Category Archives: コラム

ロンドン市長がテクノロジーの祭典「SXSW」でヘイト投稿を読み上げた理由

アメリカ・テキサス州で毎年3月に開催されるサウス・バイ・サウス・ウエスト(SXSW)。映画

アフリカの学校で席に座っている子どもたち

デジタル格差を乗り越えるガーナの先生に学ぶ、ネットのあるべき姿とは

パソコンもない状況で、ICT(情報技術)の授業が行われる学校がある。そのひとつが、ガーナの

コペンハーゲンのニューハン

デンマークで学んだ、今日からできるサステナブルな暮らしのアイデア3選

最小限のモノで暮らすミニマリスト。モノが少ないと部屋だけでなく思考までがスッキリするので、

世界で唯一、父親が母親より長く子供と過ごす国フィンランド

「生涯にわたる絆は、日常の何気ない瞬間に生まれているのです。」そう語るのは、フィンランドの

Prototypes

国境に壁のプロトタイプを建てたトランプ大統領は芸術家なのか?

アメリカのドナルド・トランプ大統領は、2016年の大統領選でアメリカとメキシコを隔てる壁を

貧困をなくせるか。ケニアで始まった、史上最大規模のベーシックインカム実験

ベーシックインカムは世界の貧困問題を解決する手段になるのではないかと見られている。発展途上

インターネットにアクセスする権利を法で定めた国、フィンランド

ライフライン、と聞いたときに私たちは何を思い浮かべるだろう。電気、ガス、水道、交通、そして

同じ過ちを繰り返さぬために。VRでアウシュヴィッツ強制収容所を再現

「アウシュヴィッツ」という地名を好んで口にする者はいない。だが、決して忘れてはいけない地名

「ladies and gentlemen」のアナウンス停止は、何に配慮した方針なのか

ニューヨークの地下鉄とバスで「ladies and gentlemen(紳士・淑女の皆様)

人もバーガーもいじめるな。バーガーキングの「いじめ撲滅」動画

あなたは誰かがいじめられているのを見たとき、止めに入ることができるだろうか。良識ある大人と

IBMが提唱する、IoT時代の新しい職域「ニューカラー」

従来のホワイトカラー、ブルーカラーとは全く異なる役割を担う「ニューカラー」という職域を大手

男女の違いを法に反映するイスラム教。チュニジアの事例から考える「平等」とは?

イスラム教では結婚相手の制限がある。男性イスラム教徒は女性一神教徒としか結婚ができず、女性

傘のシェアリングエコノミーは可能か?日本と中国のサービスを比較する

昨今では、様々なシェアリングサービスが活気づいている。需要があるからには供給も必要であり、

筆記は古い? iPadで受けられるかもしれないケンブリッジ大の試験

今どき手書きと言うと、「あえて」そうする面がうかがえる。熱意を見せたり温もりを伝えたり、と

ペンギンの見た戦争。フォークランド諸島の硬貨に託された「羨望の念」とは?

今年4月から10月にかけて、世界的に珍しいカラー着色のコインがとある地方政府から発行されて

政治の祭典とは?デンマークの小さな島から民主主義を考える

2011年から、毎年6月になるとデンマークのボーンホルム島ではThe People&#82