Tag Archives: 百貨店・スーパー

カルフールの闇市

青果版フランス革命?大手スーパーカルフールが開く「規格外野菜のブラックマーケット」

地元の農家が集まる小さな市場に行くと、個性あふれる野菜や果物が並んでいることがある。普段ス

廃棄予定食品は半額に!30万人以上が利用するスウェーデン発アプリとは

「フードロス」という言葉を聞いたことはあるだろうか。これは、人間のために生産された食料が、

プラスチック袋削減に成功するドイツ。日本の「おもてなし」は何を目指そう?

現在、世界で利用されているプラスチックの廃棄が問題となっている。プラスチックが海に流れつく

専属栄養士があなたのスマホに。 食生活をサポートするパーソナライズアプリ「Pinto」

モノや情報が溢れる今の時代。何を基準にして商品やサービスを選べばいいかわからない、というこ

これぞ地産地消。ベルギーのスーパーが屋上で採れた野菜の販売を開始

「フードマイレージ(food mileage)」という言葉を聞いたことがあるだろうか。これ

ペットボトルよさようなら。英国テスコ、水の販売もアルミ缶にシフト

海洋に流れ着くプラスチックごみは、年間約800万トンと言われる。プラスチックは海洋生物への

食糧廃棄を減らし、貧困層の生活も支える。カナダの「値札のないスーパー」とは?

長期海外生活を送る筆者がたびたび実感するのが、日本はきわめて美食な国だと言うことだ。和食は

1日1ドルで授業が受けられる。キャリア形成を支援する、ウォルマートの大学奨学金制度

米国では、成人の4人に1人が学生ローンを抱えている。名門の多い私立大学では、4人中3人が平

海の生物が描かれたエコバッグが3つ

マレーシアのスーパーで買える、海の生物が描かれた「忘れられないエコバッグ」

4月22日はアースデイ(World Earth Day)。もともとアメリカのG・ネルソン上

本当にエシカルな鶏肉を選べる、フランス大手スーパーのブロックチェーン活用法

フェアトレードやエシカルファッションなど、生産者の持続可能性を意識した取り組みは多い。商品

世界初、オランダのスーパーに登場した「完全プラスチックフリー」の食品売り場

オランダの首都アムステルダムでは、その昔から数々の革新的なアイデアが生まれてきた。1602

スタートアップの製品だけが並ぶストア、ベルリンに登場

ドイツの首都でありスタートアップの聖地ベルリンで、2018年3月17日(土)にユニークなス

自閉症者に静かな時間を。刺激の少ない店内でショッピング

自閉症の人が持つ傾向のひとつに、感覚過敏というのがある。健常者であれば、店内に流れる音楽や

食料廃棄をなくす。消費期限に応じて価格をリアルタイムに変えるAIテクノロジー

世界では、毎年生産された食料の約3分の1が捨てられている。アメリカのスーパーマーケットでは

従業員が帰り道にデリバリー。ウォルマートが考えたAmazonへの対抗策

テクノロジーの進化により物流や配送の世界も効率化が進んでいるが、小売チェーン世界最大手のウ

ストックホルムに誕生した、世界初となるリサイクル品だけのショッピングモール

週末のうちの一日は、ショッピングモールへ出かけるという人も多いのではないだろうか。一箇所で