのコックをひねると、出

日本初、社会貢献をブロックチェーンで可視化する「actcoin」創業者が目指す未来とは?

道端に落ちているゴミを拾ってみる。コンビニでもらったお釣りを募金箱に入れてみる。休日に地元

新しい燃料イメージ

成分の6割が水。「コスト半分、航続距離2倍、排ガスゼロ」を実現する自動車燃料が登場

イスラエルとオーストラリアのスタートアップElectriq~Global(エレクトリックグ

Unicef

ユニセフ、社会課題に取り組む6つのブロックチェーン事業に10万米ドル投資

ユニセフ(国際連合児童基金)は12月10日、ブロックチェーン技術を活用してグローバルな課題

住所のイノベーション。たった3単語で全世界の居場所を示す「what3words」の挑戦

「お花見会場で友人が見つからない」「お祭りの人混みの中で恋人とはぐれてしまった」「取引先の

人間よりも正確に、患者の死期を予測するAI。余生の生き方を選択できる時代

緩和ケアとは患者の身体的・精神的苦痛などを和らげ、QOL(生活の質)を改善することを目指す

水道管の水漏れを検出するAI技術、カナダで開発進む。水のムダ、コストを削減へ

カナダのオンタリオ州にあるウォータールー大学研究チームが、街の水道管からの水漏れを検出する

効率は自然繁殖の100倍。サンゴ礁を救うのは、オーストラリア生まれの海中を泳ぐロボット

南国の海に広がる、色とりどりのサンゴ。多くの生物が住み処をつくる、海洋生物の宝庫だ。しかし

ロンドンで「一番安全な道」を案内してくれる地図アプリ“Safe & The City” 街の新たな防犯システムに

痴漢やストーカーの被害にあったことのある人は少なくない。警察庁によると、2017年には全国

ドローン

ドローンが腎臓を運ぶ?ドナーと患者をつなぐ新しい臓器輸送手段

臓器移植は一刻を争う大手術だ。ドナーから患者(レシピエント)に臓器をわたす際、長く時間がか

漁業をもっと効率的に、サステナブルに。スタンフォード大が開発した「最も漁業に適した場」を探すソフトウェア

魚は、私たち日本人が昔から食してきた海の恵みだ。店頭には毎日、新鮮なたくさんの魚が並ぶ。し

治療中の患者をリラックスさせる、ウィーン生まれの音響映像メガネ

「明日の9時から手術です。」と言われたら、どんな気持ちになるだろう。手術前から手術後までず

家事は家電がやってくれる。 面倒なアイロンがけは「effie」にお任せ

朝起きると、時計の針が家を出る時間をさしていた。急いで準備をするが、クローゼットにはアイロ