Tag Archives: 百貨店・スーパー

ゼロハンガー

廃棄物ゼロと共に「飢餓ゼロ」を掲げる米国最大手スーパーチェーン

2015年のOECD調査によると、米国の貧困率は17,8%。17才未満の子供の貧困率は21

アルバートハイン

オランダの大手スーパー「アルバートハイン」に学ぶ、5つのサステナブルアイデア

オランダにいると最もよく目にするスーパー、アルバートハイン。オーガニックフードの販売や、プラスチック・フードロス削減などに積極的に取り組むこの企業から私たちが学べることとは?

italy-new-bill

包装しない食料品を値下げする店を支援。イタリアで新法案

イタリアで、プラスチック問題の対策として、包装なしで販売する食料品等の値下げを促すために、店側に金銭的インセンティブを与える法案が提出されました。包装なしで販売される食料品や洗剤、量り売り用のディスペンサーや再利用可能な容器で販売される飲料・シャンプー等の液体物を、各店の店主が値下げすることを想定しています。店舗に金銭的インセンティブを与える形で法整備を進めるイタリアのやり方が、プラスチック削減にどの程度の効果をもたらすか注目です。

vegan-sausage

賛否を巻き起こした、英TESCOヴィーガンソーセージCM。その3つの意義とは?

英小売TESCOが10月から放映しているヴィーガンソーセージのTVコマーシャルが、世界中で議論を巻き起こしています。反論も起こっていますが、「動きを起こすのは新しい世代であること」「家族という小さなコミュニティでも変化が起こり始めていること」「Tescoのような大企業にも段階的な変化が求められていること」の3点を示していることに、このTVコマーシャルの大きな意義があります。

食糧廃棄と貧困を解決するスーパー

食品ロスから価値ある食材へ。”払える分だけ払う”オーストラリアのスーパー

廃棄予定の食品や寄付された食品だけを売り、買う人が自分で値段を決められるスーパー「OzHarvest Market」が、オーストラリアのシドニーに登場。食品ロスと貧困の二つの問題に切り込む取り組みに期待です。

エネルギーを削減するテクノロジー

スーパーのエネルギー消費を40%カット。冷蔵ショーケースの冷気を閉じ込める新たな3D技術を英企業が開発

スーパーやコンビニにおける、電力消費が最も大きいものは冷蔵と冷凍だ。埼玉県の調査によると、

持ち歩くのが恥ずかしいレジ袋

カナダのスーパー、「持ち歩くのが恥ずかしいレジ袋」でエコバック持参を促す

自然豊かなカナダでは、2021年までに段階的にビニール袋などの使い捨てプラスチックが禁止と

タイの人とバナナの葉

ビニールの代わりにバナナ?タイのスーパーが打ち出した、地域特有のプラスチック削減方法

脱プラスチックの流れが世界的な高まりを見せる中、タイのスーパーの取り組みが話題となっている

ショッピングカート車椅子

ショッピングカートが車椅子に変身。タイの貧困層に届いたDIYアイデア

急速に高齢化が進む日本。そんな日本の後を追うように、人口約7千万人のタイでも、すでに高齢化

ジェイミー・オリヴァー監修!英テスコの余剰食品を使った料理教室

イギリスのスーパー最大手テスコが、余剰食品で美味しい料理をつくる料理教室を開始した。レシピ

スーパーの駐車場で笑顔の家族

フォルクスワーゲンとテスコが提携。スーパーの駐車場がEV充電スポットに

エネルギー効率が良い、走行による騒音が少ない、排気ガスによる大気汚染がない、などの利点から

カルフールの闇市

青果版フランス革命?大手スーパーカルフールが開く「規格外野菜のブラックマーケット」

地元の農家が集まる小さな市場に行くと、個性あふれる野菜や果物が並んでいることがある。普段ス

廃棄予定食品は半額に!30万人以上が利用するスウェーデン発アプリとは

「フードロス」という言葉を聞いたことはあるだろうか。これは、人間のために生産された食料が、

プラスチック袋削減に成功するドイツ。日本の「おもてなし」は何を目指そう?

現在、世界で利用されているプラスチックの廃棄が問題となっている。プラスチックが海に流れつく

専属栄養士があなたのスマホに。 食生活をサポートするパーソナライズアプリ「Pinto」

モノや情報が溢れる今の時代。何を基準にして商品やサービスを選べばいいかわからない、というこ

これぞ地産地消。ベルギーのスーパーが屋上で採れた野菜の販売を開始

「フードマイレージ(food mileage)」という言葉を聞いたことがあるだろうか。これ