Tag Archives: ニューヨーク

起業家の卵を育てる小学校を。WeWorkが仕掛ける「教育革命」

みんながそれぞれ好きな仕事をしながら、楽しく生きられる社会を作ろう。そんなミッションを掲げ

コンクリートの表面

菌を使って、コンクリートがひび割れを自分で治す。低コストでクリーンな自己治癒

これまで世界の街の発展とともに、たくさんの建物が建設されてきた。しかし、建物は年月とともに

これからのコスメは、自分で作ろう。LOLIが提案するエシカルなBIYスキンケア

近年、部屋のインテリアや家具作り、リフォームまでを自分でやってしまうDIY(Do It Y

NY発、ブロックチェーンでホームレスにデジタルIDを提供するアプリ「Fummi」

今年初めにアメリカ東海岸を襲った記録的な大寒波は、多くの死者を伴った。被災地域の中心ともい

【まとめ】大気汚染と向き合いクリーンな地球を目指す世界のアイデア5選

今や世界的な問題となっている大気汚染は、私たちの身近でもさまざまな健康被害を起こしている。

ニューヨーク発、船長もレンタルできるボートのシェアリングサービス「Sailo」

最近では自動車や自転車のシェアリングサービスが盛んだが、車でできるのならヘリコプターや船で

コワーキングスペースのWeWork、今後5年で1,500人の難民を雇用へ

2010年の創業ながら既に世界150都市以上にサービスを展開しており、時価総額2兆円を超え

【コラム】「ladies and gentlemen」のアナウンス停止は、何に配慮した方針なのか

ニューヨークの地下鉄とバスで「ladies and gentlemen(紳士・淑女の皆様)

環境問題を子どもに伝えるための、カーボンニュートラルでできた絵本

環境問題という難しいテーマについて小さな子供と話し合うにはどうしたら良いだろうか。次世代を

ブルワリーの廃水で魚を養殖。ニューヨークで始まったサステナブルな異業種コラボ

ニューヨークのウェストフィールドにあるクラフトビールブルワリーのFive & 2

難民を支援するために作られた、クールな「着られる」テント

見た目はハイエンドブランドのようなデザインのお洒落なジャケット。実はこのジャケット、普段使

ニュース記事から直接寄付できるブラウザ拡張機能「buoy up」

テレビやインターネットなどのメディアに触れていると、毎日のように戦争や自然災害、事故などの

ワンクリックでエシカルなオンラインショッピングが楽しめるブラウザ拡張機能

モノやサービスが溢れかえる現代において、価格や機能だけではなく、もっと大切な自分の価値観に

子どもたちに大気汚染度を教えてくれるかわいいガジェット「都市のカナリア」

都市部に住んでいると、自動車の排気ガスや霞んだ景色を見て大気汚染を実感することがないだろう

大都市の緑化は年間5億ドル以上の利益を生み出す。ニューヨーク州立大学調査

都市計画において、これまで緑地は必要経費と考えられてきた。殺伐としたコンクリートジャングル

食料廃棄をなくす。消費期限に応じて価格をリアルタイムに変えるAIテクノロジー

世界では、毎年生産された食料の約3分の1が捨てられている。アメリカのスーパーマーケットでは

議事録は絵でとろう。ビジネスの常識を「描き」換えるImageThink

会議が終わったあとに「結局何が決まったんだっけ」と首をかしげたり、誰かの講演を聞き終えたあ

寄付も毎月定額でする時代。毎日25セントを好きなテーマに自動で寄付できる「Give One」

地震や洪水などの自然災害や、最近ではトランプ氏による移民政策など、社会を揺るがす大きな問題

ロンドン発、廃棄予定のパンからビールをつくる醸造所「TOAST」

人々が集まるきっかけとなり、そこに集まる人々を笑顔にする飲み物、ビール。世界にはそんなビー

NYのアーティストが考えた、温暖化を可視化するARアプリ「After Ice」

今、世界が直面している最も深刻かつメジャーな社会課題の一つが「地球温暖化」だ。誰しもが一度