Tag Archives: 廃棄物削減×アップサイクル

Ochis

目と地球を守る。コーヒーかすからできた生分解可能なサングラス

本来であれば捨てられるはずのコーヒーかすを、100%天然由来素材のサングラスにアップサイクルしたOchis。プラスチックを使用しておらず、土壌内でたった10年で生物分解されます。

アップサイクル素材でつくられた義肢

英大学、ペットボトルを義肢にアップサイクル。コスト削減で開発途上国に貢献

世界で手足を切断した経験のある人は、推定1億人。主な原因は糖尿病と交通事故の二つで、どちら

着物の美しさは再び現代に溶け込んだ。アップサイクルから生まれるファッションの可能性

サーキュラーエコノミー(循環的経済)の価値観が広がりつつある昨今、「アップサイクル」の本質

袈裟

仏教国タイのアップサイクル。廃棄プラスチックから作る僧侶の袈裟

世界的に環境汚染問題として注目されているプラスチックゴミ。いま、世界各国でプラスチックゴミ

サボテン

サボテンの皮を発酵させて作る、メキシコ発のバイオ燃料

サボテンは、あまり水をあげなくても育つ点で有名な植物だが、私たちの生活に深く関わっている印

コーヒー豆がパーム油の代替品に

パーム油は、コーヒーで代替できる。スコットランドのスタートアップが考えた驚きのアップサイクル

食用油やマーガリン、石鹼などに多く使用されているパーム油。パーム油生産のためのアブラヤシ植

アボカド

捨ててしまうモノを価値あるモノに。メキシコ発、アボカドの種からつくるプラスチック「Biofase」

昨今、様々な場所でプラスチックによる環境汚染の問題が取り上げられ、それに伴いプラスチック使

【タイ現地レポート】脱プラスチックは本当に正しい?プラスチックの可能性について考える

今、世界中でプラスチック問題が大きく取り上げられている。2050年には、魚の量よりプラスチ

食品大手ケロッグ、甘いコーンフレークからホロ苦いビールを製造。フードロス削減に挑む

一日を元気に過ごすために欠かせない朝ごはん。あなたはごはん派?それともパン派?そんなにゆっ

ブルワリー

食物繊維は小麦粉の12倍。ブルワリーから出る麦芽粕をアップサイクルした「スーパー小麦粉」

近年、環境に多大な負荷を与えないサステナブルな取り組みが注目され始め、飲料・食品メーカーは

マンチェスターU、海洋プラスチックでできた新ユニフォームを発表

人が使い捨てにした買い物袋等のプラスチックごみ。これらはやがて海洋に流れ着き、自然動物が獲

日本でも販売中。ベルリン生まれのコーヒーかすから作るコーヒーカップ

世界中で愛されているコーヒー。朝起きて飲む、一杯の熱いコーヒーは格別だ。これからの季節の昼

女の子がベッドの上で微笑んでいる

ベッドリネンを子供たちのパジャマに。ウェスティンホテルが紡ぐ優しい思い

健康的な生活を送るために必要な3要素である食事、睡眠、運動。心身の成長途中にある子供にとっ

海の廃棄プラスチックを集めて作られた水筒、米スターバックスで販売中

2030年までに作り出したい世界のゴールとして設定されるSDGs(持続可能な開発目標)。1

夕日を背景にしたバイオ燃料工場

オーガニック廃棄物が生まれ変わる。北米初、バイオ燃料工場

化石燃料の枯渇が迫り、たとえば石油の可採年数は残り50年とも言われている。そんな中、水力や

CSRと経費削減を同時に実現。世界初の循環型CSRプラットフォーム「e-Pod」の挑戦

企業が事業活動を通じて経済面だけではなく社会面や環境面に与える影響についても責任を持ち、顧