Tag Archives: 政府・公共機関

ロンドン市長がテクノロジーの祭典「SXSW」でヘイト投稿を読み上げた理由

アメリカ・テキサス州で毎年3月に開催されるサウス・バイ・サウス・ウエスト(SXSW)。映画

夕日を背景にしたバイオ燃料工場

オーガニック廃棄物が生まれ変わる。北米初、バイオ燃料工場

化石燃料の枯渇が迫り、たとえば石油の可採年数は残り50年とも言われている。そんな中、水力や

実体験に勝る学びなし。フィンランド版キッザニアからみる新しい学校教育

社会の仕組み、仕事、働くとは何なのか。教室の中で先生から言葉で教えられただけでは理解できな

ブロックチェーンで食糧支援を効率化。WFPが進める「Building Blocks」

現在世界では8,000万人以上もの人々が飢えにより危機的な状況にあるとされている。自然災害

パリのゴミ埋立地が生まれ変わる。 NYセントラルパークの5倍の広大な森林計画

フランスの首都パリが、環境保全への取り組みの一つとしてアメリカ・ニューヨークのセントラルパ

パイロット訓練でアルコール、薬物依存に立ち向かう。豪州の若者支援プログラム

オーストラリアでは、1日平均7.5人がドラッグにより、そして15人がアルコールにより命を落

バッキンガム宮殿の前で、エリザベス女王が馬車に乗っている

エリザベス女王が英断。イギリス王室のプラスチック製品を廃止

最近、世界中に衝撃を走らせた一本のドキュメンタリー番組がある。David Attenbor

仮想通貨イーサリアムを手に持つマイナー

仮想通貨のマイニングがシリア難民を救う。ユニセフが提案する新しい寄付の形

シリア内戦から早7年が経過した。しかし、その傷は癒えず、シリア国民の約半数が今も自国から避

ドイツが公共交通機関を無償化か。大気汚染を食い止める本気の取り組み

ヨーロッパの中核ドイツで、切符を買うという概念がなくなる日が来るかもしれない。ドイツ連邦政

1ユーロで家を販売。イタリアにある小さな町の過疎化対策

もしも将来、外国の田舎町でのんびりと悠々自適に暮らすことを夢みているのなら、それは案外すぐ

世界で唯一、父親が母親より長く子供と過ごす国フィンランド

「生涯にわたる絆は、日常の何気ない瞬間に生まれているのです。」そう語るのは、フィンランドの

環境を汚さないと誓った人だけ入国可能に。パラオの世界初となる観光政策

国連世界観光機関(UNWTO)によると、世界の海外旅行者数は2016年に12億人に到達し、

3年で1,000台へ。シンガポールではじまった、過去最大規模の電気自動車シェアリング

温室効果ガスの増加により地球の平均気温は上がり続け、異常気象が頻発している。世界各国が対策

環境都市フライブルクが提案する、1ユーロデポジットのコーヒーカップ

ドイツは今、クリスマスマーケットの真最中だ。クリスマスマーケットに欠かせないのがグリューワ

仏マクロン大統領、フランスの美術館にあるアフリカの文化遺産を返還する姿勢を表明

美術館に展示されている作品はどうやって集められているのだろうか。巨額の資金で買い集めてきて

コンテナで作られた、再利用可能なスタジアム。2022年カタールW杯

サッカーの2018年ロシアワールドカップ(W杯)の組み合わせ決定に世界が湧き、日本でもくじ

インターネットにアクセスする権利を法で定めた国、フィンランド

ライフライン、と聞いたときに私たちは何を思い浮かべるだろう。電気、ガス、水道、交通、そして

8万人のシリア難民に光を。ヨルダンの難民キャンプで世界最大の太陽光発電が稼働へ

住んでいる場所にミサイルが飛び交うようになり、逃げるようにして国を離れた。国境をまたいで隣

データでつくる、サステナブルな未来都市。アルファベットがトロントで始めた再開発

ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴに次いで北米4番目の人口規模を誇り、カナダ最大の都市でも

自宅の庭で国際貢献、難民と地元コミュニティをつなぐ「友好的な家」

2017年までに、シリアを始め、南スーダン、アフガニスタン、イランなど世界各国から300万