Tag Archives: 多国籍企業

スターバックスとネスレが提携。サステナブルな「最高のコーヒー」提供目指す

食品世界最大手のネスレが米スターバックスのブランドの小売用・業務用製品の無期限グローバルライセンス取得に合意したことが5月7日、発表された。

女性が広大な海を目の前に手を広げている

待遇もモノからコトへ。アメリカ企業が社員の未知の体験に1,500ドル

人々の消費が「モノからコトへ」変わりつつあると言われている。物欲が希薄になった代わりに、体

なぜ「多様性」が大事なのか?LUSHの取り組みが教えてくれたこと

最近、「職場におけるダイバーシティ(多様性)を推進しよう」といった意見をよく聞く。しかし、

ビールの入ったジョッキが畑の真ん中に置いてある

ビールの旨さはそのまま。世界最大ブルワリーがエコな泡を製造へ

ビール。その気泡が弾けると同時に私たちの日頃の悩みやストレスも弾けさせてくれる飲み物。そん

海の生物が描かれたエコバッグが3つ

マレーシアのスーパーで買える、海の生物が描かれた「忘れられないエコバッグ」

4月22日はアースデイ(World Earth Day)。もともとアメリカのG・ネルソン上

森でスマホを触っている人の腕

音を聞くことで森林を守る。Googleが開発したAIと中古スマホを活用

ブラジルに広がる熱帯雨林のアマゾンが、地球にとってどれくらい重要なものかご存知だろうか?世

手足が不自由でも簡単に着られる、トミーヒルフィガーのクールな新ラインナップ

ファッションは単に外見を着飾るものではない。それは自身の表現そのものであり、たとえ障害を持

シェルのガソリンスタンドと車

石油大手シェル、自社製品の石油からのシフトでどこに向かうのか?

たとえば肉屋さんが、家畜を育てることは環境に悪いからといって、肉を売らなくなったら何屋さん

女の子がベッドの上で微笑んでいる

ベッドリネンを子供たちのパジャマに。ウェスティンホテルが紡ぐ優しい思い

健康的な生活を送るために必要な3要素である食事、睡眠、運動。心身の成長途中にある子供にとっ

海の廃棄プラスチックを集めて作られた水筒、米スターバックスで販売中

2030年までに作り出したい世界のゴールとして設定されるSDGs(持続可能な開発目標)。1

鶏の健康をウォッチし、改善できるように。マクドナルドが取り組む動物福祉

マクドナルドといえば、世界を席巻するファストフードチェーンの帝王だ。世界中で量産し莫大な富

食用昆虫で作る、未来のファストフード。イケアが挑む食糧危機問題

世界の諸問題の中でも、最もわかりやすく人々を苦しめているものの一つが食糧問題である。お腹が

シューズのリサイクルアイデア募集中。循環経済に向かって歩む、ナイキのコンペティション

日本でも大人気のスポーツブランドナイキ(Nike)。持続可能な社会に向かってあらゆる産業が

アフリカの学校で席に座っている子どもたち

デジタル格差を乗り越えるガーナの先生に学ぶ、ネットのあるべき姿とは

パソコンもない状況で、ICT(情報技術)の授業が行われる学校がある。そのひとつが、ガーナの

様々な色のレゴブロック

デンマーク発祥のLEGO、植物由来のサステナブルなブロックを開発

環境大国であるデンマーク。自転車や風力発電が有名だ。政府だけでなく、デンマーク生まれの大手

グラスの入っている紅茶とミントとレモン

ティータイムをもっとエコに。イギリス生協Co-opが生分解可能なティーバッグを開発

イギリス生協 Co-opが、100%生分解可能なティーバッグを製造することを発表した。 C

ラコステの緑色のポロシャツが積み重なっている

ワニが消えた?Lacosteがブランドロゴを外した理由

ファッションブランドのLacosteといえば、その左胸のワニのロゴがアイコンになっている。

パタゴニアが創る、地元の環境活動を探せるプラットフォーム「Patagonia Action Works」

アウトドアのファッションやアイテムのブランドとして世界的に有名なパタゴニア。実は製品だけで

アジア最大規模のエコレジャーリゾート、ベトナムに建設予定

ベトナムに、敷地面積140万平米を誇るアジアで最大規模となるエコレジャーリゾートMui D

ダンキンドーナツ、2020年までに発泡スチロールカップを完全廃止

現在さまざまなファストフードチェーンが、「ファストフード」の持つ不健康さや大量廃棄といった