Tag Archives: 廃棄物削減×サーキュラーエコノミー

baby

成長したら次の子供に受け継ごう。サーキュラーエコノミー時代の子供服「UpChoose」

ファストファッションが抱える社会問題は山積みだ。大手ファストファッションやラグジュアリーブ

廃タイヤをアスファルト道路にリサイクル。循環経済を目指すイギリスのTarmac社

クルマ離れが叫ばれて久しいが、まだまだ車が手放せない地域も多い。日本の自家用車の保有率は1

エシカル消費からサーキュラーエコノミーへ。ギフト・ショー「LIFE × DESIGN」で見えた新時代のトレンド

2019年2月12日(火)〜2月15日(金)の4日間、東京ビッグサイトにて日本最大のパーソ

海洋プラスチックが燃料に変わる。フィンランドの海洋清掃コンテナプロジェクト

現在、世界的な問題となっている海洋プラスチックゴミ。内陸部に住んでいるとその深刻さを実感す

真ん中に木が植えてあるハウス

「逆デザイン」で作る、オランダの21世紀型サステナブルハウス

環境先進国と呼ばれるオランダに、Frank Alsemaというテレビプロデューサーがいる。

シューズのリサイクルアイデア募集中。循環経済に向かって歩む、ナイキのコンペティション

日本でも大人気のスポーツブランドナイキ(Nike)。持続可能な社会に向かってあらゆる産業が

「シミなし・廃棄なし」衣料廃棄の原因を解決するSaversとユニリーバ

新しい服を着て、街へ繰り出すとき。しゃんと背筋が伸びて、自然と口元がほころぶような、あのう

はじまりはもったいない精神から。トルコの廃棄予定の本を集めた図書館

「もったいない(Mottainai)」という日本語が世界に注目されて久しい。ノーベル平和賞

CSRと経費削減を同時に実現。世界初の循環型CSRプラットフォーム「e-Pod」の挑戦

企業が事業活動を通じて経済面だけではなく社会面や環境面に与える影響についても責任を持ち、顧

家具のサーキュラーエコノミーを実現するイギリスのスタートアップ「Pentatonic」

私たちが普段使用する家具には、木材やプラスチック、金属など様々な資源が使われている。そして

誰かのゴミが、誰かの宝に。オランダの道端で起こっている、新しいリサイクル

不要になったモノをリサイクルしようと思っても、地味に面倒で諦めてしまったことはないだろうか

ストックホルムに誕生した、世界初となるリサイクル品だけのショッピングモール

週末のうちの一日は、ショッピングモールへ出かけるという人も多いのではないだろうか。一箇所で

ライバル同士が手をつなぐ。ロンドンで始まったコーヒーカップのサーキュラーエコノミー

欧州経済の中心地、ロンドンの朝は温かい飲み物で始まる。まだ薄暗い道を強風に震えながらオフィ

小売店と消費者のおいしい関係。フィンランド発のフードレスキューアプリ「Froodly」

フードレスキューアプリ。これは新たなムーブメントと言えるかもしれない。以前にも、食糧廃棄の

今宵のカクテルを石鹸に。バカルディが提案するサーキュラーエコノミー

バーでカクテルを作ったあとに残る果物はどのように処理されているのだろうか。「飾り付け用にす

インドのスタートアップが開発した、環境に優しい「食べられるビニール袋」

今、世界で最も深刻化している環境問題の一つ、それが廃棄プラスチックによる環境汚染だ。循環型